貴方は今、ふるさとに住んでいますか?
そのふるさとは昔の姿を留めているでしょうか?
私のふるさとは今では何の変哲もない詰まらない姿をしています。
でも本当のふるさとの姿はこんなものではないと思い立ち、
ふるさとの真の姿を探求してホームページを造ってみました。
 調べてみて気づいたことは、自分のふるさとはすばらしい歴史を持った町だったと言うことです。

 アイヌ語の由来を持つであろう地名、1千年の昔の八幡太郎義家の伝説。
 鹿島神宮の灯明料を担っていた地域であること。
 ほんの100年前までは関東有数の潮湯治の場所として二十数件の海水浴旅館が立ち並んでいたこと。
 明治43年3月12日に、平磯沖で発生した大海難事故で
 犠牲者供養のため、十九代横綱「常陸山谷右衛門」が遺族の為に相撲の興行を行なって浄財を集めたこと。
 明治維新の魁となった天狗党<元治元年の乱>で藤田小四郎らが立て篭もり、幕府軍およそ1万人の軍勢との争いの中で平磯の町中が灰燼に喫した事。
 血盟団事件で三井財閥の団琢磨、元大蔵大臣の井上準之助を殺害した小沼正の出身地でもある。
 そのためか茨城県、延いては平磯、大洗は「右翼の聖地」と称され日本船舶振興会から多額の援助を受けた施設もある。

 水戸出身の芸術家、中村彝(なかむらつね)が養生の為に水戸の煙草業者の広瀬惣八の別荘に滞在した折に描いた「平磯海岸」は中村彝の名作のひとつである。
 平磯随一の名勝地「高磯」、水戸出身の作家「菊池幽芳」は明治36年に平磯海岸を描写した名作『乳姉妹』を発表し高磯海岸も登場する。大映ドラマ「乳姉妹」の元となった小説である

 隣接する殿山(東塚原)には攘夷強硬派の水戸藩主徳川斉昭公(烈公)の命により
 和田と並んで旭が丘の砲台(台場)が建設された黒船(外国船)を牽制していた。

 江戸時代、湊村(那珂湊・中湊・常陸湊・水戸湊)に立ち寄る廻船により、商人は大いに潤い水戸藩の財政を支え蝦夷地探検の折には帆船を造り那珂湊港より出向させたのだ。其の当時の湊村の繁栄は水戸城下を軽く凌いでいたと言う。そして水戸城下の胃袋を支えていたのが、藩内水揚げ一位の平磯村であった。

 海岸線の優美さは水戸藩内随一とされ、観涛所が水戸藩主徳川斉昭公(烈公)により制定され「水戸八景」の番外の九景目となった。そのすぐ沖合いには親鸞聖人が祈祷をしたと言う伝説の残る護摩壇岩が有る。しかし神道と仏教の融合を嫌った徳川光圀(水戸黄門)の命により清浄石と改名させられた。護摩壇岩の呼び名は他にも「阿字石」、「はこ磯」などと呼ばれたこともあった。

 また那珂地方の村々が集って行なった草競馬祭り「ヤンサマチ」では酒列磯前神社の鎮座する平磯は、祭りの主要な位置を勤めた。

 現在は「茨城県ひたちなか市平磯町」と称されるが旧那珂湊市と昭和29年に合併するまでは1つの独立行政区であり、磯崎地区と合わせて平磯町であった。町役場は現在の「平磯学習センター」のところに在り、江戸時代には「札場」があった。ここは「高札」が立てられた場所であり、水戸藩内でも数箇所の限られた場所でしか高札は立てられなかった。湊町と合併して「那珂湊市」となった後には「青年の家」が建てられ、公民館的な利用のされ方をした。

 近年になってはテレビ撮影などのロケ地となり、今はやりの「フィルム・コミッション」さきがけとなった。
 主な作品は森田健作主演「おれは男だ」や、中村雅俊の出世作「俺たちの旅」などがある。
 成功した作品ばかりではなく途中放映打ち切りとなった「俺たちのオーレ」も平磯や磯崎での撮影だった。
 不思議なことに3作品共に「俺」がキーワードになっているのは単なる偶然なのだろうか・・・・・

 まだまだ色んな平磯に関する「薀蓄(うんちく)」を語ってゆくので愉しみにしていてほしい。
 

※Flashを多用しているためFlashPlayerに拠っては一部提示されない場合があります。最新型のFlashPlayerをダウンロードしてください。
※JavaScriptを使用しないように設定してあるPCでも一部提示されない箇所があります。設定を解除してからご来場ください。



平磯町の神社
平磯町の神社
名所、旧跡は見当たらず漁業も衰退してしまった平磯だけれど、幾人もの方が静養の地として平磯を選び、
幾つかの文学や絵画ににもその名を留めた平磯の華やかりし頃を語っておきましょう。
 平磯は約300年前からタラソテラピー(海洋療法)で関東一円に其の名を知られた湯治場でした。

