市民が行政・議会・一部のネット族を監視するための辛口情報紙・東村山市民新聞

決定的事実がついに判明

 遺族側が、懸命に追及していた殺害事件のカギを握る唯一最
大の物証・「カギ束」の真相の詳細(発見者は詳細説明を拒否
していた) 
 決定的事実がついに判明しました!
 朝木明代議員が事務所に施錠して所持し、その後、行方不明となっていた問題
の「カギ束」は、「現場ビル2階焼肉店裏口(階段踊り場)においていたカゴに
入った使用済みおしぼりの間に入れられていた」(「元副署長」)事実、しかも
使用済みおしぼりの間に入れられた時刻は「警察犬が帰った後の可能性があ
」という事実を、「元副署長」は裁判所に提出した書面で自ら認めました。「元副
署長」自身が、朝木明代議員が当日所持した「カギ束」について、これほど具体
的に証拠事実を公表したことはこれまでにはありませんでした。
 現場ビル2階「焼肉店裏口付近」で女性同店員Mが発見し
た、というだけで、「たまたま落ちていた」のを拾ったのか、
それとも何者かがこっそり置いたことがわかるような状態で発
見されたのか、という第三者の介在を示す証拠があるのかどう
かについては、発見者Mも、「元副署長」及び東村山警察の誰
も公表していなかったのです。

 矢野議員以外には草の根事務所のドアのカギを所持していたのは朝木明
代議員だけです。したがって矢野議員が、9月1日午後9時すぎに事務所に戻
った際、ドアは施錠されていたのですから、朝木明代議員または殺害関係者が朝
木明代議員のカギで事務所ドアを施錠したのは明らかです。
 事務所ドアを施錠したカギのついた「カギ束」を朝木明代議員から奪った殺害関
係者以外には、問題の「カギ束」を現場ビル2階の焼肉店裏口に置かれた「おし
ぼりの間に入れる」ことができる者がいないことはいまさらいうまでもありません。

  「警察犬が帰った後に」(「元副署長」)というのは、すでに朝木明代議員の死
亡が確認されてから数時間も経過していたのですから、なおさらのこと、自分で
「元副署長」は、この事件が「何者かによる」殺害事件であることを、認めてしまっ
たのです。 

しかも、捜査を指揮した「元副署長」の最大の決定的捜査ミスは
「現場ビルを保存しなかったこと」及び「鍵束」の指紋の採取さえ
していないことです。
 きちんと現場を保存していれば、「警察犬が帰った後に」「使用済みのおしぼりの
間にカギ束をいれる」「殺害犯でございます」というような行為を見逃すことなどな
かったはずです。

 「元副署長」は、「草の根事務所や朝木明代議員自宅の捜索を申し入れたが、
拒否され協力が得られなかった」などと、ありもしない全くの事実無根をいまだに
主張していますが、そもそも捜査をする態度などはじめからなかったことは、「何者
が何の目的で、現場ビル2階焼肉店裏口(階段踊り場)においていたカゴに入
った使用済みおしぼりの間に入れたか解明できていない」にもかかわらず、
捜査を打ち切って、未解明の事実を放置していることからも明らかです。

 そもそも「草の根事務所や朝木明代議員自宅の捜索」などの申し入れなど、誰
に、いつ、どのような方法でしたというのでしょうか?それほどまで言い訳をするな
ら、捜索の「申入書」を、または「捜索令状」を交付したとでもいうのでしょうか?そ
の証拠でもあるというのでしょうか?

