岡山県

「蒜山」

10月23日 24日

GENさんから お誘いのメール を頂きました。

「蒜山」 ナンテ読むの?  それ どこ? 


 参加 お願い致しました。

「蒜山」 (ひるぜん) 岡山県 鳥取県 県境 
  
参加者 10名 

下蒜山登山口から 登ります。


7時過ぎ 出発 です。  最初は ずっと、こんな 登り

後ろ姿 きのこさん お洋服 色鮮やか どこにいても わかります。

30分もすると 回りすっきり 反対方向 日本海も見えます。

(ひるぜん)

下蒜山 は 正面ピークの まだ先 

ふり返って

青空の中 紅葉も 鮮やかになります。

下蒜山山頂

大山 正面

下って

下って

フングリ乢 (ふんぐり たわ)

フングリとは オオイヌノフグリのフグリ  オオイヌノフグリの実が 睾丸に似てるとか

で、 フグリとは 睾丸の事

”たわ”というのは、たわむからきた凹んだところ鞍部という意味 

だそうだ

ここから また、上って

下蒜山を 振りかえって

中蒜山 山頂   風が 寒く感じました。

向こう 上蒜山 その右 大山



まだ、 10時半過ぎですが しばし 食事タイムです。

また、下りです。

紅葉 まだ今から です。

中蒜山 をふり返って

縦走中 お花 ずっと リンドウ ヤマラッキョ センブリ トリカブト 等々 有りましたが

今回 きのこさんから 

歩きながら 見つける いろいろな きのこの説明には 驚くばかりでした。

きのこの名前 毒か否か 等々


この きのこの 名前は忘れましたが 「美味しいですょーー」 と、

はい、スーパーのきのこしか 食べたことのない 私も これは 美味しそうに 見えました。


下り です。

距離 約13キロ 時間 約7時間 でした。

展望良く 紅葉も そして、 ずっと、 リンドウもいっぱい 楽しい時間でした

10月24日

10月23日

今日は 「大山」の予定でした。

雨の為 大山神社から 元谷 付近までの 歩きとなりました。

大山神社

向こうに見えるのが 大山

と、いーさんが 

「hirokoさんが 先日 登られた “目配山 ” 登山口の 

夜須郡弥永 “大己貴神社” と 同じ 神様ですよ。」

と、言われました。

ああ、そう言えば と   お詳しいです。


その 「大国主神」 の若い頃の名前が 「大己貴神」 

国を作った神様で 出雲の主神

因幡の白ウサギを助けた 神様 です。

「大山」 思い出があります。


すみません くだらない話ですが、

当時 22才

 身長165p 体重53` 

国家試験を終え 大きな夢 いっぱいの時でした。

主人と お見合いをする ずーっと前の話

何年も 彼氏のいなかった この私 出合を求めて 山の会所属の友人に頼んで 山登り


「大山」 は まだ、たいした山の経験もないのに 

重い皮の登山靴 大きな8本アイゼン ニッカズボンを 揃えました。

写真の ここから 縦走 です。

剣ヶ峰 から ユートピア 山小屋 そして、元谷へ 下り ました。


その後 紅葉の季節など 連れて行って頂きましたが 雪の日は この日だけでした。


30数年ぶりに ここから 眺めながら

この時が 人生 思えば 嬉しいばっかりの 最高の時だったと 思ます。

 

さて、

雨になりました。

またまた、高速に入っての 福岡へ




今回 参加10名 健脚の方々の中ですが、お陰様で 無事 歩けました。

また、

お久しぶりの方 初めての方、

またまた、たくさん お話させて頂き またまた、人生が濃くなりました。


GENさん この度は お誘い ありがとうございました。

主人 共々 楽しかったね と ずーっと、話しております。


 

戻る