中野文庫 さくら

総索引へ戻る

 併結列車のはやぶさ号は、はやぶさの項をご参照のこと。


寝台特急 さくら
 長崎
ゆき・佐世保ゆき (昭和53年6月9日)
 南シナ 1レ・1〜4001

佐世保/東京→

EF65-538
(東)
EF30-2
(門)
ED76-1009
(鹿)
ED76-54
(鹿)
←(1)スハネフ
14-13
B客3
(2)  オロネ
14-3
A寝台
(3) オハネ
14-13
B客3
(4) オハネ
14-5
B客3
(5) オハネ
14-33
B客3
(6) オ シ
14-3
食堂車
(7) オハネ
14-43
B客3
(8)スハネフ→
14-25
B客3
←(9)スハネフ
14-21
B客3
(10) オハネ
14-29
B客3
(11) オハネ
14-25
B客3
(12) オハネ
14-20
B客3
(13) オハネ
14-19
B客3
(14)スハネフ→
14-2
B客3

←長崎/早岐

14系客車、絵入りヘッドマーク
下関・門司・肥前山口(佐世保ゆきのみ)で機関車交換(下関まではEF65-538、下関・門司間はEF30-2、門司・長崎間はED76-1009、肥前山口・佐世保間はED76-54)
肥前山口で分割(まえ8両は長崎ゆき、うしろ6両は佐世保ゆき)、佐世保ゆきは早岐で方向転換
鉄道ジャーナル別冊「ブルートレイン」16頁

【標準時刻】東京(16:30)→横浜(16:57/16:58)→沼津(18:18/18:19)→静岡(19:01/19:04)→豊橋(20:27/20:28)→名古屋(21:20/21:25)→京都(23:18/23:21)→大阪(23:53/23:57)→広島(4:26/4:31)→徳山(5:58)→小郡(6:36)→宇部(6:59)→下関(7:40)→門司(7:52)→博多(8:59/9:02)→鳥栖(9:29/9:31)→佐賀(9:53)→肥前山口(10:08/10:12)→諫早(11:15)→長崎(11:38)、肥前山口(10:08/10:24)→早岐(11:07)→佐世保(11:27)


寝台特急 さくら
 長崎
ゆき・佐世保ゆき (昭和59年3月26日)
 南シナ 1レ・1〜4001

佐世保/東京→

EF65-1110
(東)
EF30-10
(門)
ED76-41
(門)
ED76-37
(門)
←(1)スハネフ
14-3
B客3
(2)  オロネ
14-5
A寝台
(3) オハネ
14-7
B客3
(4) オハネ
14-44
B客3
(5) オハネ
14-48
B客3
(6) オ シ
14-9
食堂車
(7) オハネ
14-38
B客3
(8)スハネフ→
14-22
B客3
←(9)スハネフ
14-16
B客3
(10) オハネ
14-5
B客3
(11) オハネ
14-12
B客3
(12) オハネ
14-4
B客3
(13) オハネ
14-47
B客3
(14)スハネフ→
14-7
B客3

←長崎/早岐

14系客車、絵入りヘッドマーク
下関・門司・肥前山口(佐世保ゆきのみ)で機関車交換(下関まではEF65-1110、下関・門司間はEF30-10、門司・長崎間はED76-41、肥前山口・佐世保間はED76-37)
肥前山口で分割(まえ8両は長崎ゆき、うしろ6両は佐世保ゆき)、佐世保ゆきは早岐で方向転換
鉄道ジャーナル209号(84年7月号)23頁


寝台特急 さくら
 長崎
ゆき・佐世保ゆき (平成3年7月8日)
 熊クマ・シナ 1レ・1〜4001

佐世保/東京→

EF66-53
(関)
←(1)スハネフ
14-101
B寝台×
(2)  オロネ
14-4
A寝台
(3) オハネ
14-703
B寝台
(4) オハネ
14-7
B寝台
(5) オ シ
14-2
食堂車
(8)スハネフ→
14-6
B寝台
←(9)スハネフ
14-10
B寝台
(10)オハネ
14-52
B寝台
(11)オハネ
14-50
B寝台×
(14)スハネフ→
14-20
B寝台×

