◆ひこね市民手づくり第九演奏会のページへようこそ!◆
トップページひこね第九オーケストラひこね第九合唱団ひこね第九実行委員会過去の第九演奏会リンク集掲示板(BBS)

■ひこね第九
合唱団

 

 

 

ひこね第九合唱団

  高谷光信  Mitsunobu TAKAYA

京都市立堀川高等学校音楽科(現・京都堀川音楽高等学校)を経て大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業、キエフ国立チャイコフスキー音楽院指揮科首席卒業。また国家演奏家資格、ディプロマを最優秀の成績で取得。指揮を小松一彦、伊吹新一、田中良和、藏野雅彦、辻井清幸、V.プラソロフ、E.ドゥーシェンコ、N.スーカッチ、に師事する。
2003年、キエフ国立チャイコフスキー音楽院卒業時、ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団に客演指揮者として招かれ、ウクライナにてプロデビューを果たす。首席客演指揮者(2003〜2006)第2指揮者(2006〜2012)常任指揮者(2012.7〜)現在も定期演奏会や各国の音楽祭、マスターコースなどで共演を続けている。
同楽団の招致により『ホロヴィッツ国際ピアノマスタークラス』『シベリア国際音楽祭』『ウクライナ国際音楽祭・キエフ夏の音楽の夕べ』またウクライナを代表する国際音楽祭である『バルトケーヴィッチ国際音楽祭』などに出演し、「高い音楽性でソリストを支え音楽祭を成功に導いた。」(KievPost)と高く評される。
また2010年より『ウクライナ国際マスタークラス指揮・バイオリン・ピアノ部門』の講師・審査員・指揮者を務め、世界中の若きソリストと共演する模様は全国放送されている。
現在までに東京混声合唱団、Osaka Shion Wind Orchestra(旧大阪市音楽団)、大阪交響楽団、兵庫芸術センター管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、名古屋演奏家ソサエティ、テレマン室内オーケストラ、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、東京室内オーケストラ、愛知室内オーケストラ、エウフォニカ管弦楽団、神戸市室内合奏団、ナゴヤディレクターズバンド、ブラスパラダイス大阪、キエフ音楽院管弦楽団など、数多くのオーケストラ、吹奏楽団、合唱団を指揮。
ヴァイオリニストのE・ケシャーエバ、豊嶋泰嗣、沼田園子、ピアニストの近藤嘉宏、江口玲、塩見亮、崔理英、池本三太、A・イエーメッツ、D・オニシチェンコ、テノール歌手の秋川雅史、田原祥一郎、松本薫平、竹内直紀、小餅谷哲男、バリトン田中勉、ウズベキスタン音楽集団『SHOD』など国内外の著名な演奏家と多数共演。
《題名のない音楽会》(Osaka Shion Wind Orchestra2015年11月23日放送)にTV出演。
歌劇においては「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「ヘンゼルとグレーテル」「ラ・ボエーム」「こうもり」「カルメン」「弁慶・八岐の大蛇・箱入り女房」を指揮。
名古屋芸術大学音楽学部、大阪芸術大学演奏学科、武庫川女子大学音楽学部、京都市立芸術大学音楽学部音楽教育研究会、各非常勤講師。
みやこオペラ京都合唱団代表。
第16回京都芸術祭京都市長賞受賞。
2012年7月ウクライナチェルニーゴフ州文化功労賞受賞。
現在ウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団常任指揮者。
オフィシャルホームページ 
http://m-takaya.com/

(2016年7月現在)

 2018 合唱団参加者を募集しています!

高田三郎作曲「水のいのち」を一緒に歌いましょう!

ひこね市民手づくり第九演奏会では、高谷光信先生を指揮者にお迎えし、合唱の名曲
高田三郎の「水のいのち」の管弦楽伴奏版に挑みます。
多くの方と声を合わせて歌い上げたいと思います。


        高田三郎の「水のいのち」の管弦楽伴奏版
  
[合唱団申し込みフォーム](ここをクリックしてください)


ご希望の方は、事務局にご連絡いただければ受付いたします。
はじめて方でも、子どもさんも、大丈夫です。・・やさしく指導します。
練習用(音取り用)CDを用意しておりますので奮ってご参加ください。

○一般合唱
  参加費 一般:5000円 大学生:2500円 高校生以下:2000円
   
(指導料、会場費等)
  入場券 2000円(当日2500円) (数枚の販売ノルマがあります)  

 練習日時 9月2日(練習開始)〜 9月〜10月の木曜日(3回)
       基本は日曜日(3〜4回/月)
       練習時間はいずれも 18時30分から21時まで(原則)


  練習会場   ひこね市文化プラザ内 エコーホール、第1・2リハーサル室など  

9月    2日(日)   9日(日)    13日(木)     27日(木) 
10月    4日(木)    14日(日) 21日(日)
高谷先生
  28日(日)
11月    4日(日)   11日(日)
   高谷先生 
18日(日)   25日(日)
高谷先生・オケ合わせ
12月    2日(日)     9日(日)
高谷先生・オケ合わせ
  15日(土)GH    16日本番 

申込方法 
   住所、氏名、電話番号、参加できるパート(ソプラノ、アルト、テノール、バス)を書いて、
   ひこね市民手づくり演奏会実行委員会までFAXいただくか、郵送してください。
   ひこね市文化プラザの窓口や上の入力フォームからも申し込みできます。

参加費の支払い方法
   上記の申し込みをいただき、ひこね市文化プラザの窓口でお支払いいただくか、最寄りの
   郵便局で振り込みの手続きをしてください。

   *口座番号 14680−13150361  口座名義 ひこね市民手づくり第九演奏会実行委員会

    主 催 ひこね市民手づくり第九演奏会実行委員会
      お問合せ先 ひこね市文化プラザ第九演奏会事務局
        彦根市野瀬町187−4
         電話 0749−26−8601    FAX 0749−26−8602

第21回ひこね第九演奏会 第九合唱団役員名簿




 合唱指揮 磨谷真理


 合唱指導・磨谷真理先生のプロフィール
 滋賀県立石山高校音楽科を経て、国立音楽大学声楽科卒業。同大学大学院リート科修了。ドイツ歌曲を中心に二期会コンサート、リサイタル、宗教曲ソリスト、第九ソリストなど演奏活動を行う。            
 滋賀県においては、滋賀オペラ協会主催のオペラ「修道女アンジェリカ」に主演をはじめとして、「コシ・ファン・トゥッテ」、「あまんじやくとうりこ姫」、「お花ぎつねと赤い糸」、「たそがれは逢魔が時」に出演。'95年、'97年、'98年と海外演奏旅行にソリストとして随行。バチカン市サンピエトロ寺院における演奏をはじめとしてEU諸国にも報じられ好評を博す。
 県内各地にての合唱団の指揮の他、ボイス・トレーナーとしてもひろく活動している。
 ‘98年、彦根市よりの委嘱でジョイントリサイタル開催。同年より、彦根市主催「ひこね市民手づくり第九コンサート」の合唱指揮者をつとめ本年に至る。
 2000年彦根市文化体育振興事業団の協力でリサイタル開催。
‘01年には、福井県小浜市よりの委嘱でジョイントリサイタル開催。近江八幡市から米グランドラピッツ市への親善使節団に合唱指揮者として渡米。
 鈴木操、波多野靖祐各氏に師事。
 関西二期会会員。京都フランス歌曲協会会員。
 女声アンサンブル「アーカンシェル」代表

 


  
        平成25年10月20日松岡先生の第九練習風景        

 詳しいことは 、  こちらへお問い合わせください。