おやじの会トップページへ
Google
Counter

おやじの足跡 (2008年度の活動実績)

2009年2月14日(土)
大城児童館の建築現場見学

いよいよ2009年4月にオープンする大城児童館。 オープニングイベントは3月29日(日)に決定しました。
この日は下見のため、工事も進み内装も見えてきた建築現場を見学しました。 作業中に大変お邪魔いたしました!

外の様子

児童館の緑道側には子どもたちを出迎えるかのようなアーチができています。近所の子どもも通りがかりに立ち止まって、新しい児童館を興味深そうに見ていました。


 

そして玄関までのアプローチにはみんなで作った手作づくりレンガが並んでいましたよ!

 

1階の様子

建物に入ると、事務室の受付は段違いのカウンターになっていて、小さな子からおとなまで利用しやすく考慮されています。 入口横には、掘りごたつのある畳の空間。 足を伸ばしてゆったりくつろげそうです。

 

遊戯室は児童館の中で一番広い部屋。天井が高くて窓も多い開放的な空間です。 壁にはクライミングウォールが設置されています。

 

 幼児用のトイレは、便器もかわいいミニミニサイズ。思わずしゃがんでしまいました!?  1階にはこの他にも明るい子育て支援室や、調理もできる創造コーナーがあります。 


2階の様子

階段で2階に上がると、正面が大城児童クラブの部屋です。 ふたつの部屋の仕切り壁には窓やトンネルがあって、見ているだけで楽しそうです。

 

中高生に大人気となりそうな音楽室は、一面が鏡になっており、ダンスの練習にも使えそうです。 そして吹き抜けの向こうは学習室(右)と休憩室(左)があります。

 

2階ベランダは、建物を一周しながらまわりの風景を楽しめます。 ベランダからはゆうぎ広場と児童クラブへの入口階段が見えます。 また反対側には駐車場があります。

 

工事中の大城児童館は、今にも子どもたちの歓声が聞こえてきそうなワクワク空間でした。 オープニングが楽しみです!

大城児童館を育てる会

 大城児童館を育てる会も、今までに6回開催されました。 3月29日のオープニングイベントに向けて、各コーナーの担当者を決め、企画の具体案を検討し、準備と確認が進んでいます。 

オープニング式典

地域で育てる児童館を象徴するかのように、オープニング式典は地元「大草ふれあい太鼓」で始まります。 第1部は、市長さんはじめ来賓の方々が参列される竣工式。 そして第2部は地域運営調印式です。

大城児童館を創りあげる最初のワークショップから関わっていただいた延藤安弘先生の幻燈会、公設地域運営(小牧市が設置して地域の「NPO法人10人村」が運営する)の調印式と職員紹介、児童館の愛称募集入選者の表彰式など、工夫あふれる式典が計画されています。
 

 

内覧会・体験会

式典が終わった後は、児童館の部屋や設備を知っていただき、 児童館を体験してもらう企画が盛りだくさんです。 また、地域の児童館として支えてくださるサポーターを募集し、その登録も行います。  サポーターとしてご協力いただける方は、ぜひ内覧体験会にお越し下さい。

屋外では野口こども太鼓や光ヶ丘・桃陵中学校の吹奏楽団の演奏、もちつき。 1階の遊戯室では手づくりゲーム、子育て支援室では読み聞かせやリトミックの体験。 2階ホールではバルーンアート、ボランティア室での駄菓子屋、 児童クラブ室ではゲームやプラバン作りがあります。 音楽室では楽器体験ができます。  カフェコーナーには、お茶やコーヒーのサービスもあります。
詳しくは、できたばかりのパンフレット(pdf)をご覧下さい。 なお、上記イベントは現在予定されているものであり、今後変更になる可能性があります。

下の写真は、当日案内をしてくれる中学生着ぐるみ隊と、ゲームに使う小道具を披露しているところです。

 

大城児童館の愛称は「笑童館(わらべかん)」

公募していた大城児童館の愛称は「笑童館(わらべかん)」に決まりました! 800通あまりの応募の中から、中高生審査員による審査で選ばれました。 地域で育てる大城児童館、3月29日の竣工記念式典・内覧体験会(pdf)、4月1日の開館まで、もう少しです!

Copyright (C) 2005-2009 Hikari-chu Oyaji no kai. All Rights Reserved.