市民が行政・議会・一部のネット族を監視するための辛口情報紙・東村山市民新聞

親創価・薄井「市議」特集

法律家・研究者の方々の応援により急展開!
照準は、はっきりと、違法行為、犯罪既遂の事実です。
追及は第2段階に!
 1 ソープ(本番=売春)は勿論、「特殊性風俗」は全部「有害業務」(確定判決)
 2 「有害業務」の宣伝(求人など)は職業安定法63条2号違反の犯罪(懲役刑)
判例としてすでに確立!
法が否定する「有害業務」を「職業」などと叫んだ
薄井氏及び薄井擁護派は、これで完全に破綻です。
それどころではありません。犯罪の疑いまで出てきたのです。

「セックスワーク派」かぶれ?!
実質売春肯定の首都大学東京教員・宮台真司、
ついに「SPA」で姿を現す!
★人権否定・女性の尊厳否定の「有害業務」=「性風俗」は徹底規制を!
逃げの一手でしたが「SPA」での発言も問題では!?

騒いで墓穴掘ってしまった人達でしたね。

追い詰められて焦った薄井擁護派が開設された
「東村山市民が薄井問題を考える掲示板」
の妨害を続けていて、中断していましたが、
下記の通知メールが市民の会管理者より届きましたので、
おしらせいたします。  
「薄井擁護派の人たちによる妨害のため一時中断していた掲示板は、あらためて『東村山市民が薄井問題を考えるフォーラム』(ブログ)の名称で、7月27日から再開いたします」
         → 『東村山市民が薄井問題を考えるフォーラム』のURL】         

★これらの市民有志の皆さんの動きは、 
  薄井さんが批判コメントを全部削除してきたことへの市民の率直な反応です。
また、佐藤「市議」の推薦人宇留嶋、「元副署長」らが草の根・矢野、朝木
議員らに最近驚くほどの件数の訴訟を提訴している件につき照会がありまし
たので、近々ご報告いたします。
◎ 毎日記事と「毎日」・記者への公開質問  法が否定する「有害業務」を実質擁護した伊藤記者!
人身売買=「セックスワーク(性風俗)」『職業』と強弁 売春・「有害業務」(特殊性風俗)容認の「セックスワーク」論

★ 出馬表明はいつ?
★ 選挙は会社ぐるみの「企画」
★ 驚き!娘を性風俗嬢(有害業務)に。

★7・2毎日「多摩版」、薄井発言「人妻はカラダを褒めろ」を紹介!
★7・12「週刊新潮」、「東村山市議『エロサイト出演』で『辞職・・・」と報道。

薄井問題の中間総括集
職業安定法 第5章 罰則


   
戻る
戻る