12                                                                   
  政教一致団体(創価公明など)を厳しく批判してきたオピニオン・リーダー
                          最終更新日 2015年1月5日
                                ご意見は  東村山市民新聞編集長へ(メール)   
           (※回答をご希望の方は住所氏名もご記入を)
 【 東村山市民新聞公式サイト 】 
          
  ★創価の政教一体を真正面から厳しく批判し斗う
           「東村山市民新聞」を人気サイトランキングへ(クリック!) 

       

 読者の皆様、ぜひこのHP掲載の政教一致団体(創価公明など)に関する情報をあらゆる方法で全国に伝え、この国の歪みを改革していきましょう!
 
  朝木明代議員謀殺事件の首謀者は許さない!
                                    
   トピックス2015

市内での教員歴を利用し出馬!
 またも『越境通勤市議』−石橋 博氏
   公選法違反!4年前にも大問題に。
        行政境のすぐ隣の町=東大和市清水に自宅(土地建物)を所 
      有し、妻子が現在も居住!

  4年前にも、日野市多摩平に妻子を住まわせて、自分は、東村山市内(野口町)の「無認可保育所」内に単身
住民票を移し、日野と東村山とを「越境通勤」していた市議が大問題になったが、結局、4年をすぎてから家族と
再同居し、当選無効にはならなかった。
 市議選に出馬するには、その市に、3ケ月以上継続して住み、生活をしていなければならない。2年半前の統一
地方選挙でも、埼玉・志木市議選でも女性候補が上位当選したが、住民票は志木市内に移してはいたものの、実
際に生活している(生活の本拠)とはいえないとされて、当選無効となったほか、いくつかの市で同様例があった。
 東村山市議会にも、「越境通勤市議」がいることで、2匹目のどじょうを狙ったようなものだが、自民・石橋博氏の
場合は、行政境の東大和市清水に自分の土地・建物を所有。すぐ隣の東村山市廻田町のアパートに単身で住む
理由はなく、夕方になると、東大和の自宅に帰るため、バスを待つ石橋氏の姿が目撃されている。
 すでに、これらの事実は議会関係者らや近隣住民には知られており。矢野、朝木議員らは、自民の肥沼議長」に
も善処を申し入れたが、肥沼議長らは、これを無視したため、矢野議員らは東村山市選管に、公選法第29条の2
に基づく調査と是正の手続きをとった。
 この問題の起きる以前に、裁判所から「越境通勤市議」とよばれても仕方がないという判決を言い渡されたが、
控訴もできず、第1審で敗訴が確定した「親公明」と見られている佐藤真和氏が、なんと現在も市議でい続けてい
ることが、自民・石橋氏のような例を、再び産み出したといえよう。
 昨年2月末からずっと、長期欠席を続けながら、全く釈明もしないまま、議員報酬やボーナスまで満額貰い続け
いている公明・小松賢市議とあわせ、渡部市長も与党は腐敗堕落しているといわれても仕方がない。

公明・小松 賢市議、10ケ月もの長期欠席!
  欠席届は出すようになったが、理由の釈明なし。 「辞職勧告決議」が出される事態に直面、慌てて12月議会に突然出席・・・・
 この間、継続して取り上げているが、公明党所属の小松賢市議は、昨年2月28日から10ケ月以上も長期欠席を続けている。
 が、報酬48万5千円は、毎月ちゃんと受け取っている。仕事をしないで、市議の月額報酬やボーナスまで受け取っていることに、支持者の創価
信者らからも、「信じられない」という声が上がっているが、他の議員らからの指摘をうけ、当の公明党は、ようやく議長に「欠席届」だけは出す
ようになったものの、どういう事情で10ケ月以上も欠席しながら、議員報酬は受け取っているのか、全く説明がない。
 すでに指摘しているが、かつて自民市議の伊藤順弘氏は、長期欠席の途中で議員を辞職し、給料は受け取ってはいない。
 民間では、このような長期欠席をして給料やボーナスまでも全額受け取るような「あつかましいまね」はできない。
 どうして、現在のような事態になっているのか、公人である小松賢市議について、公明党ははっきりと納税者市民に説明すべきだろう。間違っ
ても、小松市議の議員報酬の一部が、公明党に渡っているようなことは許されないはずだ。

2011.12.06 「佐藤まさたかブログ」から)
   矢野議員らに対するお詫びと記事の削除

  10時からの代表者会議が終わって控室に戻ってきました。
数日ぶりに愛読ブログ「3羽の雀の日記」を訪ねてみたら、こんな記事がアップされていました。

自分達の虚偽宣伝や情報操作は完全に棚上げして佐藤まさたか市議に「取消しと謝罪」を求める矢野穂積「市議」の厚顔無恥ぶり

 そうですか、知りませんでした。

で、知ってしまった以上はお答えするのが筋ですし、以前、気がつかずにいたら訴えられて未だに裁判を抱えさせられることになっていますので、
ここはきちんと書いておきましょう。
それにしても、矢野議員も毎日のように議会で会っているのですから、口で言ってくれればいいんですけれどね。私が答えないと見越して矢野さ
んは裁判の支度に入っているかもしれませんが、お手間をかけないためにもちゃんと答えます。

矢野議員から指摘されているのは、(福島第一原発の事故直後)私が今年3月20日にアップした記事(「いつ取消して謝罪するのか?」参照)
の後半についてのようです。

あの段階で市民の方からいただた電話と、それについての私なりのとらえ方を率直に書いたものでしたが、結果として、以後明らかになってきた
事態は現在でも深刻の一途をたどっています。

