◆ひこね市民づくり第九演奏会のページへようこそ!◆
トップページひこね第九オーケストラひこね第九合唱団ひこね第九実行委員会過去の第九演奏会リンク集掲示板(BBS)

■ひこね第九オーケストラ

■過去の演奏会

サマーコンサート

  第1回(2000)
  第2回(2001)
  第3回(2002)
  第4回(2003)
  第5回(2004)
  第6回(2005)
  第7回(2006)
  第8回(2007)
  第9回(2008)
  第10回(2009)
  第11回(2010)
  第12回(2011)
  第13回(2012)
  第14回(2013)
  第15回(2014)
  第16回(2015)

スプリング
コンサート

  第1回(2002)
  第2回(2003)
  第3回(2004)
  第4回(2005)
  第5回(2006)
  記念 (2007)
  第6回(2008)
  記念 (2009)
  第7回(2009)
  オペラ(2010)
  第8回(2011)
  第9回(2012)
  第10回(2013)
  第11回(2014)
  第12回(2015)
  デューク(2015)

 


H15/10/25,26
滋賀銀行
創立70周年記念
ガラコンサート
佐渡裕

 

ひこね第九オーケストラ

ひこね第九オーケストラの紹介

 ひこね第九オーケストラは、1997年12月21日にひこね市民手作り第九演奏会をするために結成された湖東・湖北地域の3管編成の市民オーケストラです。今までに13回の第九演奏会、9回のサマーコンサートのほか、子供ためのスプリングコンサートなど、市民オーケストラとして地域の音楽文化の向上のため活発な活動を続けています。2007年11月に多年にわたる音楽活動が高く評価され、将来を期待される団体として平成19年度滋賀県文化奨励賞を受賞しました。

 普段の練習からプロで活躍しておられる一流の指揮者やトレーナーをお迎えして、質の高い練習と音楽づくりを目指しています。団員の平均年齢も若く、素直で暖かい雰囲気のオーケストラです。ブリテン、バルトーク、コープランド、コダーイ、マーラー、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィッチ、ニルセン、ラベルなど20世紀の音楽にも積極的に取り組んでいます。

 1999年12月 ドイツベルリンへの第九演奏旅行
 2001年 2月 ドイツの合唱団を迎えての彦根市制記念第九演奏会
 2003年10月 KEIBUNの70周年演奏会にゲスト出演し、佐渡裕氏・京都市交響楽団と共演
 2007年12月 松尾葉子氏を迎えて第10回記念ひこね市民手作り第九演奏会
 2008年12月 藏野雅彦氏を迎えてマーラーの交響曲第2番「復活」を演奏
 2010年 3月 北原幸男氏を迎えて、二宮玲子作曲の井伊直弼と開国150周年のフィナーレで
         茂山家狂言師とのコラボで市民オペラ「狸の腹鼓」を演奏
 2014年12月 東日本大震災の復興を願って佐藤眞作曲混声合唱とオーケストラのためのカンタータ「土の歌」を演奏 

ひこね第九オーケストラ練習計画 (クリックしてください)

  第17回 サマーコンサート 本格的なクラッシクコンサート

     平成28年6月26日(日)   こね市文化プラザグランドホール

       指揮者  横島勝人     ヴァイオリン独奏  高岸卓人
       曲目   グリンカ       ルスランとルドミラ
             サンサーンス    ヴァイオリン協奏曲第3番 
             チャイコフスキー  交響曲第4番 ヘ短調 作品36
 



          
横島勝人 

 Katsuto Yokoshima

大阪生まれ。9歳よりピアノを始める。大阪音楽大学在学中より指揮活動を開始、同大学卒業後も1990年まで高槻市音楽団の常任指揮を務める。
1990年ウィーン留学、その後ウィーン国立音楽大学指揮科に入学。同大学教授、レオポルド・ハーガー、ペーター・シュヴァルツ、同大学助教授、湯浅勇治の各氏に師事。
1990年ウィーンマイスタークラス指揮セミナー、1996年ハンガリー国立セゲド交響楽団主催セミナーにてユリウス・カルマー、エルディン・アッチェルの各氏に師事。ディプロマを取得、演奏会指揮者にも選ばれる。
1998年、オランダで行われたキリル・コンドラシン国際指揮者コンクールにてベスト8に選ばれ、1999年には、ウィーン楽友協会ホールでのトーンキュンストラー交響楽団との演奏会においてベートーヴェン交響曲第9番を指揮、大成功を収めウィーンデビューを飾る。
2001年、ウィーン郊外アイゼンシュタットのエスターハーズイー城内ハイドンザールにて、ハイドンのオラトリオ”天地創造”を指揮する。
2003年にはプラハの春音楽祭のメイン会場であるスメタナホールにて、プラハ放送交響楽団を指揮、好評を博し、地元の音楽関係者からも絶賛される。
2000年より小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトT、U、V、においてアシスタント及び合唱指揮を務める。
2005年7月、ドイツライプツィヒでのチャリティ・コンサートに出演。ニコライ教会でバッハ「ロ短調ミサ」を、ゲヴァントハウスでベートーヴェン「第九」を指揮。2006年9月、10月には、ウィーンとプラハでモーツァルト生誕250年「レクイエム・ガラ」特別演奏会を指揮、絶賛を博した。
2008年3月、長野県松本市においてモーツァルトの交響曲全52曲を10年かけて演奏する「モーツァルト交響曲・全曲演奏会」が結成され芸術監督に就任、現在松本モーツァルト・オーケストラの指揮者を務めている。