  あきれた第一、第二の「つくり話」です。
 捜査拒否が全くの「作り話」であることは、次の事実からもはっきりしています。

 「元副署長」らがなぜ、「草の根事務所や朝木明代議員自宅の捜索を申し入れ
たが、拒否され協力が得られなかった」などと、ありもしない全くの事実無根を言い
出したかというと、この「カギ束」と同様に、朝木明代議員の靴が発見されないまま
でいるからです。発見されない「理由」を、「元副署長」らは、荒唐無稽な愚かな「第
一の作り話」を公言しています。
 それは、朝木明代議員が靴をはかないで、はだしで歩いて現場ビルへ行ったか
ら、靴は自宅か事務所にあるが、捜索できないので発見できなかったかのような
口ぶりです。この「はだし」説(「第二の作り話」)も、真っ赤なうそで作り話である
のは、次の理由です。

 朝木明代議員遺族や矢野議員は、病院に搬送された朝木明代議員の救急救命
を担当した防衛医大病院担当医師に、事件後、朝木明代議員がストッキングをは
いていたか、足の裏がどうなっていたか、ストッキングは破れていたか、を詳細に
質問し確認しました。ところが、担当医師は「ストッキングは自分達が脱がせまし
た」と認めた上で、「それは、警察にも聞かれたんですけれど、そこまでは覚えてい
ないですね」とはっきりと語っていますし(録音あり)、このことは法廷でも間違いな
いと証言しています。

 つまり、東村山警察は朝木明代議員がはだしであるいたかどうかわからなかっ
たため、この担当医師から聞き出そうとしたのですが、残念ながら、ストッキングを
脱がせた医師らは朝木明代議員の足の裏が汚れていたかどうかは、覚えていな
かったのです。
 しかも、ストッキングを脱がせたという事実を覚えていた担当医師が特に記憶し
てないところをみると、顕著に「はだしで歩いた」などという痕跡があったと推定す
ることはできないと考えるのが常識的です。
 ところが、はだしで歩いたというような跡を示す根拠が足の裏にあったかどうか
わからないまま、「元副署長」らは「はだし」説をいまだに勝手につくり主張し続けて
いますし、靴が発見されていない理由をあたかも、朝木明代議員が自分で事件前
に脱いで穿いていなかったとでもいいたいのでしょうが、まったくの作り話でしかな
いことがはっきりしています。

 このことから明らかなように、捜索拒否の「第一の作り話」
は、第二の作り話=「はだし」説と連動する真っ赤なうそで作
り話なのです。

 殺害事件発生の9月1日の午後、矢野議員は、朝木明代議員に同行して都庁等
にいき事務所に戻り、午後7時前、事務所を出て、自治会長会議にいきました。そ
して、会議終了後、9時すぎに事務所に戻って、施錠されていたドアをあけて事務
所入りました。
 したがって、この日の経過を最もよく知る立場にありました。そして、矢野議員
が、東村山警察の捜査をする態度がみられないことから、地検支部に弁護士とと
もに強く捜査要請をしました。担当信田検事は「こういう事件が再発しないよう根を
絶つよう努力をします」と答えました。この結果、殺害事件発生から1ケ月も経過し
た10月に入って、ようやく東村山警察は矢野議員に「事情をお聞きしたい」と言っ
てきたのです。
 「元副署長」は、手前勝手に広報していた内容を、いざ法廷にでると「そんなこと
は言っていない」などと平然と広報内容を翻したのです。このため裁判所は、「潮
事件」判決でもはっきりと「副署長の供述は信用できない」と糾弾しました。裁判所
から、事実上ウソをついていると指摘、糾弾されたとおりです。矢野議員が地検支
部に督促するまで、捜査を指揮した「元副署長」をはじめとする東村山警察は、1
ケ月以上も放置しておきながら、後になって、責任を他になすりつけようと試みた
り、いくら言い訳をしようとしても、ムダというものです。

 「カギ束」の経過からすると、公表すれば「自殺」説強調の「元副署長」には都合
の悪い事実が、まだまだ出てきそうです。

警察犬が帰った後に朝木明代議員の鍵束が置かれた可能性
がある」(「元副署長」)「自殺説」を自ら全面的に否定!
▼「警察犬が帰った時刻の数時間も前(午前1時)に、すでに、朝木明代議員は死亡が確認さ
れており、所持した「カギ束」を殺害されていた朝木明代議員自身が「おしぼりの間に入れ
る」ことはありえません。
 殺害犯が朝木議員から「カギ束」を奪って、殺害し、「警察犬が帰った後に」人に見られ
ないように密かにカギ束を「使用済みのおしぼりの間にカギ束をいれた」のですが、誰が通
るかわからない現場ビル2階の焼肉店裏階段踊り場に、他人に見られないように、そのような
ことをするのは至難のワザです。、