この件については、私の勇み足、判断ミスだったということになります。

まずもって、矢野議員、ならびに矢野議員らが主宰する多摩レイクサイドFMの名誉と信用を傷つける表現となっていたことを認め、お詫び申し上
げる次第です。

矢野議員は9月議会でも今議会でも原発・放射能問題についての溢れんばかりの知識と見解を披歴し続けておられますので、先見の明があった
ということでしょう。
私にはとてもあの段階では想像ができないことでした。

4月12日に読者の方からいただいた「オオカミ少年の寓話は、少年を非難するためのものではなく、どんなに信用できない人の話でも色眼鏡で見
ずに慎重に注意を払うべきことを諭していると考えるべきでしょう。政治にかかわる人ほど、そういう姿勢が必要だと思います。今回のような正確
さに欠ける攻撃をしかけたのでは、逆に佐藤さんの信用が疑われます。」というお声を肝に銘じ、合わせて当該の記事を削除させていただくことと
します。

矢野議員の「公開質問」の存在を教えてくださった3羽の雀さん、どうもありがとうございました。
 
________________________________________
【2011/12/06 12:48】 | 矢野・朝木市議に関する問題

  保育士研修で「徴兵制」賛美の資料
    東村山市私立保育園連絡協議会  −市長「特に問題はない」

 ○講師は「おはなしかご」の大竹麗子氏
 市内の私立認可保育園11園が加盟する「東村山市保育園連絡協議会」は市が補助金を出している公的団体だが、今年7月17日に市
内中央公民館ホールで、保育士研修会を都内江東区で「おはなしかご」という団体の大竹麗子代表を講師に行った。
 この「おはなしかご」というのは大竹代表が、各地の学校、幼稚園、保育園、児童館などににでかけて、物語を届けたり子供達には、手
あそび、手袋人形、パネルシアターなども物語と一緒に行っている。
  7月17日の保育士研修会には、公立保育園の保育士らも参加、合計約参百名ほどが出席した。
 が、この研修会では、講師がメモをとることを禁じたほか、出席者全員に「資料」を配布。この資料の中に「心が芯から温まる話」の「第
一話」として「流してもいい話」という題で次のような話が掲載されていた。
「僕が小さい頃は男の子はみんな『大きくなったら兵隊さんになるんだよ』といわれて育った時代でした。ですから転んで泣いたり、ケンカ
をして泣いて帰ってきたりすると『男の子は泣くものではない』と叱られました。明治生まれのおばあちゃんは特に厳しかったものです。」
と「徴兵制」を賛美、この話を聞いた男の子が感動して涙を流すという「話」を、何の批判もなく紹介し、これが「涙を流してもいい話」であ
るかのような内容となっている。

 ○参加した保育士から強い批判も
 一方、参加した保育士から、矢野議員に「昔の親も、死んでしまうかもしれない兵隊にするために子供を育てているのではない、と思う
人も沢山いたと思いますこの話は子供によみきかせるような決していい話ではないと思います」との意見が寄せられた。
 矢野議員は、9月議会の一般質問で資料にある「徴兵制」賛美の話が保育士研修に適切か?と厳しく市長を質した。

 ○大政翼賛会のような議員も
 が、市長は「特に問題ない」と繰り返したほか、公明や例の佐藤市議が矢野議員の発言をヤジで「もうやめろ!」とワァワア妨害、彼ら
の本音がまぁーるみえになった。
続いて、矢野議員が、今年2月、自衛隊入隊予定者5名を、渡部市長ら市幹部が激励会を行った件に関して、質したところ、渡部市長は
当然であるかのように答え、「徴兵制」賛美の保育士研修会に問題ないとした「確信犯」ぶりを披露した。また、矢野議員が、憲法を否定
し「集団的自衛権」を閣議決定した安倍晋三首相ですら、「徴兵制」は否定している。

 ○憲法を知らない市長!
 事実を指摘し、現行憲法と「徴兵制」について関係を質したが、現行憲法が、18条(苦役の禁止)を定め、徴兵制を否定していることすら
市長は全く知らず、ろくに答弁もできなかった。戦前の「大政翼賛会」なみの意識で、こんな市長は続けさせるわけにはいかない。

  草の根の斗い    無所属政権交代派  ◎特権
   廃止
  地方議員年金も、
  ついに廃止実現
 政務調査費廃止  議員ボーナス2割上乗せ、 
   ついに廃止実現!
 
  公費による視察廃止
   訴 訟 結 果        「エロキャスター薄井」判決    越境通勤市議訴訟判決(第1審判決確定)  保育園名誉毀損裁判判決
   ★ ストップ!ザ『政教一致』全国市民ネットワーク(準備中)   暴力団と癒着した事実が判明した宗教法人創価を解散させる斗い
「東村山オンブズマン」   東村山 9条2項の会    「原発いらないネット東村山」   選挙結果
 【 事件の概要 
       
 


















