Acrobat Reader:

アドビ・アクロバット・リーダーをお持ちでない方は、こちらからダウンロードできます。

 

 

ご褒美人生の泉SNS

 

( ここは泉SNSについてご説明する公式ページです。)

 

セカンドホームクラブ SNS への参加受付をしています!

● ご褒美人生の泉とは?(概説)

2007年10月10日、熱帯のマレーシアを拠点に、日本人がつくるユニークなSNSが産声をあげました。正式名称を「ご褒美人生の泉 マレーシア・マイセカンドホームSNS」といいます(略称:泉SNS)。美味しい水が泉から湧き出すように、この水を求めてより多くの人が集まってくるように、そんなイメージで「ご褒美人生の泉」と名付けました。

マレーシアという楽園に「セカンドホーム」を持ち、参加者一人一人がお互いのご褒美人生を支えあい、わかちあえるような交流の場(SNS= ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をつくっていきたいと思います。引退後の第二の人生(=ご褒美人生)で、マレーシアで暮らすことに関心のある方には、貴重な生の情報が満載のコミュニティサイトになっています。

SNSの参加は登録制(無料の会員制、招待制)です。マレーシア政府が推進するMM2Hプログラム(Malaysia My 2nd Home program)の長期滞在ビザで既にマレーシアに暮らしている方、これからこのプログラムに申し込もうと考えているいる方、その家族・友達を含めたサポーターまで、広く参加しています。

参加者は全員がセカンドホームクラブ(SHC)の会員になります(入会金・会費一切無料)。会則( ここをクリック すると会則が読めます)にあるように本人の自由意志による活動参加のみの、義務や拘束のないボランテイア・クラブです。記事を読むだけの参加も歓迎です。泉SNSはSHCに専用インターネット・コミュニティ・サービスを提供します。

「おしゃべり泉」のコミュニティ(掲示板に相当)で賑やかにおしゃべりをしたり、有益な情報交換をしたり、マイページの日記上でコメント交換をしたりが、主な活動になります。みんなで泉の水をきれいに美味しく守っていきながら、楽しく有意義な交流をしていきましょう。

新たに参加申し込みをしたい方は、電子メールの題名に「SHC/泉SNSに参加希望」、本文に「虎の巻を見ました。SHC/泉SNSに参加を希望します。氏名:*****(漢字、本名、姓+名)」と書いて、 info@gohoubi.com.my までお送りください。数日以内には、折り返しSNS登録のための招待メールをお送りします。多くの方からのご参加をお待ちします。

またSHC/泉SNSに関して、新聞・雑誌・TV・インターネットなど各種媒体からの取材を受付しております。同じく、 info@gohoubi.com.my まで、媒体名と担当者名(姓名)を明記の上、電子メールでご連絡ください。

  *ご参考までに、下記はSNSへのログイン画面です。
   写真はKLチャイナタウンのランブータン屋です。




<SNS登録時に全員が行う操作説明 目次>

◎ SNSの一般参加者は、下記の2つを読んで実行してください。

● SNSへの登録、プロフィールの記入方法

● 顔写真の掲載方法


Copyright c 2007-2008 泉SNS 運営委員会 All rights reserved. (E-mail: info@gohoubi.com.my )

 

セカンドホームクラブ会則

(2005年 8 月 4 日制定/2008年6月9日改正/2008年8月1日改正)

「名称」

1条、 会の名称は、

a . 日本語名     「セカンドホームクラブ」 
   b.ローマ字表記    「 Second-Home Club 」  

とし、本会則の中では「クラブ」と称する。

「クラブ所在地 ]

2条、このクラブは  A-30 Menara Mutiara, Jalan 11, Taman T.A.R., 68000 Ampang, Selangor, Malaysia (E-Mail: y.sakamoto@arc.net.my

