ファンサイトTOP > 研究所index  ||  ▲「We Love Himeno !!」 [掲示板1] 
 

姫野カオルコけんきゅう所


 

■『ハルカ・エイティ』 研究室

  >>著者コメント・インタビュー・作品感想 まとめ&リンク  

☆戦後60年記念作品(←非公式惹句 ^^;)

『ハルカ・エイティ』 /長編小説 
直木賞候補作品

10/17発売 文藝春秋:1,857円 (税込:1,950円) 
@楽天ブックス他

イラストby村林タカノブ
 
〃戦前・戦中・戦後の「むかし」から、
バブル崩壊後の「いま」まで
年月を経てもなお、、
むかしもいまも変わらぬもの。

ごくふつうの女性の、
ごくふつうの生活を通して
平凡という名のしあわせを描く。

実在の人物の実話をもとにした著者初の試み。1050枚。〃
 
 


■『ハルカ・エイティ』 研究室

   >>著者コメント・インタビュー・作品感想リンク まとめ

【著者コメント@姫野カオルコ公式サイト】

「ハルカ・エイティ」Q&A
ハルカさんのモデル(2005・12・15死去)にさいしてのコメント
----

【姫野カオルコインタビュー】

・東京新聞「恋愛はおかしくなる体験」
「戦争の時代を生きた明るい人の話」より一部引用:文藝春秋PR誌『本の話』11月号

----
【直木賞候補に】
徹底討論!?メッタ切り版直木賞直前予想(nikkeibp.jp)

【書評・感想リンク :一部引用】

管理人からオススメ (はやしなつせ@ファンサイト)

 女学生、見合結婚、嫁、妻、母、職業婦人、そしてあとから遅れてやってきた女としての幸せ・生き方。 ハルカは何しろ明るく、読んでいて気持ちが良い。 戦争の暗い影も差してはいるのだが。
 
 姫野カオルコのストーリーテラーとしての才能が発揮され、ボリュームはあるが非常に読みやすい。平易で親しみやすい一方、地の文での鋭いツッコミや考察は健在で、古くからの読者も裏切らない作品となっている。

 ハルカはもちろん、色男の大介、女学校同級生の日向子、由里子、やさしい姑のミヤ、「ミヤは日本一の嫁」と言い切る舅、「どんがらがっちゃどーん」と登場する恵美子とナーちゃん等々、周囲の人々も大変魅力的だった。
 キャラの立った登場人物、それぞれの話をもっと読んでみたい、と強く思った。

オンライン読書会ログ《ネタばれ注意》 (@ファンサイト談話室bbs 2005.11.9-15)

  >>外伝希望/ハルカ派時子派/名バイプレーヤー時子 etc.
----

『ハルカ・エイティ』書評:角田光代@アサヒコム:朝日新聞書評

昭和の歴史としても読め、ひとりの女性の生き方としても読め、
この国の価値観、性差感の変化としても読める。また、家庭小説
とも読めるし恋愛小説とも読める。そんな単純な括りが馬鹿馬鹿
しく思えるほど、大きな小説である。
・「ヒメノ式で行こう」管理人ジキルさんからのコメント
ベタな言い方ですが、本作の読後に訪れるのはほんわかした幸福感。いやほんとにハルカさんの幸せを分けてもらえるんですよ。これこそ読書の喜びです。
・だにいのホームページ ハルカ・エイティ/姫野カオルコ
それでも、僕が彼女の人生をうらやましく思えたのは(僕の読書に偏るかもしれないけれど)彼女が自分の個性を肯定し、限られた選択肢の中で自分の身の丈にあった選択をしてゆくところにあったように感じます。
某書店員さんの感想
 〃頑張って激動の時代を生き抜きました的〃な女の一生じゃなくて、
ああ、姫野カオルコさんが書くと女の一生は押し付けがましくなくて
こんなに軽快で楽しげなんだと思いました。
・ All About の「話題の本」サイトに書評

・11/20日付産経新聞書評欄「書店員のオススメ」

bk-1での書評
  ・ハルカのように生きることが出来たなら
  ・THE筆力

ブック・レビューガイド
 「ハルカ・エイティ」についての雑誌・新聞記事の一覧
 

 
 
ファンサイトTOP > 研究所index