貴方は今、ふるさとに住んでいますか?
そのふるさとは昔の姿を留めているでしょうか?
私のふるさとは今では何の変哲もない詰まらない姿をしています。
でも本当のふるさとの姿はこんなものではないと思い立ち、
ふるさとの真の姿を探求してホームページを造ってみました。
 調べてみて気づいたことは、自分のふるさとはすばらしい歴史を持った町だったと言うことです。

 アイヌ語の由来を持つであろう地名、1千年の昔の八幡太郎義家の伝説。
 鹿島神宮の灯明料を担っていた地域であること。
 ほんの100年前までは関東有数の潮湯治の場所として二十数件の海水浴旅館が立ち並んでいたこと。
 明治43年3月12日に、平磯沖で発生した大海難事故で
 犠牲者供養のため、十九代横綱「常陸山谷右衛門」が遺族の為に相撲の興行を行なって浄財を集めたこと。
 明治維新の魁となった天狗党<元治元年の乱>で藤田小四郎らが立て篭もり、幕府軍およそ1万人の軍勢との争いの中で平磯の町中が灰燼に喫した事。
 血盟団事件で三井財閥の団琢磨、元大蔵大臣の井上準之助を殺害した小沼正の出身地でもある。
 そのためか茨城県、延いては平磯、大洗は「右翼の聖地」と称され日本船舶振興会から多額の援助を受けた施設もある。

 水戸出身の芸術家、中村彝(なかむらつね)が養生の為に水戸の煙草業者の広瀬惣八の別荘に滞在した折に描いた「平磯海岸」は中村彝の名作のひとつである。
 平磯随一の名勝地「高磯」、水戸出身の作家「菊池幽芳」は明治36年に平磯海岸を描写した名作『乳姉妹』を発表し高磯海岸も登場する。大映ドラマ「乳姉妹」の元となった小説である

 隣接する殿山(東塚原)には攘夷強硬派の水戸藩主徳川斉昭公(烈公)の命により
 和田と並んで旭が丘の砲台(台場)が建設された黒船(外国船)を牽制していた。

 江戸時代、湊村(那珂湊・中湊・常陸湊・水戸湊)に立ち寄る廻船により、商人は大いに潤い水戸藩の財政を支え蝦夷地探検の折には帆船を造り那珂湊港より出向させたのだ。其の当時の湊村の繁栄は水戸城下を軽く凌いでいたと言う。そして水戸城下の胃袋を支えていたのが、藩内水揚げ一位の平磯村であった。

 海岸線の優美さは水戸藩内随一とされ、観涛所が水戸藩主徳川斉昭公(烈公)により制定され「水戸八景」の番外の九景目となった。そのすぐ沖合いには親鸞聖人が祈祷をしたと言う伝説の残る護摩壇岩が有る。しかし神道と仏教の融合を嫌った徳川光圀(水戸黄門)の命により清浄石と改名させられた。護摩壇岩の呼び名は他にも「阿字石」、「はこ磯」などと呼ばれたこともあった。

 また那珂地方の村々が集って行なった草競馬祭り「ヤンサマチ」では酒列磯前神社の鎮座する平磯は、祭りの主要な位置を勤めた。

 現在は「茨城県ひたちなか市平磯町」と称されるが旧那珂湊市と昭和29年に合併するまでは1つの独立行政区であり、磯崎地区と合わせて平磯町であった。町役場は現在の「平磯学習センター」のところに在り、江戸時代には「札場」があった。ここは「高札」が立てられた場所であり、水戸藩内でも数箇所の限られた場所でしか高札は立てられなかった。湊町と合併して「那珂湊市」となった後には「青年の家」が建てられ、公民館的な利用のされ方をした。

 近年になってはテレビ撮影などのロケ地となり、今はやりの「フィルム・コミッション」さきがけとなった。
 主な作品は森田健作主演「おれは男だ」や、中村雅俊の出世作「俺たちの旅」などがある。
 成功した作品ばかりではなく途中放映打ち切りとなった「俺たちのオーレ」も平磯や磯崎での撮影だった。
 不思議なことに3作品共に「俺」がキーワードになっているのは単なる偶然なのだろうか・・・・・

 まだまだ色んな平磯に関する「薀蓄(うんちく)」を語ってゆくので愉しみにしていてほしい。
 

※Flashを多用しているためFlashPlayerに拠っては一部提示されない場合があります。最新型のFlashPlayerをダウンロードしてください。
※JavaScriptを使用しないように設定してあるPCでも一部提示されない箇所があります。設定を解除してからご来場ください。



