股関節トレーニング
現代人は、股関節が堅い、弱いと言われています。
それは、生活習慣から来ているのです。
私が試合に出ている時期、世界の青木こと、青木功さんが
台湾の選手は下半身(足首、膝、股関節)が日本選手より
やっこいんだよ(柔らかいという意味)。ナンデカ、オメー シッテッカ?
』(知っているかという意味)
と、問われました。よく聞くと台湾の選手は和式トイレの習慣が当時も多かったそうです。青木さん曰く
毎日1回以上数分間のトレーニングをしてんだよ。わかっか?』(わかるかの意味)
なるほど・・・・・・。妙に納得したことがありました。私の子供の頃は和式でした。
お陰で股関節は非常に柔らかいです。
そういえば昔のヤンキーはしゃがんでタバコをスパスパって感じでしたが、
今のヤンキーは座り込んでいるのが多いようですね。
コースのゴルフにおいてはいつも平らな条件では打てません。是非これから紹介する
股関節トレーニングを実践して下さい。必ず2週間で驚くほどの結果がではじめます。(個人差は多少有り)
それと成長ホルモンの分泌によりダイエット効果も望めるそうです。(限界に近い頑張りが必要・・・)
ポイント

1.膝がつま先より前に出ない
2.首の付け根、肩、肘、膝が一直線になる
3.膝から股関節に対しては地面と平行

  以上をクリアーできれば背筋は自然と伸びる

◎ゴルフのアドレスで”背筋を伸ばして”とよく 
聞きますが先に背筋を伸ばそうとすると肩の
位置が合わずギコチナイ構えになってしまいます

足の開き具合は正面の写真を参照して下さい



時間の目安(目標)

最初に自分なりに一生懸命やってみる
その時の耐えることの出来た時間が30秒以内の人
は、2週間で2分が目標です
ちなみに4・50代の女性の一般的主婦で達成者有り


30秒以上1分以内の方は3分目標


1分以上出来た方は5分目標


1