速報!やっぱり、親創価・佐藤まさたかさんと市長の関係

3月4日までに指摘した内容は、下のとおりでした。
佐藤さんは、細渕市長とは対立関係にあった西口再開発の地権者から、市長が官製談合という犯罪行為を行っていると告発する内部文書を入手していましたが、ずっと公表せず握っていました。
 昨年末の12月議会の一般質問で、初めてこの文書に言及したのですが、市長が頼んでもないのに、次のような発言をしました。

「ぜひ精査をして、次の機会にお答えいただきたいと思います。後ほど資料を差し上げたいと思います」(昨年12月議会会議録88頁)

 この「資料」というのが、東久留米市の割烹「川松」で00年4月4日に、市長・助役・現収入役が三菱地所、東亜建設工業、寺島設計社長らと、東村山駅西口再開発事業の枠組みを決めたといわれる会合の内容や、その後の経過が、出席者の交換した名刺全部のコピーが添付されている文書です。
 この内部告発文書を作成し提供した側からすれば、佐藤さんが、当の告発されている細渕市長に、この文書を手渡す場面は、予想していたでしょうか?捜査機関等に提出するのならともかく、内部告発文書を、その文書で告発している人物に渡すというのは、市長を窮地から救うことを考えている側のすることではないでしょうか?
 だから、佐藤さんは、どちらを向いて動いているのか?という疑惑が深まるのです。


傍聴者のいた3月5日本会議の一般質問で、
西口再開発を取り上げたのに、一言もなし!
 佐藤まさたかさんは、3月5日の市議会本会議で、西口再開発問題を取り上げました。
 ご自分のブログでも、傍聴を呼びかけていたようですが、その割には、少なかったですね。その実体が市民のみなさんにも知られたせいもあるようです。
 問題は、質問の内容です。
 すでに、この頁でも事前に指摘しておきましたが、12月議会で、佐藤さんは自分が再開発組合の地権者から入手した細渕市長らを告発した「内部告発文書」について、
「ぜひ精査をして、次の機会にお答えいただきたいと思います。後ほど資料を差し上げたいと思います」(昨年12月議会会議録88頁)
と発言していますが、その後、12月議会の次に、2月27日から開催されたこの3月市議会では、何もこの件については、何も質問も追及もしていないのです。
 この「次の機会にお答えいただきたい」と言った後、2月27日には、10億200万円で再開発ビルの2階と3階を市が買い取る議案を市長が議会に提案した際も、やろうと思えばいくらでもできたのに、草の根・矢野議員はきっちり市長を追及していますが、この佐藤さんは全く触れませんでした。

 3月5日本会議でも一切言及せず!やっぱり

 2月27日のあとの「次の機会」は、3月5日の一般質問でした。
 佐藤さんが発言した西口再開発問題は、他の議員が質問した焼き直しだけで、この「内部告発文書」については全く一言も言及しませんでした。

 これでは、「官製談合」ではないかと疑惑を指摘されながら、大胆にも予定通り暴走する細渕市長と同様に、「佐藤さんはこの「内部告発文書」について何も発言しないんじゃないか」と事前に指摘されていながら予想通りに知らんふりしてたんでは、この市長と裏では関係があるんじゃないの?と思われますよね。 

 だって、与党の公明党側の人物とも深いつきあい(選挙の推薦人)ですし、12月議会では「後ほど資料を差し上げたいと思います」と議会で発言したあと、追及しなければ、まるで、極秘に入手した「内部告発文書」を、告発されている当の市長自身を救うために、渡したことになるからです。

 佐藤さんは、どうも西口再開発よりも、したかった質問は「保育園」のようです。

 すでに指摘しているように、粘着している「りんごっこ保育園」について、ろくに事実関係もしらないまま、さもこの保育園で「食中毒」事件があったかのように必死で誹謗しました。

 市長や、自公の議会多数派を相手取って提訴し、たたかって開園した「りんごっこ保育園」に対して、創価・公明と手を握り、いまだに、佐藤さんは、嫌がらせを続けていることが、またはっきりしました。
 佐藤さんの選挙の推薦人でもある「自称記者」が、佐藤さんの質問をもとに、また矢野・朝木議員を攻撃する記事にしようと、障がい者でもないのに、障がい者用傍聴席に陣取っていました。この佐藤さんは、保育園問題でも与党のお仲間なのです。
 
 が、市担当部長でさえ、食中毒ではないと明確に答弁したほか、ろくに当の保育園に確認をしないまま、「保育園児の半数(30人以上)が吐いた」との一保護者の出任せの話を鵜呑みにし、保健所に通報したおっちょこちょいの昭和病院小児科も、その後その保護者に「検査の結果、食中毒ではなかった」と伝えていて、この事実を市児童課も知っているのです。
 が、何も経過を知らないまま、親創価・佐藤さん、方向違いの「大ハッスル」の巻。ごくろうさまです。
 事情も知らず「りんごっこ保育園」に粘着して誹謗ばかりだと、この保護者の方のように、真相が露見して、もっとつらい立場になるのが、わからないんでしょうか。独りよがりだけでは、他人が迷惑することに。

 


トップへ
戻る