会則
Rule


















「グローバリゼーションを問う広島ネットワーク」会則
  1. 会の名称
  2. 会の連絡先
  3. 会の目的
  4. 会員
  5. 総会
  6. 世話人
  7. 世話人会
  8. 事務局
  9. 会計監査
  10. 会計年度
  11. 会則の変更
  12. 会則の発効

1、会の名称
 本会は「グローバリゼーションを問う広島ネットワーク」と称する。

2、会の連絡先
 本会の連絡先は広島市西区己斐上4−17−15渡田方とする。

3、会の目的
 本会の目的は次の通りとする。
(1)IMF(国際通貨基金)、世界銀行、WTO(世界貿易機関)、APEC(アジア太平洋経済協力会議)、ODA(政府開発援助)、超国籍企業体など世界の経済的な不公平、貧富の格差、環境破壊をつくり出しているグローバリゼーションの問題についての集会、学習会、パネル展示など多くの人々に知って貰うための学習・広報活動を行う。
(2)環境問題、食・農・水の問題、労働問題などに取り組んでいるグループ、フェアトレードや地域通貨など人々がお互いを支えあうような取り組みをしているグループとのネットワーク活動を行う。

4、会員
(1)本会の趣旨に賛同し、参加する個人又は団体は誰でも会員になることができる。
(2)会員は、年会費を支払うものとする。年会費額は、総会で決定する。
(3)会員は、広報・会報を受け取る権利、総会及び世話人会に参加する権利、そして会のメーリングリストに参加する権利を有する。

5、総会
(1)1年に1回、総会を開催する。
(2)総会は最高議決機関であり、参加者の過半数により決する。
(3)総会では次のことを行う。
 @活動報告及び活動方針の承認
 A決算及び予算の承認
 B世話人、代表世話人および事務局長の承認
 C会計監査役の承認
 Dその他重要事項

6、世話人
(1)代表世話人が会を対外的に代表する。
(2)世話人の任期は1年とし、7名程度で構成する。ただし、再任を妨げない。

7、世話人会
(1)世話人会は、総会に次ぐ、通常の運営及び活動に関する議決機関であり、参加者の過半数で決する。
(2)世話人会は、3か月に1度、及び必要に応じて事務局長が召集する。
(3)会員は、世話人会に参加し、発言することができる。
(4)世話人会開催の日時・場所は、会報および会のメーリングリストで告知するものとする。

8、事務局
(1)事務局は、総会および世話人会の方針に基づき業務を遂行する。
(2)事務局長は総会で承認され、任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
(3)事務局には、会計担当と広報担当を設ける。
(4)広報担当は、会報を年に4回程度発行する。

9、会計監査
(1)会計監査役は、総会で承認を得る。ただし、世話人及び事務局員との兼任はできないものとする。
(2)会計監査役は、決算の監査を行う。

10、会計年度
 本会の会計年度は、9月1日より翌年8月31日までとする。

11、会則の変更
 本会則は、世話人会の提案に基づき、総会の承認をもって変更できる。

12、会則の発効
 本会則は2004年9月11日より発効するものとする。

※2005年9月11日(日)に行なわれた第2回総会で、「2、連絡先」が、「広島県佐伯群大野町福面2−19−7伊達方」より「広島市西区己斐上4−17−15渡田方」に変更されました。