Counter

 

 

 

 

HIRAKATA

HOME

スケジュール

活動報告

クラブ紹介

 

 

 メール

 リンク

SUN CLUB

 

全日北河内1次リーグ最終節

 

 6月10日「日曜日」

 

 今年の1次リーグは天候に邪魔されず、昨日も中止の

色が濃い状況でしたが、野崎観音様のお力を頂いた

ような気がしています。

 

初戦では大差の勝利だった両2チームとの最終戦に望む

心構えには、気持ち的にもモチベーションが上手く保たれ

ない状況での試合になると思っていました。

しかし相手チームは二度と同じことの繰り返しをしない

ように、十分なミーティングをしてきているに違いないの

だから、気持ちの入り方が初戦とは違ってきていました。

試合開始直後のバック陣の緩急のないパスに猛然と

立ち向かってきた脇田フォワード陣の突っ込みに慌てて

しまって失点してもおかしくない時間帯が続いている

のに、バックだけで乗り切ろうとやっきになっているので、

ミスの連発でした。

誠之助が必死になって防いでくれたので、何とか

しのいだのですが〜1点を奪うまでに非常に時間が

かかり、フォワード陣は自分で打開しようとドリブルを

選択するので、殆どが止められていました。

大樹を速い時間帯に交代してなみとがそのポジションに

入ったのですが、なぜか追いつめられてのキーパーへの

バックパスがどれだけあったか?・・・・・

声掛けが少なかったですね・・・・・・。

このままじゃ2次リーグに進出しても良い結果は生まれ

ないだろうと思いました。1次リーグでの初めての失点も

前半に生まれたのですが、MFの戻りが遅くてバック陣も

ボールばかり見てのボールウオッチャーになって

いました。自分にプレッシャーがかかっているので、

慌ててしまう箇所が多すぎて・・・・それをなくすには

声掛けしかないことが判るのは、高校生になってからの

ような気がするので、此処までかなと考えています。

技術がない分はお互いの声掛けが助けになって、

それがチーム力になるんですよ!

同レベルのチームと戦ってもそれなりの勝ちを拾う事も

あるので小学生の内はこんなものでよいのでしょう・・・・・

しかしもっとチームとして上を目指すのなら仲間同士で

サッカーの話し合いを持つべきだと思います。

 

 今日は岩崎君とエオンが参戦してくれましたが、

他のメンバーより一段と必死にサッカーを楽しんでいた

ように思います。

自分のミスを修正するのがとても速くて、二人とも全日

初得点をもぎ取っています。パスの出しどころに

カバーリング等などとても新鮮でした。

エオンと岩崎の声は良く聞こえていました。

今日のMVPはこの二人です。

 

 

サンクラブ   4−1  脇田

 

エオン .魯襯鉢 .劵蹲 .淵潺鉢

 

 

サンクラブ   3−0  ミュートス

 

    安田。丕法.劵蹲

 

監督 横谷義信