暴漢が朝木直子議員宅を襲う事件が発生!これで95年の朝木明代議員事件の真相が判明

 
謀殺関係緊急告知


  朝木明代議員事件究明関係
  決定的事実がついに判明
★東村山警察の元副署長(事件発生当時、捜査・広報の責任者)が、14年間も公表しなかったにもかかわらず、自分で口を開き、事件から14年後、ついに、こともあろうに「自殺説」を自ら全面的に否定したのだ!
 「元副署長」は、「何者が何の目的で置いたか解明できていないが、警察犬が帰った後に朝木明代議員の鍵束が置かれた可能性がある」(元副署長本人作成の準備書面―※証拠資料を参照)と元副署長本人が裁判所に対して証言したのである。
 唯一最大の殺害犯に直結する物証(鍵束)を、元副署長はわずか1週間で遺族に返している!それも、単なる「遺失物」扱いである。そして、またもや指紋も採取していないのだ。捜査をする意思のな かった何よりの証拠だ。
 この最大の「物証」は、現場ビル2階焼肉店の従業員が拾得したことになっており、重要人物の「店主」に出頭をかけても「在日なので、出頭拒否をしたため、事情聴取ができなかった」といういい逃れをしている。しかも、何とこの焼肉店主は「現場ビル」に住んでいたのである!
  そしてこの選挙区に公明候補の出馬した総選挙公示直後に「店主」は「心不全」で死んでいる。ビル所有者に焼肉店内の造作の買取まで要求し、閉店後も長期間明渡しを拒否していたほど、金に困っていた。
 本人自身が「何者が何の目的で置いたか解明できていない」ことを認めていながら、なぜ「元副署長」は、捜査をせず、放置したのか!?
  この「在日」の氏名(本名、日本名)も判明してるのだ!「元副署長」よ、もういくらあがいて蓋をしようとしても無理なのだ。 事件当時の捜査を指揮した者として、「何者が何の目的で置いたか解明できていない」事実を認めた以上、なぜ、自分が、捜査をせず、放置したのか!?説明する義務があるのだ。
「現場ビルのエレベーターは、5階でとまっていた」!
 この事実を、腹心の須田豊美刑事(盗犯二係長)が認めていた!
朝木明代議員の所持していたカギ束が「現場ビル2階焼肉店裏口(階段踊り場)においていたカゴに入った『使用済みおしぼり』の間に入れられていた」(元副署長本人作成の準備書面)事実とあわせ、殺害がどのように実行されたかを雄弁に物語っているのだ。
 「元副署長」よ、もはや事件は蓋ができない事態に立ち至って るのだ。
     
 元・池田大作関係者が、脳梗塞2ケ所、嚥下 障
害等で、痩せ衰えている状況を公表!

    告    知!

    後藤組・後藤忠正元組長 著 
    「憚りながら」(宝島社)

 この「創価・暴力団癒着」告白本は売れてい
 る!
  後藤忠正元組長は、5人のうち、朝木明代
 議 員だけが死亡してい る「暗殺依頼密会ビ
 デオ」 の存在に言及した。
 公益法人(宗教法人)
の「創価」及び政党助成
金交付対象「公明」は、
反社会団体・暴力団との
癒着について、説明責任
を免れ得ない。速やかに
実行を。暴排条例施行で
捜査当局も、まさか看過
放置はできまい。捜査
     ↓
 創価公明こそ、レッドカードだ!


                                         Counter



          告!
 本紙・発行人矢野ほづみ・朝木直子編集長はこれま
で「ツイッター」はやっておりません。なりすました
ニセモノがいますので、御注意下さい。

 緊 急 告 知! 


 ▼ 柳原滋雄(創価信者)、最高裁で名誉毀損記事が敗訴確定。 
   朝木明代議員殺害事件、矢野議員勝訴(損害賠償も)確定!
                             (2013年11月6日)

  地裁、高裁、最高裁と、連続敗訴を続けながら、最高裁で敗訴確定後も
  未だに低レベルの単なる強がりを叫ぶ創価信者の「哀れ」。
   (2013年11月17日柳原HPより)

  「●東村山市議が突然訴えてきた裁判
     提訴 2009年11月 
     内容 名誉毀損
     原告 矢野穂積  被告 柳原滋雄
概略 東村山市議という「公職」の身にありながら、市民の税金で得た歳費を使
って、市民らを多くの訴訟で威迫してきたことで知られる矢野穂積という人物
が、当サイト の記述について、名誉棄損で訴えてきた裁判。東京高裁で20万
円の損害賠償が命じられたものの、裁判所が証拠を取り違えて下した誤認判
決であることが明らかになったため、現在、最高裁判所に上告中です。」
 

     総力リポート     2013年 06月
  東村山市議会議長選」特集


   その差別意識を無自覚に「丸出し」!  「変!議」の佐藤の本性、見たり。
 
   「変!議」の佐藤は、3月1日の一般質問で、「経済的困窮と学力との相関について実態把握
   は進められているか」と発言した。
    あたかも、「経済的困窮者」の子弟は「学力」が低い、といわんばかりだ。どこかの学者が言い出した「貧困の連鎖」
   を断ち切るため、先ず行政に、実態調査を要求したいようである。
    しかし、「経済的困窮者」とか「低い学力」というものが、第1級の個人情報であって、行政が、気楽に実態調査するこ
   となど許されていいはずは絶対にない。「経済的困窮者」の子弟は「学力」が低いとは限らないし、「学力」をつけようと
   本人が自覚する前に、他人が手出しをすることは余計なお節介だ。答弁にたった教育委員会が、個人情報なので、と
   やんわり答弁拒否したのは正解で、なんでも、行政に要求するのは、「個人情報」保護以前の上から目線の差別意識
   丸出しで、本性むき出し、だ。(2013・3)
  
