2013/10/20
Windows8.1 対応状況 
ようやくWin8.1が公開されたので、早速アップデートしてみました。
そのアップデート方法自体がややっこしく、初心者お断りな雰囲気でしたが何とか成功したようです。
以下の条件を満たすとWIndowsストアにWin8.1へのアップデートアイコンが出現するのですが…、なんで手動で条件を満たさないといけないんだ!
特にストアサービスがデフォルトで起動していないのが謎過ぎる。

・WIndowsストアサービスを手動で有効化する
・Windowsアップデートを手動で実行し、残りのアップデータが無くなるようにする



本題である拙作の動作確認ですが、問題なく動作しました。
(艦これで学ぼう !の教訓を旨に、多くの準備が必要か思いましたが、あっさりと対応してしまいました)

なので、Windows8.1対応です。
(UIデザインがXPなのは仕様です^^)

これからも最新OSで安心してお使い下さい。
特にシェアウェアを購入頂いた正規ユーザの方々には、
折角登録したのに、新OSで使用できないという自体は避けたかったので、
作者としても一安心です。



さて、次に気になるのはWindows8.1で何が変わったのかです。
".1"ってことは単なるバグフィックスじゃないの?と思ってましたが、マイクロソフトもそのあたりの評判気にしていたようで、「単なるバグ修正版ではない」(ITmediaニュース)との発言がありました。

確かに細かい改善が行われていることは確認しましたが、1ユーザとしての感想は
「単なるバグ修正版だね」

デスクトップの方をメインで使用する場合は特にそうかもしれません。
記事の最後はこのように締めくくられていました。
「Windows 8からの変更の1つ1つは小さく見えるかもしれないが、これらは多くのユーザーの声に真摯に向き合ってきた結晶だ」

やっぱりインパクトが小さいということは認識があるらしい。

ところで、8に存在していた公式総合評価のエクスペリエンスインデックスが
8.1で無くなっているのですが、これもユーザーの声に真摯に向き合ってきた結晶なんですかね?
PC雑誌ではノートPCの性能評価に良くこれが使われていたので、一般的に必要だったような気はします。

(画像は窓の杜の記事より引用)

ユーザーの声というよりはメーカーの「スペック競争で優劣を比較されたくない」という声に応えた結果では?
まあメーカーも広義では1ユーザーなのでそうなのかもしれません。