市民が行政・議会・一部のネット族を監視するための辛口情報紙・東村山市民新聞

後藤組の動向

 
       後藤組組長が出家
                 (09/04/09 朝日 より)
  暴力団山口組傘下の有力組織だった後藤組(静岡県富士宮市)の後藤忠政(本名・忠正)元組長(66)が「出家する」として、8日、神奈川県内の寺でそのための儀式をしたことが警察当局のへの取材でわかった。
  元組長は暴力団との関係を断つとされているが、警察当局は警戒を続ける方針だ。
  後藤組は90年代初めに東京にも進出。「武闘派」としても知られ、92年には幹部らが、民事介入暴力を題材にした映画の監督をした故伊丹十三さんを襲い、重傷を負わせた。

   ★ 創価との関係
   
   ★ 「暗殺依頼密会ビデオ」関係
     ▼なぜ池田大作元代表の側近・藤井富雄・元都議は提訴しない!!?

      ◎ 月刊「現代」記事

      ◎ 「国会タイムス」記事

  ◎ 「野中広務 差別と権力」
      
      ◎ 月刊「フォーラム21」記事 記事2

    ▼ 創価本部が「フォーラム21」を提訴し、東京高裁で逆転敗訴、
   最高裁で確定した記事のすぐ後には「暗殺依頼密会ビデオ」
   の記事が掲載されていた。矢野議員はすぐあとの記事を提訴し
   ないでその前の「東村山の闇」に関する鼎談記事を提訴したのは、
   「事件関与を認めているようなもの。問題にできない理由があるの
   ではないか」と鼎談記事訴訟の中で強く批判したが、創価本部は、
   反論ひとつできなかった。そして最高裁で敗訴確定した(08.06.17)。
     問題の月刊「フォーラム21」記事   裁判資料(創価訴状)


戻る
戻る