セクハラ支持ネットオタク(6)

マサさんへの誹謗中傷チラシ 2007-06-21 木 15:13:08 | URL | [編集]
 (薄井さんのブログより)
  青葉町市民さんが「変なチラシを見たけど」と心配しておられますが、顔写真まで載せて個人攻撃しているチラシを見て、このチラシを書いている側こそ異常だと気付いてほしいです。
 東村山市民が賢く判断して、より良い市議会運営ができますようにと祈っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いくら匿名で、といっても、「HN」くらいはつけて投稿するってもんじゃないですかね。
 おそらく、この投稿者も「チラシ」の「書いてある」中身を読まないで、「異常」だと、決め付けているんでしょうが、いくら薄井さんの超セクハラ行為を支持するからといっても、何を問題とされているのか、気にしないというのでは、もはや「カルト信者」!「異常」などという言葉は、他人に投げつければ自分に戻ってきます。どこが「異常」なのか、説明する責任が、投稿者にはあります。それと、この言葉が精神障がい者への差別発言にもあたることを、お考えになってないですね。

 が、匿名で、しかもHNもつけない方のようですし、気楽に「異常」発言をした説明責任を果たす真面目さをお持ちなのか疑問です。いかがですか、薄井さんのブログに、反論をぜひ投稿して下さい。
 あなたは、他人を批判するルールを知るべきです。批判をしたら、反論が出ます。それに対してはきちんと真面目に回答すべきです。あなたが支持している薄井さんは、この政治的言論に関する「ルール」を無視しているのです。ですから、薄井さんのブログは、「政治的言論」=「公的言論」のためのブログではない、つまり、歯の浮くような言葉で傷口を舐めあう「カルトチックサークルの非公開のお仲間掲示板」と同じ、と言われるのです。

>東村山市民が賢く判断して、
などと言う前に、ご自分の人権感覚やセクハラ肯定という前近代の発想を、振り返ってみる必要があるのではないのでしょうか。あなたの思考レベルとは無関係に、すくなくとも時代は、改正均等法や男女共同参画の社会へと進んでいるのです。いまや市条例も制定され、市民全体に対して義務が定められているのです。歯の浮くような言葉で傷口を舐めあうカルトチックサークル的発想ではなく、もう少し時代の流れにも、注意を払ってほしいものです。
 ちなみに、薄井さんに辞職勧告決議をするように求める請願が2件も市議会で審議されます。おまけに、薄井さんの所属する「政策総務委員会」で審査されるのです。
 他の市議に無駄な労力や時間を使わせるのではなく、また全国にこの問題が知られてしまう前に、自発的に薄井さんが辞職し、もとの「風俗レポーター」に戻ることによって、「より良い市議会運営ができる」前提くらいは整えることができるようにと祈っています。」
 
 こののんきなコメントをした投稿者以上に問題なのは、自分をよいしょする、こういうピンボケコメントは載せながら、自分への厳しい批判的コメントは全部削除している管理者薄井まさよしさんの、ご都合主義です。

 薄井さんは、超セクハラ言動を、「枝葉の問題」だ、とミクシィのブログで言い切っています。なぜ、市議にとって「枝葉の問題」なのか、ぜひお聞きしたいものですね。


戻る