富山県・宇奈月モーツァルト音楽祭芸術監督。

  第18回 歓喜の歌声in東近江 2016 (予定) 

     平成28年12月4日(日)  東近江市立八日市文化芸術会館 大ホール
      指揮  宮松重紀      東近江第九合唱団
      曲目  ベートーヴェン  交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」
 

  第19回こね市民手づくり第九演奏会

     平成28年12月18日(日)    こね市文化プラザグランドホール

       指揮  宮松重紀        こね第九合唱団
       ソプラノ 基村昌代    アルト 三輪陽子    テノール 井原秀人    バリトン 松原 友
 
       曲目  ベートーヴェン  交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」   ほか


                            
●指揮:宮松重紀 Conductor:Shigeki Miyamatsu

横浜生まれ。横浜国立大学を卒業後、東京藝術大学指揮科を首席にて卒業する。
指揮を山田一雄、遠藤雅古の各氏に師事。イタリアのキジアーナ音楽院では、ロジェストヴェンスキーに師事。

東京二期会や日生劇場等のオペラ公演において、小澤征爾、若杉弘、外山雄三、大野和士らの下で研鑽を積む。

1989年、新星日本交響楽団を指揮してデビュー。1992年、東京オペラ・プロデュース公演《ドン・ジョヴァンニ》でオペラデビュー。
以来、東京フィルハーモニー交響楽団・東京交響楽団・東京シティフィルハーモニック管弦楽団・神奈川フィルハーモニー管弦楽団・仙台フィルハーモニー管弦楽団・群馬交響楽団・広島交響楽団・大阪センチュリー交響楽団・中部フィルハーモニー交響楽団等を数多く指揮。
特に東京フィルとの関係は長く、指揮した演奏会は100を超えている。

また新国立劇場や二期会を始め、全国各地でのオペラ公演も数多く指揮。
特に2001年、新国立劇場主催公演《花言葉》(ロッセリーニ作曲)では「大きな流れと繊細さを併せ持つ指揮者」(日本経済新聞)「歌手を自由にさせながら、オーケストラを歌わせる能力に舌を巻く」(音楽の友)と評される。

2008年に渡伊、ミラノ・スカラ座にて研修。スカラ座公演、大野和士指揮《マクベス》に携わる。

合唱指揮者として、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、ウイーン・フィルハーモニー来日公演(小澤征爾指揮)、サンクトペテルブルク・フィル(テミルカーノフ指揮)、東京のオペラの森管弦楽団(ムーティ指揮)、その他、NHK交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団の定期演奏会等に客演する。
また、東京オペラシンガーズとの関係も大変深く、東日本大震災チャリティー・コンサート《第九》(ズービン・メータ指揮NHK交響楽団)を始め、数多くの公演を指揮する。
2016年、フランス放送合唱団の音楽監督マティアス・ブラウアーの招聘により、同合唱団の定期演奏会への客演が予定されている。

ピアニストとして、東京フィル、読売日響のメンバーとサロンコンサートや、歌手のリサイタルの伴奏をする。「劇的な表現にもかかわらず歌手と一つに溶け合う」(「神奈川新聞」)と評される。
クラシック以外にも活動を広げており、エイベックスから東京フィルによるアニメ音楽のCDが発売されている。

現在、母校である横浜国立大学の講師として、後進の育成に情熱を注いでいる。

平成19年度滋賀県文化奨励賞

ひこね第九オーケストラが、平成19年度滋賀県文化奨励賞を受賞する事になりました。
11月29日(木) 午前10時30分から滋賀県公館で贈呈式があり、sawacelloが団を代表して出席してきました。文化奨励賞とは、多年(おおむね10年)にわたり優秀な作品を発表するなど文化活動において優れた成績をあげ、その活動において将来を期待される個人または団体にいただける賞です。
ひこね第九オーケストラの10年間の音楽活動が評価されてとても光栄ですね。

第32回(平成19年度)滋賀県文化賞等受賞者
  滋賀県文化賞 
   中路融人 京都市 74歳 芸術文化(美術)
   若杉 弘  東京都 72歳 芸術文化(音楽)

  滋賀県文化功労賞
   奥田 實  甲賀市 74歳 芸術文化(陶芸)
   高田 昇  大阪市 64歳 学術
   橋本初子 大津市 73歳 郷土文化(文化財)

  滋賀県文化奨励賞
   岡田修二 守山市 48歳 芸術文化(美術)
   若林千春 草津市 46歳 芸術文化(音楽)
   ひこね第九オーケストラ 彦根市 芸術文化(音楽)

 

■募集パート ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、打楽器(経験者)

■募集人員  各パート若干名
 (ただし、管楽器の募集パートについては欠員がある場合のみの募集となります。
  下記まで、お問い合わせください。簡単なオーディションをします。)

※参加費、練習日、練習場所などの詳しいことは、

こちらへお問い合わせください。