■謎の8人目■






今日はそんな目だたなすぎるカナダさんのお話です。



■飛び越せ!カナダさん■






※注意※

カナダさんはものすごく目立たないので
画面上で見失う可能性があります。


■登場人物■ 

 カナダさん

 アメリカのせいで目立たなくなってしまったかわいそうな国。
 性格はのんびり屋で親切な正直ものだが
 これといった特徴があんまりなく、ちょっと面白みに欠けるので
 忘れられがちである。

 ヨーロッパの国々からは「おじいちゃんになった時住む国」
 のレッテルを貼られている。

 
 クマ二郎さん

 かわいいくまさん。そこかしこにいる。
 飼い主が覚えられない。そして飼い主に名前覚えてもらえない
 アメリカ

 カナダさんの不幸の元凶。
 キューバ

 アメリカとは国交断絶するくらい仲が悪い。
 根は陽気で男気あふれるいい兄ちゃん。
 アイスクリーム好き。でも最近体がメタボ気味。



■文句いうカナダさん■








■カナダさんと一方的な好意■






■カナダさんの家の人■


フランス系とイギリス系
大陸にわたっても仲悪いよ!

ちなみにイギリス、フランスの次に
多いのがドイツ、イタリア系。

【ケベック】
フランス系の多いカナダの州。
昔独立騒ぎになったけど反対票50.6%で
なんとか独立を思いとだどまった。



■カナダさんがんばる!■



【未来の未来は今にある】
カナダ人の名言。


【とってもエスニックシティ】

カナダさんは外国人大歓迎な方針をとったため
カナダの主要都市、トロント、バンクーバーは
韓国、中国からの留学生、移民が増えまくっていて
街を歩けば韓国語の会話や看板、お店が溢れている
エスニックな雰囲気の街になりつつあります。

韓国では一生に一度、英語圏に留学していることが
一種のステータスになってるんだそうで
カナダは物価も安く留学生には人気の場所。
そしてカナダのあまりの居心地の良さに
そのまま住みつく人が多いみたい。

それだけなら大歓迎ですが
チャイナタウンでは麻薬が普通に買えたり
元々商売下手なカナダ人の職が取られてしまったり
(ちょっと成長するとアメリカ企業に吸収されるカナダ企業)

政治面にも入ってこられちゃったりしていて
さらにどこの国の政治だ?状態になってる模様。


でもって追い打ちに
カナダ警察のやる気のなさが異常なので
カナダさんの苦労は絶えません。




■カナダさんとイギリスとフランス■









■アメリカとキャッチボール■




カナダ人ののんびり屋さんっぷりはすさまじすぎる。
カナダに入国するときは時間に余裕持ちまくっていこうね!
どんなに混んでる時でもカナダ人は
しっかりお昼休憩もコーヒータイムも取ってくるので
待たされる方は大変だぞ!


【you sure?】
若い子がよくしゃべる抜き言葉。


【どうでもいい小話:日本とカナダさん】

「ミスターロボト」(Mr ROBOTO)
っていう歌が昔カナダではやったんですが
「ドモ、アリガットー♪ドモドモ♪」という謎の日本語が入ってます。
カナダ人はその曲が日本でも有名だと思っています。



■ちびっこ■

 





■G8再び!■







【どうでもいい話】

    
実はカナダさんの国境は
いまだにあやふやである。






■カナダさんとアメリカのケンカ■






かなださんとキューバさん■



カナダさんとキューバさんの仲は結構良好です。