   またも、自分で正体を曝け出した「変!議」の佐藤

    2013年1月29日、東村山市議会全員協議会が開かれた。自治法改正等に伴い、会議規則や委員会条例
    政務調査費条例などの改正に関する協議が目的だが、この全協では、「珍風景」を見ることができた。
    政務調査費条例の改正というのは、政務調査費を政務活動費に名称を変えて、政務調査だけでなくもっと
    広範囲に好き勝手に公金を使えるようにしようというのが法改正をさせた狙いである。

    東村山市議会では、矢野・朝木議員は当選以来、一度も一円も「政務調査費」をうけとったことがなく、
   これ以上、自由に報酬以外の公金を費消できる改正はこの市議会では認められなかった。「珍風景」は、
   矢野・朝木両議員を除く全市議が、月額1万2500円を受け取る政務調査費の改正について、「パブリック
   コメント」を行い市民の意見を確認すべきだとの提案を、草の根・矢野議員が行ったときのことだ。
    口では「議会改革」などといっている「変!議会」の佐藤まさたか市議だが、何を焦ったか、「パブ・コメ
   で、政調費改正などを市民に知らせる必要はない。2月15日には3月議会の告示があるし、市民から意見が
   出ても、取り上げる方法と時間がない」などと、知らしむべからずの一点ばり。「方法や時間は工夫して作れ
  ばいいだけの話で、やろうと思えば何とでもなる。要は、納税者市民に、改正前にこのことを知らせておくか
   どうか、なのだ。おまけに、他の議員も同じだと思い込み、佐藤市議は「みんな意見をいうべきだ。言えば、
   パブコメをやる必要がないことがわかる」などと、必死に叫んだ。
    が、「市民にしらせる必要がない」と叫んだのは、佐藤市議だけ。ここまでの大きな勘違いというのも最近
   みたことがない、まさに「珍事」だ。「市民に『政調費条例改正』は何らかの形で知らせるべきだ」という意
   見が大勢をしめたのだ。ついに、焦ったご当人、「政調費改正などを市民に知らせる必要はない」との最初の
   主張を変えざるをえない羽目に。
    それにしても、名前だけの自称「議会改革」派、聞いて呆れる話ではある。
   


  2012年総選挙 比例区得票数
 今回2012年 得票数
 自   民   民  主   維  新   公 明  みんな  未来  共産   社民
 1662万    962万  1226万   711万  524万  342万  368万  142万
    ↑     ↑    ↑    ↑
  ↑   ↑
 1881万   2984万    ―   805万    ―    ―  494万  306万
(前回 2009年)
  菅直人が代表になった直後に、公約違反の自民の消費税10%にとびついて参院選で大負けして参院をねじれさせても、責任をとらなかった。その後「天誅」に等しい大震災と原発メルトダウン大事故をろくに処理できず、その後登場した「松下政経塾」派=野田一派は、これを教訓とすることができず、小沢一郎らの公約死守の決死の離党にもかかわらず、またしても公約違反の消費税増税を何と自民公明と組んでやらかした結果の大敗北だ。予想通りの惨敗だが、まだ民主党内には惨敗の原因すらわからないオバカが多い。解党するしかない事態だ。
 日本未来の党が 、9議席を確保、特に青木愛(東京12区)が比例復活したことは喜ばしい。カルトを一掃していく上でも、貴重な1議席だ。再起をめざす小沢一郎の最初の一歩としては、まずまずだ。野田派が総崩れとなったことは、あえて自爆路線を選び公約に殉じた小沢らの選択の的確さが証明された。マスコミの妨害を撥ね退け、まず今日から、自民公明への批判派(脱原発・反消費税)の再建、再編を目指そう。(2012.12.17)

小沢新党の斗いを断固支持!
 反増税・脱原発の貫徹を! 「国民の生活が第一」の旗を握り、脱党したのは大正解だ。
 総選挙で「増税・原発再稼動の『大政翼賛一味』(自・公・野田派)」にとどめを!
(東村山市民新聞)
 


  
  ついに、自分で正体を曝け出した「変!議」2人組 (佐藤・大塚)
   佐藤はいまさらでもないが、親創価市長にべったり=生活者ネットの大塚恵美子は、
   支持者の批判にどう答える?市民も驚き!みんなの党・赤羽も親創価市長にべったり。
blo9月市議会最終日(10月3日)、草の根・矢野、民主・奥谷、共産・保延議員ら野党系は議員発議の「ビン缶・不燃ごみ処理方法に関する住民投票条例案を提出した。
  ⇒http://blog.goo.ne.jp/arigatou-okutani/e/19b1b8d4d00a9c80123a21144a3881150
 提案したのは、
@対案を明示して住民投票をしようと条例案を議員発議した「鳥取市議会方式」を、市長が検討に値すると本年8月の臨時議会で発言したこと、
A秋水園内(ごみ処理施設)には、粗大ごみ処理棟が現在もぺットボトルの処理等に使用され、エアコンの効いた職員の休憩設備も整っていて
B担当の資源循環部は昨年10月に近隣住民代表らに対して、リサイクルセンター(RC)工事期間中は、この粗大ごみ処理棟でビンの処理作業を行うと説明しており、
C9月25日の決算特別委員会では、担当部長が、リサイクルセンター工事期間中はこの粗大ごみ処理棟を「大きな手直しなしに使用できる」と明言している事実があることから、
 当面、ペットボトルは外部委託し、殆ど費用をかけることなしに、ビン缶・不燃ごみの処理は、この粗大ごみ処理棟等を使用して処理することが市側の9月決算委員会までの説明で判明したためだ。

