E-PL3M.ZD45mm
2012/02/26

E-PL3赤と銀色のM.ZD45mm  右はZD50mm
オリンパスのデジカメE-PL3と交換レンズM.ZD45mmを買ってしまいました・・・・
両方ともそんなに欲しくなかったのですが。

オリンパスのマイクロ一眼ペンシリーズも第三世代になって、
画像処理技術が進歩し、画質が格段に良くなったらしい。

最初はより小型のE-PM1が気になっていたのですが、
ネットで調べるとワンランク上のE-PL3とそれほど値段差がなく、
赤色ならさらに値下がりしていたので、
E-PL3赤のボディのみ購入決定。
キットレンズはE-P2のがあるので買いませんでした。


その頃M.ZD45mmF1.8というレンズも気になっていました。
安価な割りに、写りが素晴らしいと評判のレンズです。

しかし焦点距離が近いフォーサーズ用のZD50mmマクロレンズを持っていて、
アダプターをかませばE-PL3でも使用でき、
M.ZD45mmはマクロレンズでないので、近接撮影があまりできない、
などしばらく悩みました。
でも結局M.ZD45mmも買ってしまいました。
E-PL3とM.ZD45mmを使用してみての感想は、
素晴らしいです。

以前購入したマイクロ一眼E-P2では、ダイアルが軽く、誤作動の原因でだったのですが、
E-PL3ではその他の使い勝手も含め、見事に改善されています。
ファンクションボタンや録画ボタンに、
親指AFやデジタルテレコンの機能を割り振れるので便利です。

M.ZD45mmは安価、小型、軽量そしてAF爆速で画質も良好です。
みなさん仰るとおり買って損のないレンズです。


今の所E-PL3の不満点は、画像の縦位置が記録されないこと、
液晶がワイドタイプなので、4対3の画像を扱うと表示が小さくなることの2点です。

縦位置はパソコンで変更できるし、液晶の画質自体はE-P2に比べると
格段に向上しているので、E-PL3は満足度の高いカメラです。


 
化石撮りでの比較
それではE-PL3とM.ZD45mmと画質はどうでしょうか。ほかのレンズと一緒に比較してみましょう。
大きさ10cmほどのビカリアを、左の写真の構図になるような距離で、各レンズごとに絞り開放とやや絞った値で撮影しました。
そのビカリア画像の先端部分をピクセル等倍で切り抜いたのが下からの画像です。

マイクロフォーサーズ用の安価な単焦点レンズ。
絞り開放ではやや甘い描写ですが、絞ればシャープです。

フォーサーズ用のマクロレンズ。
M.ZD45mmの対抗馬ですが、明らかにそれを上回る描写です。
さすがフォーサーズ用。

フォーサーズ用の安価なマクロ。写りは十分です。化石撮りに最良なレンズ。

マイクロフォーサーズ用の定番パンケーキレンズ。
明るいこともあり、開放は甘めだが、絞るとバリバリに解像してる。

E-P2のキットレンズ。上の4本の単焦点レンズと比べると画質は劣る。

フォーサーズ用のズームレンズ。上のM.ZD14-42より良く写る。さらに空気感がある。

マイクロ用の高倍率ズーム。マイクロ用の標準ズームM.ZD14-42より良く写っている。

お気に入りのフォーサーズ用望遠ズームだけど、化石撮りにいまいち。花撮りでは素晴らしい写りをするのだが。100mm付近で撮影。

フォーサーズ用の望遠マクロ。これまたいまいちな写り。マクロレンズなのに。

フォーサーズ用の広角ズーム。広角のレンズは化石撮りには使わないでしょう。

オリンパスの一眼の画質が格段に向上したのが、フォーサーズ機E-3の後継機E-5からで、
E-PL3もE-5と同じく画像処理にファインディテール処理を施しているので、E-3より画質が格段に向上しているはずです。
上の写真は、同じビカリアを同じレンズZD50mmで旧機種E-3と最新機種E-PL3で撮影したものを、殻頂付近を等倍切り出ししたものです。
E-PL3のほうが解像にすぐれているはずなのに、それほど差がないようにも思えます。
花撮りでの比較

マクロ撮影だけでは、レンズの性能が分からないかもしれないので、遠景の比較を。
上の構図になるように各レンズで撮影したものを、等倍切り出ししたのが下の画像です。

花の中を比較すれば分かりますが、ZD50-200やG20mmがよく写っています。
M.ZD45mmはそれらより劣ります。
ボケ味はM.ZD45が良いとされていますが、ZD50-200のやや輪郭があるボケより綺麗でしょうか。
M.ZD14-150は今ひとつです。

次にE-PL3とE-3の画質の比較ですが、
たしかにE-PL3の方が細部の解像や枝葉の質感描写は良さそうです。

ピクセル等倍で見ないと分からないレベルですが。
E-PL3とM.ZD45mmの画質比較をしてみましたが、
カメラの画質は旧機種E-3でも十分なほどで、
言われてみなければ分からない程度の進歩です。
ただし道具としての使い勝手は、E-P2からでも格段に進歩していて、
扱いやすいカメラになっています。

M.ZD45mmは、フォーサーズ用のZD50mmより解像の点で少し劣りますが、
安くてコンパクト、しかも質感も高く、AFも早いので、
マクロ撮影以外では、M.ZD45mmの方が使い易いでしょう。
今月オリンパスから新しいマイクロ一眼OM-D E-M5が発表されました。
ペンシリーズのカメラに内臓EVFが付いただけようなものです。

これが発表された時、ZDレンズのAF対応が今までと同じ、
内臓EVFも今までの外付け式と同等品、とのことで、
購入理由が見当たりませんでした。

しかし、仕事のストレスから逃れるため、予約してしまいました・・・・