scene 3 一休さん 

 

さて、ここで、一息。

 

「行け行け電信柱ドキューン」とは。

今回登場する大船氏が、社会人になり友達がいないため一人で

プラモをつくりだし、それでも物足りなく、自分で型をおこしてつくりだし

せっかくだから、イベントで売るかと思い立って

俺に店の名前をつけてくれ!と依頼された結果

つけた名前である。

 

 

あんまり、意味はない。(笑)

 

 

「行け行け」の部分は俺がつけたときは無かったのだが

会場のパンフに名前順でのるので、あ行がいいということで

大船氏がつけた。

じゃぁ、「ア」で始まったほうがいいのでは?

と、お思いの方もおられるであろうが、そこは大船氏、

俺の怒りにふれるものをだしたので却下した。(笑)

 

 

現在は、ワンダーフェスティバルとか言うイベント等に参加していて

春先に出したモナーが何故か雑誌に取り上げられた。

 

大笑いである。

取り上げられた雑誌・・

 

葛西氏は、行け行け電信柱ドキューンのアルバイトで売り子をたまにしている。

アルバイトと言っても、晩飯をおごってくれるだけらしいが。

しかも、そんなことをしていると当日の売上がなくなるらしい。(笑)

 

ちなみに、大船氏は、

長谷川旅館の長男誕生祝いCDの絵柄を書いたことで有名?である。

これね。

 

さぁ、本題だ。

 

***************

 

scene 4 長谷川

 

旅館に到着!

ちと、早いがまぁ、ご愛嬌だ。

 

「あ!行け行け電信柱ドキューン様って書いてあるぜ!!」

「おお!なんて恥ずかしいんだ・・・」

「すげー!メールで頼んでおいたんだけど、本当に書いてある!!(笑)」

 

そう、今日は、御客様なのだ。

予約をチャント入れて、泊まるのだ。

「行け行け電信柱ドキューン!」様ご一行なのだ!!

 

晩飯や朝食がなかったりする素泊まりとは、訳が違う。

フロントで名前を書く。

書いても書かなくっても一緒だと思うがなんと言っても

御客様だから。

名前と住所

メールアドレスっと・・・

「あ、お前、アドレスかかんでもいいわ。」

 

「えー、なんでだよ。」

 

「俺があげたメルアドじゃんか。それ」

 

「はっははは。」

 

そう、私はふぁんくらぶ会長なので、@awara-hasegawa.comの

メルアドを持っているのだ。

 

そんなアドレス書いても意味はないな、確かに。

 

**************

手続きをすまし、部屋にいく。

仲居さんも一緒だ。

部屋に入り、机の上をみると

!!!!

女将からの挨拶が。。。

そこにも「行け行け電信柱ドキューン」の名前が・・・

恥ずかしい。。。

写真をとっておこう!

大船が写真を撮った。(笑)

うーむ。

今見ても恥ずかしい。。。

 

とりあえず、ご飯までゴロゴロ。

晩飯食べてゴロゴロ。

 

幸せだ。

 

旅行というものは、現実逃避できるのでとても好きである。

 

埼玉に行っちゃうなんて、とても考えられない。

と、電話があり、女将さんwith友達で呑もう!

とのこと。

 

身重の女将の誘いとあっては、断るわけにはいかない。

 

他の2人は、芦原ミュージックが気になってみたいたいだが。。(笑)

ちなみに、10年ここに通っているが、俺は一回も行ったことがない。

 

 

お金がないのだ。(笑)

 

そんなに高いわけでは、ないらしいが。。。

 

で、旦那に、土産を持ってきたのだ。

モナー。

 

写真は、引越しの際、何処かに画像データが

CDRであったんだけど、ないから、また今度。(笑)

 

大笑いしてくれました。

 

よかったよ、喜んでくれて。。。

その後、何故か女将さんの御友達の女の子達にも

モナーが人気で。

 

俺はアンマリ面白くなかった。(笑)

 

もっと、キャーキャー言って

ヒイてくれると思ったのにぃ〜。

 

俺ってヒドイ奴。

 

まぁ、30年に一度のBIG WAVEがきた、大船氏にとっては

嬉しい限りであっただろう。

 

そんなこんなで、寝た。

 

 

 

あ、あんまり葛西氏がでてこないので、書いておくと

長谷川について、すぐに一人で芦原温泉探険にでかけた。

で、

 

廃線になった、京福の芦原湯町駅に行ってきたらしい。

(現在はバスが走っています。)

写真のとおり、なんか哀愁がある駅です。

 

探険の結果、得るものはなかったらしい。(笑)

 

つづく。