電話: +603-4262 1744 、ファックス: +603-4262 1747) に置く。

「目的」

  3条、クラブは下記事項をその活動目的とする。
      主として、マレーシア政府が所管・推進し、KL日本人会が支援・促

進する[マレーシア・マイ・セカンド・ホーム・プログラム](以下セカンドホームと称する)を活用して、マレーシアに居住するもの、移住しようとするもの、又はセカンドホームに関心のあるものに対し、必要な助言や情報の提供、手助けを、原則として無報酬で行う。 

「事業及び行為」

  4条、クラブは政治的、宗教的に偏らず、上記の目的を達成するため、次の
    各号の事業及び行為を行う。


    a.会員又は、入会希望者に対して当地での生活に必要な情報などを提供 するための講習会を開催する。
    b.助言、手助けを必要とする会員にクラブの組織を活用して、所要の行 為を行う。
    c.会員からの要請事項がクラブの組織内で処理できない場合は、クラブ は会員を処理能力のある業者

     又は関係機関(有料を含む)に紹介する。
    d.クラブに対してなされた遺贈、贈与、寄付を受ける。
    e,クアラルンプール日本人会と連携し、各種事業及び行為を行う。
    f.その他、クラブが必要を認めた事業及び行為を行う。

「会員」

5条、クラブはセカンドホーム制度によりマレーシアに居住する、また
はそれを希望する、またはそれに関心を持つ日本人とその配偶者で構成される。

「会員の責任」

6条、全ての会員夫々の経験を基に情報を共有し、お互いに助言や手助けを行うものとする。これは原則として情報提供、問題解決のための助言を主とし、「ご褒美人生の泉・マレーシア・マイ・セカンド・ホームSNS」(以下“泉SNS”と称す)のインターネットシステムを通じて行われ、必要に応じてEメール、電話、会合によって補足される。

泉 SNS においては情報の伝授・享受・交換が行われ、各会員の環境と能力の範囲で自由参加が求められるが、強制はされない。情報享受のみの為の参加も、正しい情報の伝達と伝播というクラブの趣旨に合致するものとして歓迎される。 

インターネット・システム以外での活動分野としては、情報媒体(ホームページ、ビデオ、書籍、雑誌、パンフレット、放送メディア)などの企画・制作・取材協力・出演、講演会・説明会・セミナー・勉強会・懇親会などの開催、マレーシア政府との折衝・協力活動、セカンドホーム生活環境の改善など多岐にわたるが、いずれも各会員の環境と意志に基づく自由参加が前提であり、参画を強制されることはない。


尚、助言や手助けを行った者は、その結果について一切の責任を問
われない。

「入会資格及び入会審査」

7条、2008年 8 月1日以降にクラブへの加入を前提に泉SNSへの参加登録をした者には自動的にクラブの会員資格 が与えられる。その他にも入会の意思表示を書面もしくは電子書面によって提出し、受理された場合も会員資格が与えられる。 2008年 7 月31日以前に泉 SNS へ参加登録している者は会員資格を有するが、2008年8月31日までに本人の書面乃至電子書面の申し出により随時非会員を選択することもできる。非会員を選択した場合は泉SNSの参加登録を喪失するが、同日までに会員再加入を提出すればこの限りではない。

「会費」
   8条、クラブの会費は原則として無料とする。

「会員資格の終了」

9条、死亡、退会により会員資格は終了するが、クラブの名誉を著しく阻害したり、他の、会員の生活を妨げるような行為がある会員に対し、クラブの役員会は当該会員を除名することが出来る。退会、除名の場合は書面乃至電子書面にてクラブより退会承認乃至除名通告が発信された時点で会員資格が終了し、泉SNSの登録が抹消される。尚、退会した会員、除名された会員の再入会は、役員会の決定を必要とする。

