4月29日〜5月1日

4月の初め そよかぜさんから 「29日 ごいっしょ しませんかぁーー」と、

特に 予定はなく 「はい、お願いします。」と お答えしました。




4月末 計画書が届きました。

2010GW山行計画書>

モットー;
楽しく・のんびり・脊梁南部の大自然を堪能しましょう〜♪
 (山・温泉・食事・酒・会話を堪能しましょうね)

1)日   4/295/1
2)山系 脊梁(南部)
3)概略
 
4/29;白鳥山(約5h)ヤマシャク
 
4/30;石堂山ー樋口山(約8h半)アケボノツツジ
 
5/1 ;三方岳(約5h)アケボノツツジ

6)各自持参する物

 
@笑顔 Aそこそこの体力B日帰り登山ザック

 

4月30日 石堂山へ続く

ここらにも ヤマシャク たくさん

「熊本県の山」の写真にも出ている 石灰岩ドリーネ 

(クレータのような凹地をドリーネと呼んでいます) と。

平家残党 平清経 住居跡

「こんな所に どんな人?」と 

ちと、検索

下りも 巨木 等 いろいろ 楽しめます。

山頂 12時過ぎ

御池 付近

山馬鹿さん そよかぜさん コヨーテさんと 五木村に 集合です。

「上ノ内谷登山口」へ 移動 10時10分頃から 開始 です。

そこで 主人と 確認です。

持参する物

「笑顔」は はい、 大丈夫

「リック」も 持ってます。


で、 大問題が  「そこそこの体力」


主人と  「ええっ!! 3日間 連チャン! しかも 2日目は 8時間 !」

どうしようか と  (-_-;)


でもまあ、 無理なら 途中 リタイアも 可能かなと 


何と言っても お花、 そして 初めての山 ばかり  

主人と 二人では なかなか、向かえない場所 


人様まかせで 後ろから 着いていくだけが 最大の魅力 

楽しみ ばっかりで 出かけました。

帰り 「樅木吊橋」へ 寄りました。





さて、 

今日は 足の疲れもなく 天然温泉に入って 豪華 「西米良御膳」を頂き

しばし 皆様と 宴会でした。



しかし、 明日は 8時間コース 早々に 就眠です。


 

「秘境ルート開通の碑」 県境

こちらに 下ってきました。



息切れすることもなく 何時までも歩いていたい 場所でした。

「平清経」

平家一門の武将 京落ち 後 
平家と関係があった宇佐神宮を頼って柳ヶ浦に上陸したが 
柳浦 長洲の沖に入水した。


と、ありました。

山頂が もうすぐの 12時前

今度は ずーーっと、ヤマシャク

残念ながら 蕾です、 いえいえ、 咲いた白さが 目に浮かびます。

素晴らしい 場所 です。

ずーーっと バイケイソウ だらけ

バイケイソウには 失礼ですが、 ぼつぼつ ヤマシャク を期待です。

ずーっと バイケイソウの緑の若芽

ヤマシャクは まだ 見あたりません

歩き始めから  すぐ  青空の中の 渓流  新緑  苔 の眺め  ため息が出ます。

さして、登りもなく  ただ、 進むだけ  ゆとりの時間です。 

4月29日

「白鳥山」