「関西へ」
5月20日〜23日

2ヶ月も前に なりますか、

そよかぜさんから 「Tさん から 関西の山 お誘いがありました いかがですか?」と

これまた 嬉しい お誘い でした。


と、後日

Tさん から ご丁寧に 

奈良県の「葛城山」 山を染め上げる 「一目百万本のツツジ」 の

パンフレットと 地図が 送られてきました。


4日間とも 息つく 暇もないような 予定表

しかし、何でも 人任せの私  どうにかなるのではと、、、、。

(>_<)


5月20日

と、 

前々日の朝 ちと、風邪気味

前日 悪寒 発熱 38.7℃   ええっ!!  これは 大変と 病院受診

抗生剤と 解熱剤と 頂き 祈るように 布団に入りました。



待ちに待った当日

 熱は 治まりましたが  鼻水 ズルズル ノドは真っ赤 

でも、

主人 娘達には 申し訳ないのですが、


今日から 自分だけの時間  

新幹線に飛び乗って 座席から手を振る そよかぜさん を見つけると


「バンザイ」の心境でした。

新神戸駅に Tさん お迎えです。

挨拶も 早々に 行動開始です。

Tさんは 移動しながら ずっと  案内して下さいます。

あちらは  こちらは また、  阪神淡路大災害の 当時は  等々


もう、 15年も前  になるのです。 

さて、 今日は 時間がないので  ケーブル ロープウェイ を 使い 

楽して 「摩耶山」山頂へ 

掬星台(きくせいだい)

「掬」は「手ですくう」の意味で、

先人が満天の星空があまりにも近いので、手が届きそうだ、

手ですくえそうだと言った事に由来します。


と、ありました。

夜景のきれいな 展望所 残念ながら 今日は 



山道 天狗道を 下ります。

初めて見る 「モチツツジ」


と すると 「ハーブ園」に出ます。



一瞬  これで 下り終えたのかなと

いえいえ、 まだまだ、 山の中

少し 神戸が 見えてきました。

またまた、 下ると 「五本松堰堤」(布引ダム)


そして、

最初の滝 「五本松かくれ滝」


ダムが オーバーフロー したときだけ 流れる滝

で有ることから この名前 だと


「雄滝」

:渓流にそって 下ります。

雌滝 取水堰堤



さて、 目の前に 「新神戸駅」

ここで、終わり?


いえ まだまだ

今度は 「北野異人館」へ

「北野道」へと 上り ます。


風見鶏の館


そして、駅へ 





今日は Tさん 宅 で お泊まりです。

汗を流して

明石大橋の ネオンを見ながら 豪華なフランス料理です。



至れり尽くせりで ご厄介になりました。


さて、ちと、心配な 明日のハードな 歩き


でも、 風邪薬を飲んで 今夜は 気持ちよく 床につかせて頂きました。


 

5月21日につづく

港みはらし台