■心行くまでロシア!■


白海とレニングラードを結ぶ運河を作ることになったロシア。
でもスターリンが突発的に思いついたものだったので
「すぐ作れ。2年以内で作れ。」
「お金ないので物資などない。頑張れ。」
といかにもロシアクオリティな内容だった模様。



■心行くまでロシア!2■


そんなこんなで工事することになったロシア。
しかしそこあったのは手押し車とスコップ。
車が街を走り回り、飛行機がビュンビュン飛んでる時代に
手押し車とスコップ。
20世紀なのにまさに古代エジプトレベル。

しかも期限はたった1年ちょっと。

運河なんてできるのかロシア!?


■心行くまでロシア!3■

そんな酷い状況の中なんとか運河を作ったロシア。
しかし設計をした人のミスで船が通らないことが判明。
せっかく作った運河は全く意味がないものだったのです。

最初に気づかないのが
心行くまでロシアですね。