[PR] マンスリーマンション
トップページへ戻ります 作品紹介ページへ 大会情報ページへ プロフィールページへ 拍手です。簡単なコメントはこちらへ
 

こちらからも各ページに飛べます。



カードの説明

遊び方



イラストレーター一覧と
カードリスト


仕様
パチュリーにいいところを見せるっきゃない!

幻想郷の住人を助っ人に、スペルカードを作れ!

「騒がしい大図書館」は、パーティー型カードゲームです。
大図書館を舞台に、「パチュリーのスペルカードを作る」という内容を、
独自のルールでゲーム化した内容になっています。
プレイヤーは、普段はパチュリーを手伝う妖精メイドとして、
他のメイドに負けないようにスペルカードを作っていき、
一番早く指定の枚数のスペルカードを作ったメイドの勝ち、ということになります。

年末恒例パーティーゲーム第三弾「騒がしい大図書館」、
イラストレーターは総勢38名オール書下ろし。
枚数は雛札最大規模の全107枚!

パチェに一番いいところを見せられるのは誰だ!?

旧大図書館トップ。
 
ルール

「騒がしい大図書館」のルールについての説明です。

1.各種カードの説明

2.遊び方
 
カード ・イラストレーター一覧

「騒がしい大図書館」で使用するカードリストと、
カードイラストを描かれたイラストレーターの一覧になります。
こちらのページをどうぞ。
 
推奨環境

プレイ人数:
3〜6人

プレイ時間目安:
15〜30分ほど

対象年齢:
東方を存じていれば誰でも
 
仕様


 

「騒がしい大図書館」
ジャンル:東方projectカードゲーム
内容:カード111枚
   (属性カード50枚+スペルカード31枚+助っ人カード20枚+状況カード6枚+予備4枚)
   +取扱説明書
   +カードリスト
初回頒布:2009年12月30日「コミックマーケット77」
イベント価格:1500円(予定)
ショップ価格:1785円(予定)