中野文庫 谷 川

総索引へ戻る

 併結列車の白根号は白根の項を、あかぎ号はあかぎの項を、新特急化以後の新特急谷川号は新特急谷川の項をそれぞれご参照のこと。


●昭和57年11月15日ダイヤ改正より、急行「ゆけむり」廃止にともない、特急「谷川」を新設。


特急 谷川7号
 水上
ゆき (昭和57年11月15日)
 高シマ 5015M〜4925M・5015M
 
うしろ7両はあかぎ3号

上野

←(14) クハ
185-206
指定席
(13) サ ロ
185-206
グリーン
(12) モ ハ
184-212
指定席
(11) モ ハ
185-212
指定席
(10) モ ハ
184-211
自由席
(9) モ ハ
185-211
自由席
(8) クハ→
185-306
自由席×
あかぎ3号
前橋ゆき

水上

185系200番台特急形直流電車・新特急色、絵入りトレインマーク
高崎で分割(まえ7両は水上ゆき谷川7号、うしろ7両は前橋ゆきあかぎ3号)、高崎から普通4925M
編成表(57年11月15日改正号)38頁

【標準時刻】上野(19:34)→赤羽(19:44)→大宮(19:59/20:00)→熊谷(20:23/20:24)→深谷(20:33)→本庄(20:40)→高崎(20:57/21:02)→井野(21:07)→新前橋(21:10/21:11)→群馬総社(21:15)→八木原(21:20)→渋川(21:25/21:32)→敷島(21:38)→津久田(21:42)→岩本(21:48)→沼田(21:54)→後閑(21:59)→上牧(22:05)→水上(22:11)


特急 谷川1号
 越後湯沢
ゆき (昭和57年11月21日)
 高シマ 2003M〜6003M・2003M〜4003M
 
うしろ7両は白根1号

上野

←(14) クハ
185-209
指定席
(13) サ ロ
185-209
グリーン
(12) モ ハ
184-218
指定席
(11) モ ハ
185-218
指定席
(10) モ ハ
184-217
自由席
(9) モ ハ
185-217
自由席
(8) クハ→
185-309
自由席×
白根1号
万座・鹿沢口
ゆき

越後湯沢

185系200番台特急形直流電車・新特急色、絵入りトレインマーク
新前橋で分割(まえ7両は越後湯沢ゆき谷川1号、うしろ7両は万座・鹿沢口ゆき白根1号)
鉄道ジャーナル192号(83年2月号)49頁

【標準時刻】上野(9:04)→赤羽(9:14)→大宮(9:29/9:30)→熊谷(9:53/9:54)→深谷(10:03)→本庄(10:10)→高崎(10:24/10:26)→新前橋(10:34/10:39)→渋川(10:49/10:50)→沼田(11:07)→水上(11:21/11:23)→越後中里(11:42)→越後湯沢(11:49)


特急 谷川10号
 上野
ゆき (昭和59年10月13日)
 高シマ 2018M・4018M〜2018M
 
まえ7両は白根8号

水上→

白根8号
上野ゆき
←(8) クハ
185-305
自由席×
(9) モ ハ
185-209
自由席
(10) モ ハ
184-209
自由席
(11) モ ハ
185-210
指定席
(12) モ ハ
184-210
指定席
(13) サ ロ
185-205
グリーン
(14) クハ→
185-205
指定席

←上野

185系200番台特急形直流電車・新特急色、絵入りトレインマーク
新前橋で併合(まえ7両は万座・鹿沢口発白根8号、うしろ7両は水上発谷川10号)
鉄道ジャーナル215号(85年1月号)52頁


●昭和60年3月14日ダイヤ改正より、特急「谷川」廃止にともない、特急「新特急谷川」を新設。


中野文庫編成資料室