■WW中のポスターは面白い■


WW中の各国の作ったポスターが見てるだけでも
各国ともちょっと過激だったり感情丸出しだったり
国民性がよく分かって面白いですよ。


■アメリカのポスター■
  
アメリカ、人物を前面に押し出して原色バリバリな
デザインが多くコミカルな雰囲気。
巨乳美女が「やつら殴ってやろうぜ!」と笑顔で言ってたり
ヒーローが日独伊殴ってたりかなり表現がストレートすぎるよ。


   

■イギリスのポスター■

      

  
ほかの国と比べてやけに毒があるのが多い。
風刺画とかブラックジョークがきいてて面白すぎる。
ドイツネタで書かせるとネタは無尽蔵に出てくるご様子。


  
イギリスのポスターはとにかくネタと
皮肉りっぷりが面白いので一番お勧め。



■フランスのポスター■


一方フランスはエロス方面で頑張った。


あまりにドイツイタリアの枢軸国の仲がいいのを
皮肉ってイタリア兵とドイツ兵がそういうことしてる
風刺画を描いたりして鬱憤晴らしてたようで…。


  
しかも同じ題材で何枚もかいてた模様。
多分「ww poster」で探しまくると
このフランス著エロ同人出てくるかも。
フランス人時代先取りしすぎですね。
(各国の上司たちもその餌食に…)

ちなみにフランスのポスターは上二国と比べると
落ち着いた色合いの繊細なタッチと芸術性の高いものが多く
このまま飾れそうな感じ。ちょっとほしい。


あと仲間のイギリスアメリカをネタにする
あたりフランスの意地を感じます(笑)
「長い道のりだねぇ」ってそれ仲間。仲間。



■そのころ…■

 

ロシアのポスターはやけにデザインが洒落てて
かっこいいのが多い。ソビエトポスターの
コレクターも多いんだそうです。


   
でもデザイン重視過ぎてメッセージ性は
いまいちだったとか。


■そしてまた別のところでは■


一方フィンランドは地味かわいいポスターを作った。

そしてイタリアは「ドイツが守ってくれるよ!」
という他力本願もいいところなポスターを
いっぱい作っていた…。