サングラス
 
雛札製作委員会の2009冬コミの新作は、
「パチュリーのスペルをつくるカードゲーム」、題して「騒がしい大図書館」です。

やったね!パチュリーメインのカードゲームだよ!俺得。
あらすじ
普段は粛々とパチュリーのスペルカード作りを手伝っている妖精メイドたち。
今日も普段どおりのスペルカード作り…と思いきや、
実は妖精メイドたちの間で「誰が一番いいところを見せられるか」で競争が始まっていたのだ!
助っ人で幻想郷の住人達を呼び寄せたりして大騒ぎな、普段と違うスペルカード作り競争が今始まる!

といったゲームなのです。
 
ルールの基本
プレイヤーは、「パチュリーのスペルカード作りを手伝う妖精メイド」です。
なので、頑張って他のメイドたちより多く、質の良いスペルカードを作ってください。

・スペルカードの作り方
属性カードを手に入れます。

属性カードを使ってスペルカードを手に入れます。
なんというシンプル!

スペルカードを手に入れることで点数が入りますので、
それを一番最初に10点ぶん集めたプレイヤーの勝利です。
属性カードスペルカード
勝敗の行方を左右する「助っ人」と「状況」
しかしそれだけでは別に騒がしくもなんともありません。
より有利にスペルカード作りを進めるために、幻想郷の住人を助っ人に呼びましょう。

助っ人カードは、スペルカードと同じように属性カードを使って手に入れますが、
使うことで相手から属性カードを奪ったり、
手持ちの属性カードを入れ替えたりと効果は様々です。
上手く活用していきましょう。

スペルカード作りをするにあたって、図書館やパチュリーの状態も大事な要素です。
状況カードは、ゲームに「追加ルール」を与えるカードです。
状況カードはゲームの進行に伴い変化するので、現状の見極めに気を配る必要があります。
助っ人カード状況カード
枚数とかプレイヤー人数とか
全111枚(うち何枚かは空欄カード)を予定しています。
推奨プレイヤー人数は3〜6人、時間は20分〜30分くらいといったところです。
参加イラストレーター一覧
今回は全部で38名のイラストレーターの方々に御願い致しました。

イラストレーター一覧(五十音順・敬称略)
茜屋 伊関 乾ぬい
魚ウサ王 ukyo_rst 空木あんぐ
oso 蒲焼鰻 かぶと山
神無月羽兎 菊一文字 キレロ
黒(仮眠) 源五郎 此処之ココ
kona スズキシ 高菜しんの
田嶋有紀 田中健一 天空すふぃあ
トウドリ 十夜 TOKIAME
心太 TOBI 鳥居すみ
名波早乃
萩原凛 葉庭 ひらふみ
No Banner
miya9 ムラ黒江 由岐シュウカ
 
ゆき善 横井昴  

5・リンクについて
バナーは以下のものをお使い下さい。




リンク先は、トップページでお願いします。