9月定例市議会初日の珍事


  9月市議会初日、議会の議決をとらないで2000万円以上の買い入れ契約を8年前そして4年前に勝手に職員がやってしまった件が焦点となった。
 当然、地方自治法そして市条例違反で契約は無効だが、東村山市役所のひどさが新聞報道でも公表されてしまっている。

 詳報は後に譲るが、26名の市議のうちでただひとり、例の薄井「市議」だけは、済んでしまったことだから仕方ない、というような発言をした上で、「問題はサーバを購入したことで、リースにしなかったことだ。」と相当にズレた発言を繰り返す珍事をやらかした。
 おまけにブログにまで、このことを平気で公表しているのである。1年生にしても、ちょっと目に余る態度。淵の森で何とかお茶を濁してきたが、性風俗では市議がつとまらないことを、早くも自分で証明してしまった。

 問題は、契約が地方自治法・市条例に違反したと言う点にあることは普通の市議ならすぐわかるが、薄井「市議」には法律感覚があまりないらしい。しかも、自分はPCやネットのことは知っているといわんばかりに、市職員は知らなさすぎるという決め付けまで叫んでいた!


戻る
戻る