お宿 付近も見えてます。この景色

上りも 有りましたが カタクリの花も ずーーーっと


何かが 違う

そうなんです、 葉の模様が無いのです。

アオネバ登山口のバス停から 登山口まで300bほど歩きます、

いろいろな花が咲いています。

5月20日
「金北山」
(1172)


約7時間半 まことに 花三昧 でした。


花の百名山


猪 鹿 猿がいないいことも ありかと思いますが

案内板にも有りましたように まさに 1000bもない場所に

の 驚きと


今回 丁度良い日に来たのかなと 思いましたが

案内板にありましたように

長い期間 咲くことも この山の 魅力なのだと


今回 この機会を得たことに つくづく 感謝でした。


 
素晴らしい 一日 でした。

m(_ _)m


オオミスミソウ  待ってました。

嫌な 車道歩きですが 脇には ずっと 花が咲き 

まだまだ 楽しめます。

そよかぜさん 「皆さん 気をつけて!!」 と

ついつい 撮りたくなります。


さて いよいよ

ここまで くれば ちと 安心

8時40分 出発です。

アオネバ登山口から 開始です。

恥ずかしながら 全く 聞いたことのない 山 でした。


そよかぜさんから

「佐渡は
猪 鹿 猿がいないのですよ」と お聞きしました。


いつも 山を歩きながら 動物からの被害を たくさん目にしていますので

「えぇーー!! 居ないんですかぁーー 」 っと 

これには 驚きでした。



さて、 

お宿の送迎バスで 登山口まで乗るバスターミナルへ

そよかぜさんの計画書には この 一刻一刻の時間が記されてあります。

それなのに 

メンバーの 6人 いつも 「そよかぜさん 何時に 乗るのですかぁーー??」と 

(>_<)

いつも 甘えっぱなしです。


また、 バス 予約しなければ乗れません 予約済み 

また、今回 防衛省管理道路は通行届けが必要 その すべて 届け済み


全く いつもながら 至れり尽くせりです。


 

こんな場所も あります。

アヤメ池

こんなに たくさんの 花 花 花 で、嬉しいばっかり

疲れを忘れます。

エゾエンゴサク

すーーっと 昔から好きな  サンカヨウ

三リン の ニリンソウ

ホウチャクソウ

チゴユリ

ヒトリシズカ

ユキザサ

白雲台まで 4.4`     遠くに見える 妙見山の下

防衛管理地域 届出必要 その車道を 下り 上りもあるのです。

14時40分  山頂 神社

まだまだ 左側 注意

振り返った方が こわいですね。

上ったり 下ったり 上ったり 下ったり 

望遠  「ええっ あんな所 登るの!??」

さて、ここ付近から 残雪の中 歩きます。

12時30分  標高1000b ないのに

 南アルプス 荒川三山 の縦走路を思わせるような 山の姿 でした。

出発です。

そよかぜさん 「金北山まで 4時間です」

と、

金北山から 車道の下り

心の中で「長いなぁー」と


しかし

キクザキイチゲ もたくさん

上 ?       オオイワカガミ

エイレンソウ

白雲台

金北山

10時10分 どうにか ここまで ここから 少し楽になります。(*^_^*)

日本一の群落  シラネアオイ


確かに スゴイ
!!!

なかなか ピント が有っていませんが

今日は たっぷり 写真 貼り付けたいですね。

そよかぜさん 「ギンラン です!」 と、

鋭いですねぇーー

歩き始めから 新緑 きれいですねぇーー

コケイラン

オトギリソウ

ユブ

アオバネ十字路

トネ

石花分岐

イモリ平

今日は 計画書には 14` 7時間の予定 と

日頃からの歩きからすれば 私には ちと 厳しい

バスの中から 緊張していました。

(*^_^*)  

16時 白雲台

11時 ここで 昼食