平磯町の神社
平磯町の神社
名所、旧跡は見当たらず漁業も衰退してしまった平磯だけれど、幾人もの方が静養の地として平磯を選び、
幾つかの文学や絵画ににもその名を留めた平磯の華やかりし頃を語っておきましょう。
■明治時代の平磯町観光案内/其の2
神磯「清浄石」は阿字ヶ浦にあり、阿字ヶ浦は平磯にあり。

三塚下を北に進むと数百mで岬に当たります。この付近を古来、「前浦」若しくは「阿字ヶ浦」と称しました。
其の名の由来は沖合いに人工物のように方形をした岩礁にあります。

「箱磯」、「護摩壇石」、「阿字石」、「清浄石」などと多様に呼称されて来たその磯は
姿形が二間余り(3.6メートル余り)の方形を成す磯石なので「箱磯」。
その方形が五輪塔のあ字石(基壇部分)に似ることから「阿字石」。
上部平面の中央部分には円座の様な形を配しており、修験者が祈祷を行なう護摩壇にも似ているので「護摩壇石」とも呼ばれてきました。

この磯には伝説があり「弘法大師が吾妻遍歴の際この地にお立ち寄りになり、阿字石と名付けられ護摩祈祷を行なった」と伝えられています。

そしてこの地域を阿字石の前の海という所から「前浦」、「阿字ヶ浦」と呼ばれるようになったのですが、
平成の世に阿字ヶ浦と呼ばれている地域は、湊鉄道が前浜村まで開通した際に駅名に採用されて、
やがてその土地の名になったもので、古来からの呼び名ではありません。

土着信仰や前領主の佐竹色を嫌った水戸光圀の命により
元禄九年に清浄石と名を改められて正式名称と成りましたが、
地元民は平成の世でも護摩壇(石)と呼び親しんでおります。  

<清浄石とは・・・日本庭園の主要な添景物の手水鉢の周辺に配置される石の一つで濡縁の下に置かれる水返しの蟄石(かがみいし)と従者が水を汲んで差し出すための水汲石、袖垣側に配置される清浄石(覗石)、清掃に使われる水揚石の四石で構成されます。>
 伝説では弘法大師の名が伝わっておりますが、本当は親鸞聖人ではないかと私は推理しております。

 聖人はこの地に縁があり、
 笠間稲田において浄土真宗の布教をされたのは皆様ご承知の通りで、
 湊町館山には真宗の名刹、淨光寺がございます。


 弘法大師、親鸞聖人ともにご本人ではなくとも、何方か修験者がこの様にして実際に護摩祈祷をされていたと思われるのですが、ご判断は各々にお任せいたします。

当時の護摩祈祷の様子のイメージ
平磯の町が華やかだった明治時代の海水浴客になった気分で平磯の名所を巡る散歩に出かけてみましょう。
神磯とは・・・
 
神磯とは護摩壇石とその周辺を指すのですが、酒列磯前神社、東海村豊受皇大神宮、村松大神宮、虚空蔵堂、常陸二ノ宮静神社の何れの神仏も護摩壇磯に漂着したと言う記録、伝承を残して居ります。
<参考・常陸一ノ宮は鹿島神宮、三ノ宮は水戸吉田神社>

 那珂地方一円の村落が一堂に会して行なった「ヤンサマチ」と言う儀式では各部落よりご神体をお祀りした
 神輿を磯下りし、護摩壇石の上に安置し祈願したと伝えられています。
<この神事を「お静さんぶっこみ」などとも称した>

 言わばこの那珂地域の中心だったとも言える神聖なる磯石なのです。
 ちなみに、各部落より平磯に磯下りする道を神道<カミミチ>と呼び、湊街道・お静街道とも呼ばれ現在に至ります。

 近年、神磯たる護摩壇石の上にて釣りをする釣行客を目にするに当たり、
 一昔前なら、不遜者として厳しく罰せられたと知る者も居ないのだと思い知らされます。
 其の他の奇岩、岩礁

 古の書物には数々の名勝の記載が見受けられるのですが、昭和期に入る頃には護摩壇石付近の「タメコ」や三塚下の磯石を、磯崎漁港建設や水戸飛行場の建設のために切り出し、其の上昭和九年ころに開通する旧海岸道路の建設の為に遺された奇岩の多くは埋没や消滅し、今日に其の姿を伝えるもの僅かです。

