◆ひこね市民づくり第九演奏会のページへようこそ!◆
トップページひこね第九オーケストラひこね第九合唱団ひこね第九実行委員会過去の演奏会リンク集掲示板(BBS)

■ひこね第九
オーケストラ
 
橘 直貴(たちばななおたか) Conductor




札幌市出身。
1988年桐朋学園大学音楽学部にホルン専攻として入学。1992年同大学卒業後、研究科に進み、1994年より1997年まで同大学の付属機関である指揮教室に在籍する。
この間、指揮を岡部守弘、紙谷一衛、黒岩英臣の各氏に、ホルンを安原正幸氏、チェンバロを鍋島元子氏(故人)に師事する。また、大学在学中より、シエナ・ウィンドオーケストラに入団、1995年4月まで同団のホルン奏者を務める。大学卒業後から現在に渡り、ウィーン国立音大助教授である湯浅勇治氏の指揮セミナーに参加、師事する。

1999、2001年 ウィーン・マスタークルゼ指揮マスターコースにてサルヴァドール・マス・コンデ氏に、2000、2003、2004、2006年 イタリアのムジカ・リヴァ夏期国際アカデミー指揮マスターコースにてイザーク・カラブチェフスキー氏に、また2001年ドイツのシュレスヴィッヒ・ホルシュタイン音楽祭指揮マスターコースにてヨルマ・パヌラ氏に師事する。

2001年第47回ブザンソン国際指揮者コンクール・ファイナリスト、ならびに会場内の聴衆による投票にて最優秀である聴衆賞受賞。同年に、オーケストラ・レジオナル・ドゥ・カンヌと、2006年のサンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニーと共演。
2007年、第2回バルトーク国際オペラ指揮者コンクールにて優勝。

これまでに、東京交響楽団、東京シティフィル、東京室内管弦楽団、札幌交響楽団、仙台フィル、広島交響楽団、関西フィル他に客演。現在、各地のオーケストラ、合唱団やオペラの指揮者として活動している。


Tachibana Naotaka (Conductor)

After studying at Toho Gakuen School of Music (majoring in Horn), he proceeded to post-graduate course at the same university. Alongside, he trained conducting at the university-attached department. He studied under Y. Yuasa, S. M. Conde, J. Panula and others. In '01, he was ranked second place at Besancon Int'l Conducting Competition, also was received Audience Award. In '07, he won Bartók Béla Int'l Opera Conducting Competition. He directed Toulouse capital Orchestra, St. Petersburg Philharmonic, Yomiuri Nippon Symphony Orchestra and others.


公式ホームページ:http://www.naotakatachibana.com/index.html