NPO法人ひまわり事業団 東日本大震災障害者支援プロジェクト 本文へジャンプ
共に歩もう、東北に思いを馳せて

好評開催中!10月16日(日)まで!

障害者が創作する わくわくアート展
主催:NPO法人ひまわり事業団
後援:以下の諸団体
静岡県、静岡市、静岡県社会福祉協議会、静岡市社会福祉協議会、静岡市障害者協会、静岡県ボランティア協会、静岡県手をつなぐ育成会、静岡県身体障害者福祉会、静岡県肢体不自由児(者)父母の会連合会
開催日:2011年10月12日(水)〜16日(日)
開催時間:10時〜19時(ただし12日は15時〜19時、16日は10時〜15時)
場 所:静岡市民文化会館C展示室(静岡市葵区駿府町2−90)
      MAP→

   開会式の模様です。静岡県障害福祉室の佐野局長を来賓として迎え、薩川理事長らと共にテープカットに参加していただきました。
   「共に歩もう、東北に思いを馳せて」をテーマに、静岡県内より公募した約60点のエイブルアート作品が展示されています。
  どれも個性にあふれた力作ぞろいです。思わず作品に見入ってしまうほどです。 
   

3月11日に東日本大震災が発生し、私たち障害者の仲間たちにさまざまな深い傷跡を残しました。
 私たちは、東北の現状や今後の復興について考えて頂きたいと思い、障害のある方を対象に「共に歩もう、東北に思いを馳せて」をテーマとした作品を募集し、わくわくアート展を開催することにいたしました。
アートは心に刺激を与え、未来を創造することができます。
表現の世界を楽しみながら、想いを込めたアート作品を創作して、みんなで心を豊かにしましょう。

障害者が創作する わくわくアート展 内容

T 公募部門
県内在住の障害をお持ちの方を対象にエイブルアート作品を募集し、展示いたします。絵画、彫刻、造形、陶芸、写真、手工芸など、バラエティ豊かな作品の数々をお楽しみ下さい。アートはパワーであることを実感できるはず!
U チャリティー部門
趣旨に賛同したアーティストたちの作品をチャリティー販売いたします。有名アーティストの掘り出し物が見つかるかも!作品の売上げは、東北関東大震災障害者救援本部を通して、被災地の障害者支援に充てられます。

        
         障害者が創作する わくわくアート展 
               《開催要項》



1、事業名
「障害者が創作する わくわくアート展」
(サブタイトルとして「東日本大震災障害者支援プロジェクト」)

2、目的
・障害者が、作品の創作をとおして生きがいを高め、自立と社会参加を促進する。
・作品の展示をとおして、障害への一般市民の理解を深める。
・東日本大震災で被災した障害者の仲間たちへの支援をする。

3、開催日時および会場
10月12日(水)15:00〜19:00
    13日(木)〜15日(土)10:00〜19:00
    16日(日)10:00〜15:00
静岡市民文化会館C展示室

4、作品審査
10月12日(水)15:00〜15日(土)15:00 一般市民による投票

5、授賞式
10月16日(日)15:00〜16:00 開催場所にて

6、入場料
無料

7、主催
NPO法人ひまわり事業団

8、後援
静岡県、静岡市、静岡県社会福祉協議会、静岡市社会福祉協議会、静岡市障害者協会、静岡県ボランティア協会、静岡県手をつなぐ育成会、静岡県身体障害者福祉会、静岡県肢体不自由児(者)父母の会連合会

9、事務局
わくわくアート展事務局
〒422-8021静岡市駿河区小鹿2丁目1-15 NPO法人ひまわり事業団内
TEL054-288-6068 FAX054-287-4922
Mail wakuwaku10art@yahoo.co.jp
ホームページアドレス http://www.geocities.jp/hidapkd/index.html

10、内容
@公募展
静岡県内の障害者を対象に、「共に歩もう、東北に思いを馳せて」をテーマとした、絵画、彫刻、手工芸などの美術作品を募集し、展示する。
Aチャリティー作品販売
静岡県内の芸術家から提供を受けた美術作品を展示・販売し、その純益については、東北関東大震災障害者救援本部を通して、被災した障害者の支援に充てる。