ヘラブナの履歴書    ヘラブナのおいたち
ため池と養魚のはじまり
ため池の養魚は意外と古く、江戸末期から始まり 中河内方面を中心に行われたらしく、主に食用
でした 冬季、池補修の為 水抜きして村人に開放する慣行で行はれて来たが其のうち、地元魚として
商い化して来た為、ため池での養魚が盛んになった。
魚は コイ フナ ナマズ ウナギ モロコ ・・・で河内ブナは未だ登場してない。
河内ブナ(ヘラブナ)の先駆者
河内ブナの生みの親、育ての親、はいろいろ語られており確信が難しい、どうやら生まれ地は今の
大阪の八尾、東大阪で明治30年代が妥当らしい、育てている事がマル秘だったのが理由らしい。
今回 大阪、八尾養殖 販売一筋 4代にわたり引き継いでおられる樋口養魚場に機会があり
120年(明治20年代)昔にタイムスリップして貴重な話を聞く事が出来ました。
今回はその話をゴクゴク短く要約したものです。

初創業樋口作三郎氏で成魚から稚魚をつくり種苗商としてスタ−トした、同業者は2.3軒
で、親の入手は不明だが巨椋池か淀川だろう。
2代目貞次郎氏は先代の種苗商として養殖業者に提供
するかたはら成魚も養殖して昭和
7年国鉄の河内ブナ用特別水槽貨車で初めて東京の釣堀え出荷した。30時間寝ずの番付き
で大変なことで昭和36年まで続き氏の功績は大きく評価された。
3代目は昭和36年ごろから始まったトラック輸送で全国に送られ成魚生産の増産が要求され
効率アップの研究や開発をよぎなくされた。
 
現在の養殖
現在の養殖がどの様に行われているのか、私たちフアンとしては興味シンシン、4代目養魚主
さんにお聞きしました。
養魚池は大阪府に約20面を確保、其のうち9面は稚魚、11面は成魚養殖が今の規模だそうです
生産量は年間、稚魚、成魚合計約100トン そのほか受精卵を全国に発送しています。
       
 自宅に設けられた貯水槽  一年魚(稚魚)8〜12cm  二年魚(成魚)20〜24cm
産卵・・・ふ化
養魚家が最も神経を使うのがこの時期です、産卵池はきれいに消毒した池を準備して置き、山で
採取した 日陰カズラの木(高い山に自生する猫の尾に似た木)を敷き詰め二年魚の優等生を
入れる、メス1匹に対しオス3匹 の割合で6反(?n2)の池で合計300匹ぐらい入れる、
産卵は4/中ごろから始まり4〜5日でふ化するがその間の気温、水温、天気の気配りが最も気
を使うらしい。  1ヶ月はここで暮らす、プランクトン発生促進の鶏糞などを入れるそうです。
稚魚の分池・・・養殖
ふ化から1月で16mm位まで成長する、ここで準備された養魚池に移植される、魚の密度は業者
のつくる魚の目的により異なるが、大体1年魚で12cm、2年魚27cm(2枚/kg)に育ちそれ以後は
遅く3年で30cm位だそうです。
養殖中の餌は主にサナギ、魚粉、・・・・等が知られているが魚の使う目的により異なり、各業者で
マチマチです、混ぜる物、割合、与える時期等は企業秘密らしい。

   
    養魚池(服部緑地 新宮池)      養殖魚の取り揚げ作業 (センタ− 借用許可)

大阪府の特産魚の「カワチブナ」を生産する ため池は古くから難しい権利問題があり更に池の
減少、公共利用、などで 地場特産魚生産の今後が案じられるが 今回お話を聞かして頂いた
樋口養魚さんに・・・・どんなヘラブナを今後作られるんですか?・・・”品質NO.1で強い魚です”
・・・・よろしくお願いします・・・・ヘラブナフアンにとっては嬉しい言葉を聞きました

養魚餌のなかで大型が好む餌  餌を食べない条件  良く食べる時  大型のいる釣場とは
等など永年かけて得られたノウハウを教わりました・・・暫く私の
個人秘密です。       
 


へらぶなの履歴書リストにもどる            TOPペ−ジにもどる