「おはら汁」が矢野議員を脅迫した記事

「おはら汁」こと荒井に下記脅迫記事・脅迫投稿を1週間内に削除し
謝罪するよう請求する。

以下の記事、投稿は実在の人物=矢野議員にむけているが、
管理者の「おはら汁」こと荒井、前から警告していることを忘れぬよう。
↓こういうのを(黄色部分)、脅迫記事、脅迫投稿というのだ。
2007-07-24 18:50:35
「朝木直子議員、自らが出した申出書のヒアリングに応じず謎の牛歩戦術=逃げる気満々」(※この点が知的レベルの問題)             
テーマ:東村山市議:朝木直子・矢野穂積問題
「矢野っちが今の姿勢を改めず、今後も議員や一般人に対して恫喝や誹謗中傷を続けるのであれば、ネットで叩かれるだけでは済まなくなるよ。次のステージは現実社会って事になるよ?」
コメント                                        
[コメント記入欄を表示]                               
■無題                                        
感動した!                                     
puma 2007-07-24 19:41:19                            
[コメント記入欄を表示]                               
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                              
■無題                                        
諭してる(笑)                                     
次は謎の転落事故かな                             
キン 2007-07-24 19:50:21                            
[コメント記入欄を表示]                              
※ 脅迫投稿と詭弁のあのpumaがいる!ネットをうろうろする前に、子供だましでなく、もっとましな言い訳を公表したらどうかね。
※ (「おはら汁」こと荒井が大きな勘違いしているようなので、わかりやすく説明しておこう)                                  
 「おはら汁」は、ネタ元創価の使い古しにこだわりすぎたことを自覚し、少しは反省の色が見えてきたかにみえたが、やはり、知的レベルにかわりはなかったようだ。                                   はじめから、何のかかわりもない「おはら汁」が自分勝手に飛び込んできて、朝木明代議員殺害事件の東村山の事情を何もしらずに、ネタ元創価の使い古しや勘違いした趣旨不明を平気で書きなぐり、判決書すらよまず、何と、これを「警察・地検・最高裁」の「見解」などと、言い張っている。                                         
 本紙では、朝木議員殺害事件について、矢野議員の勝訴が確定した最新の確定判決(事件当時の捜査責任者・千葉東村山警察副署長が事件を「自殺」だときめつけて提訴した裁判)の判決書を公開し、すでに、創価信者らがさんざん宣伝した「自殺説」が破綻したことを公表しているので、字の読める読者の方々には、必死にオハラこと荒井が主張する「警察・地検・最高裁」の「見解」というものが見え透いた戯言にすぎないことは、説明の必要もない。                                 

  そして、突然、記事原文の書き換えまでし、ネタ元創価の使い古し情報だけに頼り、これを「警察・地検・最高裁」の「見解」などと叫んで、創価批判の象徴・朝木明代議員にまで悪態をついている子供じみたその行状は、いまや全国に知れ渡っている。                          
 メッキがすっかり剥げ落ちて、「おはら」の「アンチ創価」は口先だけだということがはっきりと定着し、全国的に信用はなくなったのである。(その体たらくで、いまさら、言い訳をすることもないだろうが)                                         
 何でそうなのか?は、ちっとも伝わってこないが、勝手に「ネットで俺は偉いんだ」などと、自慢していればいいものを。その程度の知的レベルで、バーチャルでなくリアルで通用するとでも思っているようにふるまっているから、こっけいとしかいいようがない。                                           
 はっきりと通告しておくが、当方は、薄井「市議」及び佐藤「市議」の問題を追及しているのであって、判決書の字もよめないようなその程度の「おはら汁」は、 無関係のお邪魔虫、ハナから相手ではない。         
 こそこそ逃げ隠れして、正々堂々と住所・氏名を公表する度胸もないくせに、したがって自分の発言に責任をもつ気など始めからないくせに、あれこれ大口叩いても何の痛痒もない。まるで子供だましのような類と、お遊びも、おつきあいもするヒマなどは、ないのだ。                                       
 だが、「おはら汁」こと荒井、バーチャルではなく、実在の公人に対して、脅迫記事・投稿までしてくるようでは、これを放置するわけにはいかない。 期限内に、上の脅迫記事と投稿を削除して、矢野議員に謝罪するよう、強く請求する。                                  
 そして、これ以上、恥の上塗りする前に、撤収を勧告する。すでに事はキミの力量を超えているのだ。                                                                            



戻る
戻る