佐藤・薄井『市議』が市議会の正副議長選挙・正副委員長選挙で誰に投票したかを公表できないわけ

 現在まで、佐藤・薄井「市議」ともに、5月23日の議会人事を決めた臨時議会で、正副議長選挙、正副委員長選挙で、かれらが、一体、誰に投票したのか、を一切公表していません。
 佐藤「市議」は、その後の「議案」審議では、会派別の賛否の態度まで、詳しくブログに載せているにもかかわらず、議会人事に関する自分の投票行動については、完全黙秘を続けています。
 ご承知のとおり、12月議会で住民投票条例案が、可否同数となった際、これを否決させたのは、議長の自民・丸山市議です。政策総務委員会で住民投票条例案を否決させたのは、公明・山川市議です。
 薄井・佐藤「市議」が、公表できないのには、情報公開できない「裏の事情」があるからです。支持者の方々は、二人の「市議」たちに、真相を語ってもらう権利と義務があるのでは?!
      ★ 薄井「市議」の事情は→こちら
 


戻る
戻る