 この粗大ごみ処理棟を活用すれば、12億6千万円も血税を使わないでも、ビン缶・不燃ごみの処理が可能であることから、(1)12億6千万円でリサイクルセンターを新築する、に対する対案として、(2)リサイクルセンターを新築しないで、粗大ごみ処理棟等を活用してビン缶・不燃ごみの処理する、のどちらかを選択する住民投票を実施して、鳥取と同様、有権者市民に決定してもらおう、という考えから議員提案したのだ。

 ところが、昨年の市長選挙で公明と取引したのではないかと指摘され続けている渡部尚市長、取引の実行を迫る公明党、衆議院選挙で公明票がどうしてもほしい自民支部、そして公明市議の息子でいまや市役所を牛耳る「諸田・経営政策部長」は、必死で住民投票条例案潰しに走った。市民の血税を節約しようという考えなど彼等には毛頭なく、何が何でも12億6千万円のRCを新築することに狂奔した。

 例の創価系佐藤も、「野党系」または「市民派系」のポーズで市民の目をごまかしながら、議長室に出入りをくりかえして、議長(自民)、副議長(公明)と謀議を繰り返し、1年生で右も左もみえず、一般質問は「消防団」のことばかりのみんなの党・赤羽を巻き込んで、住民投票条例案潰しの露払いを努めた。「みんなの党」の赤羽は、党是の行財政改革や公務員改革の旗を金繰り捨てて、金魚のウンコよろしく、親創価市長に付き従った。

 もうひとり、言い訳のつかない、また取り返しのつかない愚挙をしでかしたのが、生活者ネットの大塚恵美子だ。なぜか、創価べったりの佐藤と2人でいまだに会派を組み、これまた創価べったりの渡部市長の12億5千万円のRC新築に結局賛成してしまったからだ。
 大塚は、3月議会最終日のRC予算12億6千万円削除の予算修正案には賛成したものの、市民の会が進めた「住民投票」条例制定を求める直接請求の署名運動には多くの支持者が賛同したにもかかわらず、大塚は署名すらせず協力も一切しなかった。このときは、支持者らから「?!」の声が数多く聞かれたが、今回、ついに創価べったりの佐藤とともに住民投票条例に反対してしまったのだ。この大塚の態度は、いいわけのしようがないほど、はっきりと、創価べったりの渡部市長の12億5千万円のRC新築に賛成であることを証明した。納税者市民の利益よりも、創価系市長の利益のお先棒をかつぐ「生活者ネット」市議の実体と限界が市民全体にま〜るみえになってしまった。0a9
c
 住民投票条例は否決となったが、5億で建設可能といわれる12億6千万円の問題のRC、入札・契約等の難題が待ち受ける。はたして創価べったりの渡部市長、枕を高くして寝られる日はくるか?!1144a388115


  東村山市長、自分で「2億円のワイロ」に言及!(6/14委員会)
親公明市長の「びん缶等選別工場」建設強行問題
「入札、契約の前月だったが、コストも不明!」 委員会を傍聴もしていないのに、知ったかぶりして、コスト等この問題を云々している者がいる。
 有権者の50分の1の2倍をはるかに超える6136名の署名があった直接請求運動が始まる前は、「7月には入札をしたい」と市長は言っていた。ところが、その前月の6月委員会までに、環境建設委員らが、市長が出してきた「性能発注仕様書」記載事項ごとに、ランニングコストを詳細に質したが、市長部長らは「わからない」を連発!具体的数字がバレるのが怖いようだ。
 が、民間事業者の話では、市長がこれまで叫んでいる「『年間維持コスト』は4〜5000万円程度」という数字を見て、「これは月額の間違いではないですか」と述べている。直営工場建設が、外部委託より、イニシャル、ランニングともコストが桁違いの巨額になることは、市長が「性能発注仕様書」に基づくランニングコストの数字を隠して公表しない態度にこそ表現されている。創価など市長支持派は、市長に具体的数字を隠さず公表するよう言ってみてはどうか。 (7月8日)
▼ 環境省所管は、耐用年数は、工場建屋が30年、設備は7年としているが、建設強行の構えの市長側は「工場建屋の耐用年数は50〜60年」などとおもいつき答弁(1月31日建設環境委)
▼ 外部委託の方が、工場建設直営方式より、年間コストが高いという市長の常識超え「浮世」ばなれした「横車」!民間が5億以下で建設できるびん缶等選別工場を12億もかけてつくるほうが安上がりだと!?

地検特捜・メディア・米政府・民主党対米従属派による小沢潰し大謀略が「4・26判決」
「11月19日判決」で遂に破綻した!水谷建設の「み」も雲散霧消し、マスコミの誰も何
も言わないで、口をつぐんでいる。きちんと謝罪せよ。
 
《「政権交代」完遂のため、松下政経塾関係者(ウ  ルトラ保守)らを追撃し、小沢政権の樹立を》 

 ついに、その日はやってきた。岡田、仙石、前原等、小沢氏を封じ込めた戦犯らは即刻辞任し、小沢氏に大政奉還するとともに、政権交代潰しに燃える官僚の手のひらで、野田らは自ら「増税裸踊り」を踊って、墓穴を掘った「生き恥」をこれ以上天下に晒す愚はやめよ!「ぼくやめたくない安倍症候群」発症などといわれる前に。当然の帰結、無党派支持者らはあきれかえっている。(2012年4月26日)
 保護領扱いを続ける米政府に対して、普天間、消費税、TPP問題で対米対等原則の断固確立を。BSEの米牛肉、輸入規制緩和そして原発を阻止しなくてはならない。

 冗談じゃない!消費税増税。とことん減らせ!公務員。脱原発を!