「役員会」
10条、a.クラブは役員会によって運営さるものとする。
        b.役員会は 7 名以上の役員により構成される。
        c.役員は会員の推薦により選出される。
        d.会長及び、キャプテンは役員の互選により選出される。
        e.役員の任期は1年とし、再任は妨げない。
        f.役員会は定期的又は、会長が招集して開催されるものとする。
        g.役員会は在籍役員の、過半数の出席により成立する。

h.役員会の決議は出席役員の過半数の同意によりなされる

i.役員会開催が困難な場合は、議案を e- メールでの意見交換手段によるネット役員会で決議する事が出来るが、その結果は速やかに全役員に連絡されるものとする。

「役員の任務」

11条、 クラブの役員として選出された者は別途役員会で定められた夫々の任務につくものとする。

a.会長         1名

会長は対外関係においてクラブを代表する。又、役員会の議長を務め,会議を進行し、クラブの円滑な運営の任にあたる。

b.  キャプテン     1名

キャプテンはクラブの活動を統括執行しクラブの会則に定められた目的及び、役員会で決議された事項の円滑な遂行の任にあたる。

会長・キャプテン不在の場合、会長は役員の中から会長・キャプテン代行者を指名し、遅滞無く業務を遂行ようにつとめる。又、その任期中にクラブの会員資格が終了した場合、役員会は役員の中から後任の会長・キャプテンを選出するものとする。この場合、後任会長・キャプテンは前任者の任期を引き継ぐものとする。

c.広報担当        1名

クラブの広報活動を担当し、会長承認の下に必要な対外折衝・教宣活動・イベントの運営を行う。

d.総務担当        1名
役員会の議事録を作成し、会長の承認の下に全役員にそれを配布する。又、クラブの諸活動の周知・記録、会員等の必要情報の管理など総務関係の業務を担当する。

e.システム担当      1名

   クラブの主要通信手段としての泉SNSの運営委員会と連携・協働し、会長承認の下に会員への通信作業指導、コミュニティ、トピックの作成管理、投稿内容の管理など通信システムの円滑な運営と向上を図る。

f.財務担当        1名

   クラブの健全な財務収支と経理を維持し、会長承認の下に運動に必要な収入を得る方策を講じる。

g . 企画担当役員 

クラブの活動一般に付き会の活動目的が達成されるように企画・

立案し、会長の承認の下にその実行を補佐する。

h.諸活動担当役員
会長又は、役員会の指示、決定に基づき与えられたクラブの任務を担当、遂行するものとする。尚、役員は複数の任務に付くことを妨げられない。

「顧問」

12条、役員会は顧問を任命することが出来る。顧問は役員会に出席し、その意見を述べることが出来る。

「事務局」

13条、当分の間、事務局は設置せず、仮想事務局を活用する。

「委員会」

14条、a.役員会はクラブの活動に関する特定事項の審議、検討、遂行のために、随時、委員会を設置することが出来る。

     b.委員会の委員長は役員会の承認のもとに指名される。

     c.委員長は会員の中から必要な委員を指名することが出来る

「会則」

1 5 条 会則の部分追加、変更、削除は役員会において出席役員の 3/4の役員の同意により決議されるものとする。

以上 

 

==========================================================================

 

     

掲示板がSNSで再スタート (2007.10)

 

大変お待たせしました。


原因不明のサイトプロバイダーの事故で、今夏のあいだ掲示板が消えてしまいました。

 

再開を望む声におこたえして、2007年10月10日から

 

「ご褒美人生の泉 マレーシア・マイセカンドホームSNS」

 

を新規スタートしました。その中に、「おしゃべり泉」というコミュニティ(=掲示板に相当)を設置しますので、ペンダボ掲示板のご利用者は、今後はそちらで交流をしていきましょう。新規参加の人、読むだけの人も大歓迎です。


SNSはログインが必要な会員制ページになります。参加は無料ですが、メンバー登録をしていただきます。

 

希望者は「ペンダボ読みました。SNSに参加希望します。」とメール本文にお書きの上、 info@gohoubi.com.my宛に、お 申し込みください。フリーパスで登録用の「ご招待メール」を送ります。

(お申し込み後2日間たってもご招待状が届かない時はもう一度 info@gohoubi.com.my にご連絡下さい。)

 

Hiko

 

(註) 早速大勢の方からお申し込みを頂いて感動しています。

 

泉SNSを上手に活用しよう (↓下記をクリック)

http://www.gohoubi.com.my/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=8336