副署長は、やはり知っていた!
▼地検支部担当検事は、「カギ習得関係者は「在日」なので、呼び出しても出頭しないた
め、事情聴取等捜査ができなかった」と矢野議員らに説明していました。が、元副署長はや
はり知っていたのです!焼肉店主は「在日」ですが、届け出たのは日本人女性M・I だから捜
査ができないはずはなかったのです。

副署長は、遺族に1週間以上も発見した事実さえ知らせず
に、一体どうやって、この「カギ束」が朝木明代議員の所持し
たものだと、わかったのでしょうか!?
 元副署長を含め東村山警察の誰も、朝木明代議員が所持して
いた「カギ束」がどういうものかは、みたことがあるはずもな
く、事件発生以前には全く知らなかったはずです。なぜ焼肉店
員Mの届け出たカギが、朝木明代議員のものとわかったのでし
ょう?「朝木議員からカギ束を奪い殺害した犯人」でもなけれ
ば、わかるはずがない話です。ぜひご説明いただかなくてはな
りません。「元副署長」は、いままで、一度も説明したことは
ないのです。

▼元副署長は、決定的事実を知りながら、なぜ、今まで一度も自分で公表しなかったのでし
ょうか ? 証拠事実の隠匿は明らかですが、その前に、現場ビル2階の焼肉店裏の「使用済み
のおしぼりの間にあったのが発見された「カギ束」が、遺族関係者の誰にも確認させること
もしないで、どうやって朝木明代議員の所持したカギ束だとわかったのでしょうか?実行犯
でもなければ、朝木明代議員の所持したカギ束だとはわからないこの事実!捜査の責任者の
「副署長」には、どうしても具体的に詳細を語ってもらう必要があります。
 
▼元副署長が事件の捜査を指揮した東村山警察は、朝木明代議の死亡が確認された直後に、防衛医大病院に検死に刑事らを派遣した。派遣されたのは朝木明代議員と面識のある刑事課係長刑事須田豊美で「元副署長」の腹心だった。                         
 が、須田は病院担当医師に「朝木さんであるということは、マスコミなんかの問い合わせがあっても黙っててくれ」(録音あり、法廷でも認める証言もある)と口止めをした。                  
 もちろん、須田はこの病院で死亡したのが朝木明代議員であることは知っていたが、遺族側にも全く知らせず,変死体の扱いで通そうとした。 しかし,変死体であればあるほど、身元確認は必死に警察がするものだと、病院側は証言している。                   
                   
 須田は、朝木明代議員が防衛医大病院で死亡した事実を遺族側が知ることを、少しでも遅らせようとしたのである。しかも、遺体を早く火葬にするよう、つまり最大の証拠を遺族側に見せないようにしていたのである。まだまだ、おかしな事実はある。                            


★やはり、殺害の最大の物証だった!!
▼「自殺説」を木っ端微塵にし、高裁7民判決も吹き飛ばし、 殺害事件を決定付けただけで
なく、実行犯に肉薄しうる重大事実の自白であることが、自白した「元副署長」本人も自覚
していなかったようですが、殺害事件の徹底究明を14年続けてきた遺族関係者は見逃すはず
はありません。そんなに甘くはないのです、14年たって、「カギ束」の「捜査はした」こと
を言いたいために、隠していた重大事実をポロリと公表してしましましたね。「万引き苦に
自殺」というシナリオ崩壊という捜査責任者としては命取りの重大自白となってしまいまし
た。朝木明代議員のせいにしてきたこれまでの捜査・広報の全体の洗い直しが、ついに必要
という事態となってしまいました。
▼「副署長」は、捜査責任者として詳細を全面自供し事実隠匿の責
任をとりなさい!
▼警察内部からの事件捜査関係者の告発を、強く呼びかけます。
        詳細アップロードはこちらから ⇒


戻る
戻る