ヘラブナの履歴書 パ−ト2

私たちを今とりこにしている ヘラブナは琵琶湖を原産とする げんごろうぶなである
のは事実のようです、そのげんごろうぶながどの様にして大阪河内の地でどうして今
のあの立派な姿の ヘラブナが改良された何百年もの先駆者の努力。
河内を中心に全国に分布した経緯、30数年前ヘラブナの絶滅だ、と心配した奇病との
戦いで大阪水産試験所と養殖業者さんの懸命な努力 これをパ−ト1でまとめました。

このペ−ジは全国に分布してきた河内ベラが毎年出荷されて行きます、このヘラブナ
一体どんな経緯で 品質 増殖 生産 養殖されて私たちの釣り場に放流されている
だろうかをレポ−トして行きます。当レポ−トは河内ベラの先駆者 樋口養魚場さんの
ご協力によるものです。

 レポ−ト掲載は大体下記を予定しています 

クリックして下さい
  
 養魚池からの水揚げ   2年もの   2004.12.6 
 養魚5年もの水揚げ  5年もの  2004.12.22
 採卵と孵化      2005. 5.17  
   (産卵準備)       
   (親魚の選抜)      
   (卵の孵化と育成)        


TOPペ−ジにもどる           へらぶな履歴書1へ