 海水は人間の体液に成分が似ていて、海水の成分を取り入れることは、健康に対してはもちろん、
 美容にもいいと言われています。
現代はタラソテラピーの美容面だけが引き継がれていますが、
 海辺で打ち寄せる波やしぶきを浴びるだけでも自律神経を調整する作用があり
 「マイナスイオン」が豊富な潮の香りにはヨード類などが含まれていて、甲状腺を刺激し、
 皮膚に張りや潤いを与え、血行を促進します。これらの効果を利用する事も全てタラソテラピーなのです。

 海水は通常の温泉よりも効能があることが近年解明されjましたが、
 いにしえの人々は直感的にこの効能に気づき利用してきました。
 海水浴と言う言葉は近代から使われたものではなく古くは古事記にも記載があり、
 神話の昔、イザナギノミコトが黄泉の国から帰ったとき、その汚れを祓うため、
 筑紫の檍原(あはきはら)の海の水で体を清めたという伝説にみられる
 「みそぎ」の事であるといわれています。


 平磯の海水浴の起源の詳細な記録は2度の大火などもあり現在は残されていませんが、
口伝を書き留めた明治35年発行「平磯海水浴場誌/著 森司馬彦」に拠れば、
当地の海水浴は煙草耕作業者によって始められました。
 江戸時代、元禄の頃に那珂や久慈の山中から那須、馬頭、烏山で煙草栽培が盛んになりました。
 また、天保2年には川尻に沖縄人が漂着し、その折喫煙していた煙草の香りと味わいの良さに驚いた水戸藩は鹿児島より其の煙草の種を取り寄せ水府煙草発展の切欠となりました。

 やがて煙草栽培が盛んになると、土地の住民は夏秋の間、煙草の生い茂る畦畑の間を青葉を掻き分けて害虫を除いたり、雑草を払うなどの力役に従事する為に煙脂(ヤニ)が身体に付着浸透して、青疸病(あおたんびょう)を発症するようになりました。
 その脂毒を防ぐには海水浴を以って洗い落とすのが良法とされ、
 盛夏の頃になると米麦味噌などや食料を背負い、平磯や河原子などに出向き、当地の漁民の居宅を借り受け入浴する事を恒例としていました。
 温泉湯治場と同じ光景が当時の平磯でも行なわれていたのです。
 那須のような天然温泉の湧く所からも平磯へ海水浴に出向いてきたと言う事から、海水浴は温泉よりも効能があることを当時の人々は知っていた事に成ります。


 ただし、海水浴の方法は現代とは全く違うものでした。
 
■古(いにしえ)の海水浴/潮湯治・潮風呂
 基本的に昔の人は一部の武士や漁民を除き泳ぐ事は出来ませんでした。一般人が水泳をするようになったのは明治に入ってから軍人が鍛錬の為にはじめた事が切欠で広まったとされています。

 また西洋医学を学んだ医者の中から海水浴の効能を政府に説くものも現れ、交通手段の発達に伴い近代海水浴が一般に広がってゆくのです。
 
左は昭和十一年頃の那珂湊の姥の懐の写真ですが、この頃でも昔ながらの海水浴の姿が伺えます。

 女性が潮溜まりで温泉に浸かる様にしていますが、これが正しい海水浴(潮湯治)の姿なのです。

 盛夏の直射日光に暖められた潮溜まりは予想以上に水温が高く本当の温泉の様でした。

 また日差しの指さないときや夏場以外のときには、海水を風呂に汲み上げ沸かして入浴をしました。これが潮風呂と云われる物です。
 
<管理人の一言>

 何故、脂毒を落とす潮湯治場に平磯が選ばれたのでしょうか?
 海岸だったなら何処でも良かったのではないかと疑問がわきます。

 古書等には書かれていないので、管理人の独断で推理しますと、
 結論は水運が関係していると思われます。
 江戸時代には那珂川や久慈川を数多くの舟が行き来し、関東の内陸部から海岸部へ出向くには格好の立地だったのだと思われます。
 ではどうして那珂川河口の那珂湊ではなく平磯で潮湯治が盛んになったのでしょうか?
 江戸時代の那珂湊は水戸藩きっての貿易港として隆盛を誇っていましたが、其の反面水戸藩からの取り締まりも厳しく、那珂湊沖に祝町より延びていた沖ノ洲(砂州)での網入れも禁じられていたと言います。
 当然、その沖ノ洲に他国の農民が潮湯治に海に入るのも難しかったのだろうと推測できます。
 其の為に那珂湊に隣接した平磯に潮湯治場が開けていったのでしょう。
 
 当時の潮湯治は行楽も兼ねていたと考えられますので、潮湯治は寒村の平磯で行い、
 水戸藩内では水戸城下より繁栄していたと言う那珂湊で飲食や買い物をして、
 祝町の遊郭でハメをはずすと言った光景が見られた事でしょう。
 

次ページ ■近代海水浴のはじまり

   
   TOP頁へ    次頁へ