詳細は、月刊誌「FORUM 21」参照。
 ▼ 柳原滋雄(創価信者)、名誉毀損記事でまた敗訴判決。 
    東京高裁で、矢野議員また勝訴!(11月17日)
詳細は、月刊誌「FORUM 21」参照。
 ▼ 創価本部、名誉毀損記事(創価新報)でまた敗訴判決。 
  東京高裁で、ジャーナリスト乙骨氏、勝訴確定!(11月30日)
      

  原発爆発メルトダウン事故で矢野議員とFMを攻撃した名誉毀損記事
 いつ取消しと謝罪をするのか?(公開質問)
  佐藤市議、ついに、謝罪文掲載し、記事削除!   (2011.12.06)

▼「三羽の雀」の掲載記事が名誉毀損だと断定し、発信者情報開示を 命令する判決(「三羽の雀」実質敗訴判決「鰍ヘてな」が控訴せず)が確定!
2010年7月14日確定
▽ 裁判所が認定した名誉毀損記事掲載
  逃げ隠れしている「荒井禎雄」・「三羽の雀」に通告する! 
プロバイダーに手間をかけるまでもなく、逃げ隠れしないで、
ただちに、住所・氏名を正々堂々と明らかにしなさい。(いつも
大口叩いてながら、自分で開示しないのは、名誉毀損訴訟で敗訴、賠償支払い
が怖い、ということ!)「三羽の雀」実質敗訴確定判決書

「変わろう!議会」の佐藤まさたか市議(自称「議会改革のトップランナー」!)、質問時間制限に賛成、野党の口封じ=与党の面目躍如です。(2011・9月議会) 
「越境通勤市議」訴訟で、佐藤まさたか市議(保守系現市長の与党)が1審で、敗訴が確定していた!
 佐藤市議が、自分のことを「越境通勤市議」「公選法違反の疑いがある」と記述した東村山市民新聞等が名誉毀損に当たるとして、矢野、朝木両議員等を提訴していた裁判で、1月24日、東京地裁立川支部は、名誉毀損(不法行為)は成立しないとして、佐藤市議の請求を棄却、佐藤市議敗訴の判決を言い渡した。
 その後、佐藤市議は、控訴の手続きをとらず、敗訴が2月8日に確定していたことがわかった!ここでも、矢野・朝木議員の勝訴が確定。 

 柳原滋雄(創価信者)、名誉毀損記事で敗訴判決。
     「30万円を矢野議員に支払え」
    東京地裁で矢野議員また勝訴!(4月25日)

   高裁判決は、薄井市議の薬事法違反等の疑いについては認めなかったものの、薄井市議は、市 議会議員だから、任期後も、出演した「アダルト動画」が公開されている以上、「エロライター」「性風俗マニア」等と批評されても仕方がないとし、市民新聞の記事は名誉毀損でないと判決した。 薄井 薄井市議の請求を棄却した。
  前回の東村山市議選で当選した薄井市議が、市議の任期開始後も、インターネット上で、実名や 顔、上半身を露出して、ソープやヘルスなどの特殊性風俗を紹介するアダルト動画に出演し超セクハラ 言動を繰リ返したことを、市民新聞が「まるでエロライター、市議としての適格性がない」と厳し く批判したことを、薄井市議は「名誉毀損だ」として提訴した裁判で、地裁に続き、東京高裁は、3 月16日、この裁判の根幹である「まるでエロライター」等の記事は名誉毀損にはあたらないとして
  東京高裁でまた敗訴!
  「エロライター」裁判で、薄井前市議(保守系現市長の与党)


  2011年4月24日執行東村山市議選結果
  薄井落選、佐藤ブービー!(東村山市民の良識で)
   草の根は前回より31票増、公明は前回より126票減。

  朝木直子 トップ当選(3092票) 
  矢野穂積 第16位 (1981票)
  民主 現職1名当選 (1581票) 民主新人3名全員落選(計2989票)
  共産 4名当選    (7179票)
  公明 6名当選    (12277票(前回12403))
  自民 7名当選    (8名立候補 計16607)
  ネット 1名当選    (2459票)
  みんな1名当選    (1748票)
  石橋 10位当選   (2161票)
  佐藤 24位当選   (1517票)
  島崎 25位当選   (1421票 最下位)
  薄井 次点・落選  (1384票)

  ▼ 市長選挙 渡部(31333票) 小松(15743票) 折笠(11576票)

 面的に「輪番停電」しようとしても、有機的に連結している首都圏は面的に分離できるような事情にないから、強行すれば首都圏の経済・社会活動が大混乱することぐらいは中学生でもわかる話だが、思いつき無知蒙昧「モウアカン内閣」は強行した。
 ベトナムに、「モウアカン内閣」ぐるみで「原発」を売りつけるほどの史上最悪の「無原則無節操一味」には、すでに「原発暴発」の天誅がくだっているにもかかわらず、消費税増税式に、零細庶民に「輪番停電」を強制しようとしている。停電するなら、大口利用者=大工場からピンポイントで、実行せよ!