次ページ ■平磯への交通手段の変遷

   
         前頁へ   次頁へ
ヤンサマチに参加した村落と神社
<ヤンサマチには各々の神社から護摩壇石まで神輿を繰り出したという。>
参加村名
出社神社名
静村(旧) 静神社
村松村 大神宮
白方村 豊受大神宮
部田野村 釜神社、弁財天
柳沢村 稲荷神社
三反田村 新宮素鵞神社
湊村 四社神社
馬渡村 酒列神社
須和間村 住吉神社
下高場村 鉾香取神社
上高場村 静神社
中根村 鹿島神社
中根村(西) 吉田神社(旧八幡宮)
勝倉村 勝倉神社
津田村 鹿島神社
石神村 住吉神社
額田村 鹿島、八幡神社
酒出村 駒形神社
稲田村 今鹿島神社
佐和村 大神宮
後台村 鹿島、三島神社
中台村 息栖神社
堤村 静神社
中河内村 鹿島神社
西連寺村 伊勢神明社
国井村 鹿島(旧八幡)神社
福田村 春日神社
米崎村 三島神社
杉村 鹿島神社
菅谷村(安政四年より出社) 鹿島神社、八龍神
外石川村、大島村、外野村 吉田神社
戸村 黒神神社
田谷村 春日神社
青柳村 鹿島・香取神社
鴻巣村 鷲神社
木倉村、平磯村、前浜村、照沼村、
長砂村、高野村、横道村
諏訪神社
吉沼村 吉田神社
東大野村 稲荷神社
上記のヤンサマチ参加村は、四十六ヵ村であるが、通説では四十八ヵ村と有りますのでニ村が不明になります。そこで横道を長砂村に入れ、大塚、青塚、浜田の三村を加えると四十八ヵ村になるという説もあり、廃村や其のときの村の事情で参加・不参加があったのかも知れません。
       〔勝田市史(民俗編):勝田市史編さん委員会発行 昭和50年3月より掲載〕


酒列磯前神社の七宝と謳われた「胎内石」と思われる風景。

一対で門を成すような絵画が遺されていますが、中央の尖塔のような磯石が正にそれに該当すると思われます。

 写真では其の周辺に石を並べて潮溜まりを形成し風呂としています。
 周囲の人影は潮湯治客でしょう。
 
 
阿字ヶ浦天然万人風呂と磯石に書き込まれています。

神磯たる護摩壇石の側で潮湯治を行い、ご利益にあやかろうと言う施設だと思われます。

この万人風呂の造られている場所は
「タメコ」と呼ばれる所と推測される。
 タメコは前記の飛行場や磯崎漁港の建設の為に、砕石の切り出しに使われた場所で、後に水産試験所栽培漁業センターとなる。
 


 かぐら岩<神楽岩>

磯節にも唄われている岩礁
 ヤンサマチの際には神楽がこの上で舞い踊られていたのかもしれない。




 磯節より

 「平磯名所は 磯崎岬 君が建てたる 観濤所 
  (下にネ)護摩壇イソ 神楽岩」
 
<古の文書に記載のある平磯の奇岩・岩礁名>

金剛石・胎内石・隠れみたらし・長寿石・丁子石・獅子石=神楽石・海老石・清浄石(護摩壇石・阿字石)屏風石・舟神石・尻掛石・鳥ノ越・鯨磯・仲間磯・三ツ磯・烏帽子磯・高磯・千畳磯・大棚・照田磯・長松磯・高盾磯・たい磯・しじみ磯・獅子の舞・火打磯・火縄磯・今の磯・マングワ磯・海くら・沖くら・鬼隠石・集瀬・客人石・白鷺石・鵜ノ磯・畜生浦=畜生石=逆面岩・赤坂浦・銅磯・貝磯・鏡磯・大縄磯・との磯・尋瀬・三磯・一番磯・二番磯・神門石・阿字浦=鯵浦・城あと・大塚浜・二亦浜・

<磯や岩礁の名称だけでその位置などはわかりません。昭和40年頃に磯の位置を示した地図が発表されたようですが現物はまだ見つかっていません、発見したならこりHPでお知らせします>
 ヤンサマチと言うと村松と前浜村<現阿字ヶ浦>間で行われていた草競馬のイメージが強いかも知れませんが、
 本来の姿は平磯の護摩壇石に各村々の氏神様を磯下り<浜下り>させる事に有り、毎年4月9日には盛大な祭りが行われて居りました。
 この儀式を司ったのは酒列磯前神社で、那珂郡四八ヶ村の諸神の総母神といわれていました。

