気管支喘息治療薬

去痰薬

般名

商品名

 

カルボシステイン

ムコダイン

 

塩酸アンブロキソール

ムコソルバン
プルスマリンA
ムコサール

粘膜潤滑薬
肺サーファクタント作用

塩酸ブロムヘキシン

ビソルボン

 粘液分泌促進薬

フドステイン

クリアナール
スペリア

粘液修復薬

アセチルシステイン

ムコフィリン
アセテイン

粘液溶解薬

メシステイン

ゼオチン
ベクタイト

粘液溶解薬

<効果>
痰を薄めたり、粘稠性のないものに改善して喀痰しやすくする、また、痰を繊毛によって輸送されやすい状態に再構成する、

<作用機序>
痰の粘液成分である酸性糖タンパクを溶解・低分子化することで、気道粘膜溶解作用と呼吸容易作用を示す。また、気管腺の分泌を促進することで痰を希釈して去痰作用を示す。さらに、繊毛運動亢進作用により気道壁を潤滑にして痰喀出を促進する。

<主な副作用>
発疹、気管支痙攣、呼吸困難などのアナフィラキシー症状(塩酸ブロムヘキシン、アセチルシステイン、塩酸アンブロキソール)や肝機能障害(カルボシステイン、フドステイン)がある。そのほかには悪心、嘔吐など消化器症状がみられる。

<アドバイス>
気管支分泌物が増加して自然の喀出が困難な場合は機械的吸引または体位変換などで対処する。
 

般名

商品名

 

プロメライン

キモタブ・-S

消炎酵素薬

プロナーゼ

エンピナースPD

消炎酵素薬

セラペプターゼ

ダーゼン

消炎酵素薬

塩化リゾチーム

ノイチーム
レフトーゼ
アクディーム

消炎酵素薬



<効果>
タンパクなどを分解する消炎酵素である。消炎の他に痰の切れが悪く、喀出困難な患者に用いられる。

<作用機序>
タンパク分解作用、喀痰・膿粘液の融解や排泄促進作用などを示す。

<主な副作用>
重大な副作用にショック、アナフィラキシー様症状(顔面蒼白、四肢冷感、血圧低下、意識喪失、呼吸困難など)、過敏症などがある。

<アドバイス>
塩化リゾチームは卵白由来タンパク質が成分であるため、卵白アレルギーの患者には禁忌である。
ブロナーゼの服用に際しては、食道停留により食道潰瘍の危険性があるため多目の水で服用すること、特に就寝直前の服用に注意する。