AIDA(劇団四季)


10/14/04 (木) 13:30〜@大阪MBS劇場 2F/G列35番 

アイーダ 濱田 めぐみ
アムネリス 森川 美穂
ラダメス 福井 昌一
メレブ 山添 功
ゾーザー 大塚 俊
アモナスロ 川原 洋一郎
ファラオ 石原 義文
ネヘブカ 今井 美範















最初にラダメスが出てきた時は、貧弱!と思ってしまったけど、それは前回NYで豪華ラダメスを見てしまっていたからだけで、話が進むと同時に逆にたくましく見えてきて一安心。やっぱり将軍なんだからたくましくないと・・・。このラダメスは歌も上手で、満足でした。
すごく違和感があったのは、アムネリスのMy strongest suitの歌の時。「オシャレは私の切り札。オ・シャ・レは私のき・り・ふ・だ」みたいな感じで歌っていて、ものすごく幼稚に見えた。役者さんが悪いのではなくて、訳があまりにもいけてなかったというか・・・。言ってることは間違ってないんだけど、でもオシャレ、オシャレってまわりのアンサンブルみんなで歌われるとちょっとひいちゃう・・・。おかげで、最後アムネリスがアイーダとラダメスに裁定を下す時に、あまりに立派になりすぎて逆に違和感さえあった。同一人物に見えなかったのです。アイーダに出会って、アムネリス自信が成長しているってのはわかるんだけど、でもギャップが大きすぎて・・・。NYで見たときは、自信満々の強いお嬢様に見えたアムネリスが、今回は無知でバカなお嬢様に見えてしまいました。
 あとメレブ!つまんない!もうちょっと頑張って欲しい。
 ラダメスとアイーダがお互いの気持ちを知った後のラブシーンは、なかなかよかったのだけど、NYで見たときのドキドキすような妖しい雰囲気がなくて寂しかった。これは単に席が舞台から遠かったからかもしれないけど。
 2幕最初のナンバーの、A Step Too Farはすごくよかった。三角関係の3人が三角形に並んでそれぞれ歌いながらハモるところはゾクゾクきました。

 なんて。ついついNYと比較してしまうけれど、でも全体的にはとてもよかったと思います。また行ってもいいと思うし。でも来年2月でcloseみたいです。





観劇感激日記topへ