 太平洋戦争以前は神社に社格と言う階級が決められていて酒列磯前神社は大洗磯前神社と並び、茨城県内では二社だけが国幣中社に格付けされていました。
 国幣中社は全国でも四七社しかなく、祈年祭・新嘗祭には皇室からお使いが遣わされ例大祭は国庫から幣帛が供進されていました。
 茨城県内で酒列磯前神社より社格が上位の神社は、最高位の
官幣大社と格付けされた鹿島神宮や、
 別格官幣社の常盤神社の二社だけでした。

 
<社格の順位>
 社格は政府により選定され官幣大社・中社・小社にわけられ、制定時には97社であった。 一方、地方官所属の神社は国幣大社・中社・小社にわけられ、官・国幣社以外の神社は諸社と呼ばれた。
 発足当初は官社97社が列格。(官幣大社29社・官幣中社6社・国幣中社45社・国幣小社17社)。官幣小社、国幣大社は後に追加された。
 尚、皇室の祖先を祀った伊勢神宮は列格するのは失礼とされ格付けはされていない。
 神社に一の宮、二の宮と言う呼称の付くのは平安時代から中世にかけて行われた一種の社格制度であるが、諸国において由緒の深い神社、信仰の篤い神社が勢力を有するに至って、自然発生的に神社間に順位が生じたもので国司などが選定したものではない。

 
通常ヤンサマチと呼ばれる神事は、6頭の馬が東海村の村松から磯崎までの2里8丁(約10km位?)の波打ち際を駆け抜ける競馬の祭典の事で、その年の豊凶作や豊不漁を占いました。
 この祭は鎌倉時代に始まり一時衰退しましたが、元禄9年に徳川光圀が再興し、棒術をまじえた兵農訓練を兼ねた祭りとして奨励しました。


 
昭和4年の開催を最後にヤンサマチは行われなくなっていましたが酒列磯前神社で磯下り神事のみが2007年1月5日に行なわれました
 
烈公(水戸斉昭)縁の観涛所
護摩壇石<清浄石>とは必ず対で語られて来た名所で、護摩壇石を含む阿字ヶ浦の波濤の素晴らしさを称える。
覆堂の築かれる以前の観涛所の付近を描いた書画で
よく見てみれば護摩壇石も書き加えられています。
 護摩壇石を眼下に眺むる丘の中腹に観涛所の石碑は建っています。
 
 烈公自筆のの隷書を磯崎石に刻んだものですが、
 石碑の劣化が著しく昭和十年に平磯町により覆堂が造られましたが石碑の劣化は尚も進行し、表面の欠落で刻まれた文字をも失う時が来るかもしれません。

観涛所は水戸八景の番外の九番目の景勝地とされました。
 水戸藩は徒歩による水戸八景巡りを藩士に科し、
 心身の鍛錬を推し薦めたのです。

 甚だ余談ではありますが、平磯町の字地であった磯崎が
 平磯より分離した際にはこの地が境となり、護摩壇石を平磯町が得、磯崎町には観涛所が編入されたのです。
土地だけではなく、海水域の境界も護摩壇石を境としました。

 観涛所の石碑を拝見するために丘の中腹まで上りましたので、
 このまま丘の上を進み酒列磯前神社へ参拝することにいたします。
 護摩壇石の脇には磯合のマガキといい小さな湾の形をした磯合地区の船曳場ありますが、
其の先は波が崖を洗うように押し寄せて進む道がございません

<千人渚を廻って磯崎漁港の脇を通る海岸通りは昭和九年頃に成らないと開通しないのです>






また日が暮れますと酒列磯前神社の所有権争いで敗れた隣の村の者が色々とちょっかい出して来て物騒です。
早めに参拝を済ませ宿に戻ることに致しましょう。






これにて平磯町観光案内一巻の終わりでございます。
↑昭和初期の酒列磯前神社<平成時代の時よりも石灯篭が多く立ち並び、菊のご紋が誇らしげに感じる>
平成時代の酒列磯前神社<現在の社殿は昭和九年に国費で再建されたものである>
本来の阿字ヶ浦と呼ばれてきた海岸