東京生まれ。 中央大学法学部を経て、武蔵野音楽大学、同大学院を主席で修了。
原田隆一氏、(故)疋田生次郎氏に師事。 文化庁オペラ研修所5期修了。
モーツァルテウム音楽大学元学長シルハウスキー教授に、モーツァルト歌唱法、バスティーネ氏に、イタリアオペラ歌唱法を師事。 1986年スガノコーラス(松本)コンサート合唱指揮。 1992年越谷市民合唱団ヴォイストレーナー。 川口市民合唱団(ブラームス・ツィゴイネルリーダー、高田三郎・水のいのち)指揮。
カザルスホールにてリサイタル。 第3回奏楽堂日本歌曲コンクール入選。 1993年TAMAらいふ21東久留米市民合唱団(高田三郎・水のいのち)指揮。 1994年オペラ「ウィンザーの陽気な女房たち」二期会オペレッタ「学生王子」に出演。 東久留米混声合唱団第1回演奏会「メサイア」指揮。 1995年文化庁移動芸術オペラ「メリー・ウィドー」に出演。 1996年阪神大地震災チャリティーコンサート、国連クラシックライブオペラ「夏の夜の夢」、文化庁オペラ研修所20周年記念オペレッタ「こうもり」に出演。 佐久グランドホテルのディナーショーにゲスト出演し好評を博した。 
1997年、東久留米新市庁舎完成記念「第九」(四楽章)を指揮。 東久留米混声合唱団第2回演奏会フォーレ「レクイエム」を指揮。 1998年、東久留米市民文化祭オープニング「第九」(四楽章)を指揮。 高輪プリンスホテル・ティーコンサート、サントリーホール12周年記念コンサート出演。 浜離宮朝日ホールにて音楽之友社事業部主催のオペラ「椿姫」に出演。 2000年、3月には、新国立劇場オペラ「沈黙」に出演。 4月、東久留米混声合唱団第3回演奏会、モーツァルト「レクイエム」を、保谷こもれびホールにて指揮。 6月、北とぴあホールで、オペラ「運命の力」に出演。 
2001年、第34回新しい日本の歌コンサート、文化庁移動芸術ふれあい教室歌座「うたよみざる」7公演。
選抜門下生によるグランパシフィックホテルチャペルコンサート企画。 YMCAホテルディナーショー。
大倉山記念館ホールにて、黒田彰リサイタル。 林クリスマスコンサートに出演。 
2002年には、1月に、黒田彰ニューイヤーコンサート。
 2月には、銀座にて、日本名歌コンサート。 3月には、NHK福井放送局後援、ヴェルディ・オペラ「椿姫」に出演、好評を博す。
4月より、文部科学省からの補助を受け、武蔵野音楽大学より約1年間の米国視察研修のため渡米。
インディアナ大学音楽学校客員研究員としてオペラ、合唱指揮法、ブラスバンド指揮法を視察する一方、6月には、同大学夏期講習会において、プレゼンテーションと共に、日本歌曲及び、オペラアリアを歌った。
また、ケンタッキー州ガバナースクールより、ゲスト歌手として招かれ、日本歌曲の指導し、また、生徒及び教授陣の前で演奏。 スタンディングオベイションを受ける。
9月より、さらに、ライシャワー日本研究所の客員研究員として、ハーバード大学音楽学部の視察。
日米親善の音楽家としての取り組みを模索する。 それと共にボストンの音楽事情を視察する。
2003年3月帰国。
その他、「魔笛」「コシ・ファン・トゥッテ」「アルバートフリング」等で、好評を博し、「第九」「モーツァルト・レクイエム」「天地創造」などのソリストを務めている。 歌曲の分野でもイタリア歌曲と共に、滝廉太郎、大中恩、高田三郎、信時潔等の作品にも力を入れている。 その後も、リサイタル、コンサートを多数。 いずれも好評を博している。
現在、二期会会員及び代議員。 木下記念日本歌曲研究会会員。 日本演奏連盟会員。
武蔵野音楽大学声楽科講師。 武蔵野高等学校講師。 インディアナ大学音楽学校客員研究員。 
ハーバード大学ライシャワー日本研究所客員研究員。
黒田 彰
もどる