市民が行政・議会・一部のネット族を監視するための辛口情報紙・東村山市民新聞

薄井問題の中間総括集

   朝木議員の決意

 戦後、政治浄化、議員報酬お手盛り引き上げ反対と引き上げ分積立て、そして公娼制度廃止や売春防止法制定実現のために渾身の努力を続けた市川房枝さんの考えを受け継ぎ、母・朝木明代は活動を続けましたが、現職議員でありながら無念にも殺害されました。
  私も母の殺害事件の真相究明、犯人検挙のための活動と同時に、遺志を受け継ぎ、市川房枝さんの考えを否定し女性の地位向上の歴史の流れに逆行する女性の人権・尊厳否定のソープ(売春)等「性風俗(=有害業務)」を肯定する動きに対して断固斗うことを宣言するとともに、買春側の男性をも処罰対象とするスェーデン法と同様の規定を追加するよう売春防止法改正を強く求めます。(朝木直子)


★ これが「薄井発言」だ           



問題画像ついに削除!(6月26日確認)

追い詰められて焦った薄井擁護派が開設された
「東村山市民が薄井問題を考える掲示板」
の妨害を続けていて、中断していましたが、
下記の通知メールが市民の会管理者より届きましたので、
おしらせいたします。  
「薄井擁護派の人たちによる妨害のため一時中断していた掲示板は、あらためて『東村山市民が薄井問題を考えるフォーラム』(ブログ)の名称で、7月27日から再開いたします」
         → 『東村山市民が薄井問題を考えるフォーラム』のURL】         

★これらの市民有志の皆さんの動きは、 
  薄井さんが批判コメントを全部削除してきたことへの市民の率直な反応です。
また、佐藤「市議」の推薦人宇留嶋、千葉元副署長らが草の根・矢野、朝木
議員らに最近驚くほどの件数の訴訟を提訴している件につき照会がありまし
たので、近々ご報告いたします。


 特集3 「『職業』差別論」に破綻を宣告します!(総括)

「職業差別」論に対する矢野議員、朝木議員の公式見解
 薄井「市議」は公職候補になって以降一貫して売春である「ソープ」そして売春類似行為=特殊性風俗に言及し、宣伝してきました。薄井「市議」を擁護するあなた方の言う「職業」というのはソープ(売春)はもちろん公共の福祉に反する「特殊性風俗(有害業務)」をさしています。現行法は「何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。」(売防法第3条)と明確に定めているだけでなく、特殊性風俗全般を「有害業務」として否定しこれを宣伝すれば犯罪として処罰することを定めています(職安法63条2号)。                        従って、違法行為である「売春」そして「有害業務」の性風俗は、絶対に「職業」とは認められません。売春や性風俗を「職業」だといって「『職業』差別を許さない」などというのは、違法行為や犯罪を認めよというのと同じです。禁止、否定の対象を擁護することは許されません。                                              

★ 職業差別が許されないのは、その職業自体が違法ではないことが
最大の前提条件です。お分かりになりましたか。

 ▼ 請願審査した市議会政策総務委員会のお粗末
やはり公明党が主導!

1 薄井応援団=「セックスワーク派」の「主張」
 【薄井応援団の主張の核心】
3 薄井問題の経過と売春容認論
4 「薄井応援団」のいう『職業』とは
5 「『職業』差別論」の破綻(総括
6 ▼破綻に無自覚な「雀」あわれ!
7 賛同署名人の顔ぶれ!
8 創価主導!対薄井「辞職勧告請求請願」を審査なしで不採択!
9 ▼ 「東京経済大学教員」の破綻
10  「答えて薄井さん!」

特殊性風俗は「売春」を含まないという珍説をお持ちの方は、本質論、実態論の全面展開を!

脅迫記事・投稿の削除と謝罪を請求します。期限は1週間内です。
 「脅迫記事・投稿」に削除・謝罪請求
 「おはら汁」沈没!
 「おはら汁!信用失墜の巻」
 ↑ 
朝木明代議員殺害事件に首突っ込むらなら「暗殺依頼密会ビデオ」らい、きっちり調べてから!

トップへ
トップへ
戻る
戻る