当時イギリスの少年たちが荒廃しており、イギリスの退役軍人のロバート・ベーデン=パウエル卿(以下B-Pと表記)が、イギリスの行く末を懸念し、将来を託すことの出来る青少年の健全育成を目指して始めた運動。

実社会で先駆的な立場に立てるように、身体を実際に動かし、形に囚われない戸外活動を通じて心身ともに健全な青少年の育成と教育を目的とする。なお、スカウトとは「偵察」「斥候」の意。

スカウト運動のバイブルとされるB-Pの著書『スカウティング・フォア・ボーイズ』によれば、スカウト運動の基本は、人格(Character)、健康(Health)、技能(Handicraft)、奉仕(Service)の四つであるとされる。

ボーイスカウトの歴史
ボーイスカウトの沿革























日本におけるボーイスカウト