クラブ・ゴクウ 平成30年5月19〜20日  セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝!

参 加 者

□ 驚異の復活をとげたカリスマ会長。    あんた、人間じゃーねえよ・・・・・。

□ か弱きもののために、お導きの光を照らし続けたのに、最後に裏切られた仏様こと元総理。

□ この日のために和田峠を数回走るも全く効果のなかったスットコ。仏様のお慈悲で走りました。
  
以上3名



病み上がりの会長にカツを入れるため、王滝のイベントに参加することにした3人組。

19日昼過ぎ、それぞれの思いで現地集合。いよいよ決選の火蓋が切られるときが来た。



なかでも、病み上がりのくせにやる気満々の会長は、退路を断って「お立ち台宣言」!!!



自転車にはルート図を貼り付け、気合の書き込みで燃えていたが・・・・・・

突然のコース変更でぜんぜん予定がくるって途方にくれる会長であった。



とりあえず受付を済ませ、上がるだろうお立ち台を事前確認。



コース説明を兼ねたウェルカムパーティーに参加。まずは、パーティに勝利すべくスタートポジションの確保。



最前列に位置して、あとはスタートの号砲を待つのみ。    さっさと、早く早くやってくれ 「乾杯!」 を・・・・



大勢の参加者にひるむことなく、前哨戦のこのレースは単独ぶっちぎりの勝利をしたのであった。

この調子で明日もがんばろう??????



まだ、明るいうちから2次会開催。お飲み物がずんずんすすんでしまった。

明日は、スタート地点まで11kmの自走があるから早々と8時過ぎに就寝。






20日、冷え込んだが青空の良い天気を迎えた。

いよいよ、レースが始まる。その前の勝負は、早朝に・・・・・・・。

現地に備え付けられた仮設トイレは数が少なく長蛇の列。

このレース、スタートで出遅れると悲惨なことになってしまう。

その後、本レースのスタート地点まで11kmの移動。これだけで体力を消耗・・・



途中、自然湖をバックに記念撮影。



8時半のスタート後は、会長の先行であとは全く知らないので想像。

「前に付け。」「たれるな。」と呟きながら頑張ったんであろう。




元総理とスットコは、互いに抜きつ抜かれつ、激しいバトルを展開したのであった。
 
このバトルとて、最後尾の些細な争いであったことは言うまでもないが・・・・。




結果、驚異の復活を遂げた会長は、見事に公約通り、お立ち台に・・・・。

万歳〜、万歳〜、万歳〜。




王滝のイベントは、普段の山に比べれば相当に厳しい。

その厳しさの後のゴールは達成感が素晴らしい。

再度、出たいかと問われれば「は〜い。」という返事はすぐにできないが・・・・


とにかく、振り返ってみれば楽しい2日間であった。


おしまい