やよいひめ 弥生姫

 産地:群馬県

 語源:

入荷時期:1月上旬〜5月下旬
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

交配:(とねほっぺ×とちおとめ)×とねほっぺ
平成9年に群馬県園芸試験場で交配、実生選抜、増殖を行い平成13年に育成を終了。

原産:群馬県園芸試験場(現群馬県農業技術センター) 登録番号 第12576号
                                         農林水産省「品種登録情報」より
特徴&前評判:
果実は円錐形で大粒。果皮は明るい赤色。光沢は良いが香りは少ない。
果肉色は橙赤色、果心色は淡赤色。
果実の硬さはかなり硬く、輸送性も高い。空洞は小さい。一季なり品種。
糖度が高く、酸味が低い甘みを感じやすい品種
最盛期は3月(弥生月)

形:円錐形   色:果皮 明赤色


































感想:香りはキツく濃いいちごの香りがします。
    果皮は硬く張りがある。大粒のため少しオサレはあるものの期待・・・大!
    食べてみると、しっかり歯が入り、果肉が舌にあたるのと同時に、濃い甘みが攻めてくる。
    果汁もあふれる甘い味わいのいちご。
    果肉は硬くなく、維管束ごと繊維がバラけていくようにくずれ、果汁が湧き出す。

    すこし色づきが悪いほうが甘さを感じた。
    酸味はそれほど感じないが、果汁が多いので、あと味はさっぱりしている。
    非常に大粒で、爆発的な果汁の多さが印象に残りました。

    関西では、まったく見かけない品種なんですが、
    先日(2/14)の東京出張時、普通の八百屋の店頭に並んでいたときは感激しちゃいました。
    即、手に取り、レジに走ったのは言うまでもありません(^^;
    このときも、果汁の多さと、果肉のバラけ感が記憶に残っています。

      東京で購入した「やよいひめ」


今回の試食データ: 12粒/pac 一粒データ(平均):高さ4.8cm 直径4.2cm 重さ44g
              600g/pac      大きなもの:高さ5.0cm 直径6.8cm 重さ59gあった。
            試食日 2008/3/7  購入場所 通信販売 

もどる