≪右脳開発について≫
 右脳の能力を開くといっても、なかなか右脳の能力について理解を得ることは難しいです。その理由の一つとして、右脳の能力の知識不足や夢のような能力に対しての、現実的なものが乏しいということがあげられると思います。でも、実際はすべての人が持つ、大脳の普遍的機能なのです。
●右脳を開くとどうなるか?
@ 本に目を通すのが速い。サッと目を通しただけで、理解と記憶が同時に行なわれる。
A 試験は前日の勉強だけで十分。写真記憶ができるので、1ページを1度見ただけで記憶し、     理解できます。問題を1度解くと記憶が頭に残ります。
B イメージがよく見えます。過去に経験したこと、街の様子、人の様子(その人の体型や着ていた 服の色)などが記憶となってでてきます。
C 先のことがイメージとして出てきます。そこで予感が当り、予知出来ます。ドラマの先がイメージと   して先に見えます。
D 必要な時に過去に目にした文章のセンテンスが思い浮かぶので、論文を書いたり、議論をする   時に役立ちます。(多くの情報が頭の引き出しに納まっていて、いつでも必要な時に引き出せる 感じです。)
E 人と対話する際、先を見越して発言できます。
F 絵を描く時、完成した絵が頭の中にでてきます。
G 以上の結果として、直観、ひらめき、感性、想像力が豊かであるのを感じます。

 こういった素晴らしい能力を身につけている方がいらっしゃいます。

また、、、

◎ いろんなイメージが浮かび、発明品がたくさんできた。
◎ スポーツではイメージ通りに結果を残す事ができた。
◎ 記憶力がよくなった。
◎ 先生の弾いたのを1度見ただけで、そのままそっくりピアノを弾ける様になった。
◎ 手術をしないで病気がイメージで治った。
◎ 難病と言われている病気が自己治癒力で治った。

   こういったことが結果としてでています。
●右脳の使い方 
 右脳の働きはどれもイメージに深く関わっています。私達は通常左脳を使っていますが、左脳が言語脳というのに対して右脳はイメージ脳と言われています。右脳を使うには、イメージを使えば良いのです。イメージというと、ちょっとわかりにくく、難しく考えがちですが、「イメージ」は日本語で言うところの「想像」です。右脳を使うには「想像」をすれば良いのです。

 イメージはどんな働きをするのか?
イメージは感覚を生み出します。あるいは感覚を通して思考するプロセスです。イメージは知覚、感情、身体をつなぐ通信媒体なのです。

 イメージ=想像力はさまざまなレベルにわたって大きな影響力を身体に与えます。スポーツマンが行なうイメージリハーサルでは、筋肉の活動、血圧の上昇、脳波等に明らかに変化が認められます。左脳の言語は身体に対して微弱な影響力しか持ちませんが、イメージには身体組織、器官、細胞とさえ交信し、変化を引き起こす力があります。この時、イメージは言語とは異なる神経回路を使っています。
 
 言語が情報を伝える情報回路であるように、イメージとは、もう一つの別の情報回路で、言語とは違う非言語的な通信媒体なのです。しかもこの通信媒体は言語と違って、深層意識に対して強力な影響力を持つのです。普通の意識は身体に対して影響力が微弱ですが、深層意識は意識した通りを実現する機能を持ちます。右脳のイメージというのは、この深層意識を使いこなすものです。
 
 実際に右脳を開いて活用されている方は、このイメージを上手に使いこなしていらっしゃるということです。
・右脳を開くとどうなるか?
・右脳の使い方
・イメージトレーニング
潜在能力開発研究会より抜粋