この頃アメリカは工業の機械化により
物が大量に安く早く作れるようになり
イギリスを抜かして生産率は世界一位!
まさにアメリカ絶好調でした。


で調子に乗ってたくさん作ったのはいいのですが…
あまりに作り過ぎたために需要<供給状態に。
街は物があふれまくって売れないし
田舎も丁度不景気で売れないし

しょうがない!ここは外国にうるぞ!と思ったのですが…


しかも丁度ロシアは社会主義になったため
アメリカの作った商品は買わないよーといい始めて
ますます需要<<<(超えられない壁)<<<<<供給に
陥ってしまうのでした…。



そしてアメリカの株価は段々と下がり始めて…


「暗黒の木曜日」

アメリカ株大暴落。

世界恐慌キタ━━(;´Д`);´Д`);´Д`)━━!!


そして不景気の風が世界中を吹き荒れたのでした。



■世界会議■










資本主義の国はこの恐慌で大打撃を受けましたが
ロシアは社会主義国だったため
他の国とお金のやり取りをしていなかったので
別にたいした事なかったようです。


■さよならアメリカ■






イギリス・フランス・アメリカは植民地があったため
なんとか最悪の事態は避けられたのですが…


しかし植民地を持たないドイツ・イタリア・日本は
それができずこの不況のダメージを
モロに喰らうことになりました。

膨大なWW1の賠償金の支払いにおわれるドイツ。
近代化が遅れたせいで貧乏なイタリア。
実は超不景気になるのはもう二回目ですな日本。

この三国の被害は深刻でした。


そこに現れたのがイタリアとドイツの上司。
この恐慌が序曲になろうとは(;・∀・)