 朝木明代議員関係事件を担当した創価信者(高裁認定)の検事信田昌男が、
 「さいたま地検次席」に異動した!

 委員会メンバーの恣意的入れ替えなど。菅一派の小細工は、早晩自分達の頭を直撃するブーメランになる。小沢排除の対米追随のマスコミ幹部、官僚のロボット化した菅一派は、いずれそのツケを払うことになるだろう。(11年1月22日)
▼ 民主党現政権の消費税増税を断固糾弾する。

 権力亡者は、タチガレの与謝野氏を増税担当にする意向だ。
 参院選で有権者多数から惨敗の洗礼を受けたにもかかわらず、まだ懲りない。10%の自民党に抱きついたものの、党内からも強烈批判を受け、「低所得者は還付対象にする」などと慌ててて修正しようとしたが、厚労省の平成21年の国民生活基礎調査によると、年収400万円未満世帯の割合はほぼ半数の46.6%に当たる。財務省幹部は400万円で線引きして全額還付した場合『消費税収の3〜4割程度が失われる』との見通しを示した』(10.7.2産経)とあるように、消費税を低所得者には還付すると、そもそも消費税導入の意味がなくなるほど、消費税はそもそも低所得者層を狙った大衆課税なのだ。
 何も知らなかったにしても、参院選惨敗時に、思い知ったはずだが、低所得者をきり捨て、金持ち・大企業には減税、草の根庶民から取り立てるというのだ。逆進性どこが悪い!担税力がなくても取り立てる!悪代官政権に、菅直人は豹変したということだ。もう限界を踏み越え最悪の段階にはまりこんでしまった。
 有権者は政権交代選挙では、こういう増税政権を支持したのではない。タチガレ与謝野氏をとりこんで消費増税をもくろみ、なりふりかまわず迷走続けるこの菅政権は自民以下だ。打倒!菅直人権力亡者政権、増税するなら、先ず総選挙で民意を問え!(11.1.13)
▼ 民主党現政権の「子ども子育て新システム」を強く批判する!
 内閣府主導「子ども子育て新システム」の「幼保一体化論」は、幼児教育・保育の現場を破壊するものであり、到底容認できない。「新しい」どころか、旧政権時代よりも、現場を無視するものである。保育・幼児教育破壊の「新システム」論はただちに撤回せよ。
 保育現場を知らない民主党と「関係者」の一部が推進する、「子ども子育て新システム」の幼保一体化論は幼児教育そして保育現場を破壊するものだ。第一、幼稚園教諭に3歳未満児の保育をどういうふうにやらせるつもりか。そればかりか、障害者権利条約の趣旨及びインクルーシブ教育の流れに反して、教員の指導力を棚に上げ、科学的根拠もないまま「脳機能障害」=「発達障害」のレッテルを貼って、こどもたちを選別・差別し教室から排除しようとしてきたことを改めようとせず、原因を考えることなく、安易にも対処療法的に今度は1コマの授業時間を15〜20分の細切れにしようとするなどと、民主党に取り入り「専門家」?!ぶる「白梅学園」関係者らが先頭に立って旗振り役を務めていて、すでにいきつくところまできてしまった。こういった保育現場を知らない生半可な荒唐無稽な説をばら撒く輩には徹底批判を加える必要がある。

「創価御用ライター」といわれても仕方がない旨認定された人物(宇留島瑞郎)らが、敗訴賠償金を支払う! 
▼ 最高裁が、高裁判決から、わずか4ケ月で、「創価御用ライター」といわれて も仕方がない旨認定された人物(宇留島瑞郎)の上告を棄却!  敗訴確定で、  またまた賠償金支払いが確定。(2010年10月26日)
▼ 裁判所で「創価御用ライター」といわれても仕方がない旨認定された人物、賠 償金支払いへ。またも、東京高裁で逆転敗訴!草の根・矢野、朝木議員が勝訴!
      (2010年6月17日) 


      「10月2日朝木明代議員追悼の集い」
   に多数御参加いただき有難うございました。 
  ※「追悼の集い」会場内で諜報活動をしていた創価系の者を摘発しました。
     25億円リサイクルセンター疑惑


無節操、無原則、政治哲学のなさをさらけ出した「市民派」の仮面をかぶった権力亡者=菅直人政権は、逆進性の消費税を増税し、担税力のない草の根庶民から、税を搾り取ることを、「政治生命」かけてやるそうだ。冗談じゃない!政権から、とっととおりることだ。(1.11) 
 市川房枝さんの指摘は当たっていた。毎晩、高級料亭等で宴会三昧、「たちがれ日本」と連立工作するなど無節操、無思想、政治哲学のなさをさらけ出した「市民派」の仮面をかぶった権力亡者=菅直人は、これ以上の醜態をさらけ出す前に、小沢氏に一刻も早く大政奉還せよ。庶民を知らない自民・麻生太郎とどこがちがう!(12.30)
 政権交代を実現させた民主党を、破壊・解体する菅・仙石・前原
 グループに徹底批判を!(12.22)
 対米対等外交の実現は、小沢前幹事長でなければやれない。公判で
 「あやしいあやしい」だけが理由の強制起訴を徹底的に粉砕し、
 日本の将来の展望を、小沢政権樹立で開け!
     《なぜ、挙党一致の「鳩山提案」を拒否したのか?》
        2010年8月25日に、全ては決まった!   

