Counter

 

 

 

 

HIRAKATA

HOME

スケジュール

活動報告

クラブ紹介

 

 

 メール

 リンク

SUN CLUB

 

京都レジョーネカップ・6年生大会結果

 

6月16日

 

 小学生大会でのSSクリエイト戦から約5か月間が経過して、

体力的にも戦術的にも力が発揮できる試合がたまたま

出来なかったと言う事から、全日2次リーグに突入する前に

厳しい試合を体験させる意味でも、今日は非常に良い経験が

出来たなと思っています。決勝トーナメント1回戦までは今まで

の緩い試合展開と同じ練習感覚で勝ちを収めてきたのですが、

準決勝戦での山田荘FC戦から一挙に早い展開の攻撃に

面食らう場面が出てくることを予想していたのですが、

予想以上に苦しい展開になりました。素晴らしいチームでした、

次対戦すれば結果がどのようになるか判らない程に展開力の

ある良いチームでしたので、対戦で来て本当に良かったなと

思っています。今まで殆ど攻撃を受けることがなかった中でも、

GK誠之助のコーチングに冴えがあったかなと思います。

特に大きなミスがないのも初めてのような気がしました。

 

予選リーグ

 

サンクラ  10−0  京田辺

ヒロ◆.灰Ε洵◆[祇賢 .淵潺鉢◆^妥牒 ゝ伐

 

 

 プレッシャーもなく、余裕のある展開からのパス回しが

出来て準備不足が解消された試合になりました。

不満なところと言えば竜生の右サイドのポジションが

しっくりこないのが・・・?

 

 

京都葵  1−5  サンクラブ

小場 .劵蹲 |嗅遶 .灰Ε洵 ^妥牒

 

 

予選リーグ1位通過

 

決勝トーナメント1回戦

高の原  0−7  サンクラブ 

池野◆.劵蹲 ‐場 .淵潺鉢 .灰Ε洵 .轡鶚

 

 チョット出来すぎとも思える展開でしたが、プレッシャーが

なければこのような良い試合展開が出来るんだと、

特に小場の的確な判断が非常に冴えていたので相手BKが

たじたじになっていたようでした。

 

 

準決勝戦

山田壮  0−2  サンクラブ

ヒロ |嗅遶

 

 

決勝戦

塚原サンクラブ  3−0  サンクラブ

 

  両チームとも5試合目なので体力的にかなり辛い筈なの

ですが、1対1では圧倒的にフィジカル面での弱さが暴露された

展開にも関わらず、GK誠之助のファイティングスピリットには

驚きました。ペナルティーエリアを超えての相手FWとの故障

覚悟の接触プレーに内に秘めた強さを感じ取りましたが、

このプレーに奮発できるチームメイトに力が残っていなかった

のが事実です。崩されての失点はなかったものの負けたくない

気持ちが一回り強かった塚原サンクラブに軍配が上がりました。

この決勝戦が良い経験になるのかどうかは

君達の今後に期待しましょう。

 

 

保護者の皆様のアフターホローに感謝しています。最後は

完敗でしたが体力的にぎりぎり状態での選手たちの心情は、

普段の生活習慣が非常に重要となってくるものです。

大好きなサッカーを続けられるためには心のリセットも必要に

なってくるので、そのタイミングを大切にして頂きたいと

思います。

今日はありがとうございました。

 

監督 横谷義信