      《「政権交代」完遂のため即刻辞任を》 

 自民大敗44議席の橋龍辞任以上の大惨敗、首相、官房長官、党幹事長、政調会長ら執行部は速やかに責任をとり、総退陣を。小沢前幹事長を「大衆迎合」などと叫んだ幹事長そしてこの首相のために、犠牲者多数をだした責任は取り返しがつかない。即刻、小沢氏に大政奉還するとともに、民主潰しに燃える官僚の手のひらで、自ら「増税裸踊り」を踊って、墓穴を掘った「生き恥」をこれ以上天下に晒す愚はやめよう!「ぼくやめたくない安倍症候群」発症などといわれる前に。当然の帰結、無党派支持者らはあきれかえっている。(2010年7月12日)
 対米対等原則を、普天間、消費税問題で断固確立を。

 ◎殺人関係公訴時効廃止、即日施行の法相判断を高く評価する。← 再起を祈る、千葉景子法相!

  ついに「三羽の雀」の発信者情報開示という事態に
 東村山市議会で担当部長がはっきり食中毒を否定する答弁をしているにもかかわらず、「三羽の雀」は、担当部長のこの答弁の1年半もたった後になって、すぐにわかるこの事実を調べずに、担当部長が議会で明快には食中毒否定答弁をしておらず、りんごっこ保育園では「食中毒がなかったとはいえず」、「食中毒事件が発生した疑いがあるとの事実」をブログに記述した。その後、「三羽の雀」は「りんごっこ保育園」から右「記述」の削除を求められたにもかかわらず、いいわけのような「追記」をしただけで、明らかに客観的真実に反するこの「記述」の削除を行わなかったことから、「三羽の雀」の発信者情報の開示をもとめる裁判が昨年プロバイダーの「鰍ヘてな」を相手に提起された。
 審理が進められた結果、裁判所は「鰍ヘてな」に自発的に発信者情報を開示するよう求め、でなければ開示を命じる判決を言い渡すと、繰り返し指摘しているが、「はてな」代理人弁護士は「判決よりも自発的開示の方がいい」と法廷で述べたり、「判決にしてほしいと会社が言っている」と言い直したり、右往左往状態を続けている。どうしてかな?!

 小平児童相談所が人権侵害!
  父子関係の「調整」を相談したら、小平児相が勝手に小学生の長男を「一時保護」し、親権者・監護権者父親に「一時保護」の必要に関する説明もせず、その意思に反して、勝手に昨年9月末から現在まで「一時保護」を強制し、長男を自宅にも帰さないし、親権者・監護権者父親に面会もさせないという人権侵害を継続!親権者・監護権者父親には虐待の事実はない。(離婚し、別居している母親が過去に虐待した事実あり)
 近々、担当者の実名を公表する。他児相にも同様例あり。

      司法解剖鑑定書 第1章 緒  言
 被疑者氏名不詳に対する殺人被疑事件につき、平成7年9月2日、東京地方検察庁八王子支部検察官は東京地方裁判所八王子支部裁判官発行の鑑定処分許可状(平成7年9月2日付)に基づいて、被害者朝木明代の死体を解剖の上、下記事項を鑑定するように私に嘱託した。 
                         
 議会関係
東村山市
議会関係
「りんごっこ保育園」名誉毀損訴訟最高裁確定判決に関して、自公連立ムラ市長、創価学会、公明を徹底追及!
保育園の足りない時代に、認可保育園を根拠もなく潰そうとしたと最高裁確定判決で断罪された市議ら 
 違法決議を強行した「創価公明党、創価系無所属・佐藤、現市長らムラ議員」らは、
 合計410万円を市に支払え。
  
最高裁が(09.07.17)
りんごっこ保育園」側の勝訴を確定!
 東村山市(議会)側、敗訴確定で、賠償金は300万円超に。
草の根市民クラブ及び共産党市議をのぞく、
違法決議を強行した「現市長らムラ議員(創価公明、創価系無所属・佐藤を含む)」らは、全員で連帯して410万円超を市に支払え。

 

  ★ 朝木明代議員謀殺関係訴訟結果「リストを掲載!
★ ついに矢野議員らが、創価本部に決定的勝訴!                                  
 訴状を    最高裁で矢野議員、乙骨氏が創価本部に勝訴確定!(08.06.17)
 ★ 宇野理論の再生・復権を!
  追 悼   降旗節雄名誉教授の御逝去(1/28)、心よりおくやみ申し上げます。  中谷巌(グローバル資本)を批判的摂取し、「段階論」を精査、 何人も承認せざるをえない社会科学としての宇野経済学の再生、復権を。
 


                      「発行人矢野ほづみの洋らん園」 
 
                                                        090921
   シンビ    カトレア   パフィオ   デンドロ      ファレノ    ジゴペ
   

朝木明代議員殺害事件
ついに暴かれた事件の真相

朝木明代議員はどのようにして殺害されたか?

『東村山の闇』「第三書館」刊

          購入方法@    購入方法A    購入方法B     

リンク

創価問題新聞  笠先生の毒舌セカンドオピニオン 矢野ほづみ議員のページ 

宗教と社会とのかかわりを考える月刊誌「FORUM 21」


Copyright (C) 東村山市民新聞社 All Rights Reserved.