←長崎/早岐

14系客車、絵入りヘッドマーク、6・7・12・13号車は欠車
肥前山口で分割(まえ6両は長崎ゆき、うしろ4両は佐世保ゆき)、佐世保ゆきは早岐で方向転換
鉄道ジャーナル300号(91年10月号)67頁


寝台特急 さくら
 長崎
ゆき・佐世保ゆき (平成10年11月23日)
 崎サキ 3レ・3〜4003

佐世保/東京→

EF66-44
(関)
←(1)スハネフ
14-6
B寝台
(2) オロネ
14-4
A寝台×
(3) オハネ
15-6
B寝台×
(4) オ シ
14-12
売 店
(6) オハネ
15-1204
B寝台×
(7)スハネフ→
14-101
B寝台
←(8)スハネフ
15-1
B寝台
(9) オロネ
14-1
A寝台×
(10)オハネ
15-1202
B寝台×
(11) オシ
14-8
売 店
(13)オハネ
15-4
B寝台×
(14)スハネフ→
14-11
B寝台

←長崎/早岐

14系15形客車、絵入りヘッドマーク、5・12号車は欠車
肥前山口で分割(まえ6両は長崎ゆき、うしろ6両は佐世保ゆき)、佐世保ゆきは早岐で方向転換


寝台特急 さくら
 長崎
ゆき・佐世保ゆき (平成11年10月24日)
 崎サキ 3レ・3〜4003

佐世保/東京→

EF66-49
(関)
←(1)スハネフ
14-6
B寝台
(2) オロネ
14-1
A寝台×
(3) オハネ
15-3
B寝台×
(4) オ シ
14-2
売 店
(6) オハネ
15-1201
B寝台×
(7)スハネフ→
15-201
B寝台
←(8)スハネフ
15-2
B寝台
(9) オロネ
14-3
A寝台×
(10) オハネ
15-5
B寝台×
(11) オ シ
14-12
売 店
(13) オハネ
15-1
B寝台×
(14)スハネフ→
14-101
B寝台

←長崎/早岐

14系15形客車、絵入りヘッドマーク、5・12号車は欠車
肥前山口で分割(まえ6両は長崎ゆき、うしろ6両は佐世保ゆき)、佐世保ゆきは早岐で方向転換


寝台特急 さくら
 長崎
ゆき (平成11年12月4日)
 崎サキ 3〜43レ・3
 まえ9両ははやぶさ

東京→

EF66-54
(関)
EF81-410
(大)
ED76-87
(大)
ED76-94
(大)
はやぶさ
熊本
ゆき
←(9)スハネフ
14-101
B寝台
(10) オハネ
15-2005
B1
(11) オハネ
15-1
B寝台×
(12) オハネ
15-1246
B寝台×
(13) オハネ
15-1204
B寝台×
(14)スハネフ→
14-5
B寝台

←長崎

14系15形客車、新絵入りヘッドマーク
下関、門司および鳥栖(さくら号のみ)で機関車交換(下関までEF66、下関・門司間はEF81、門司・鳥栖間はED76-87、鳥栖からはED76-94)
鳥栖で分割(まえ9両は熊本行はやぶさ、うしろ6両は長崎行さくら)
鉄道ジャーナル401号(2000年3月号)61頁


寝台特急 さくら
 東京
ゆき (平成15年5月24日)
 崎サキ 44〜4レ・4
 うしろ7両ははやぶさ

長崎

ED76-87
(大)
EF81-410
(大)
EF66-43
(関)
←(11)スハネフ
14-12
B寝台×
(10) オハネ
15-2
B寝台×
(9) オハネ
15-1
B寝台×
(8) オハネ
15-2001
B1
(7)スハネフ→
14-3
B寝台
←(6)オハネフ
25-110
B寝台
(5) オ ハ
24-701
ロビーカー
(4) オロネ
25-4
A1
(3) オハネ
25-122
B寝台×
(2) オハネ
25-242
B寝台×
←(1)オハネフ
25-206
B寝台×
カ ニ →
24-3
荷物車

東京

14系15形客車、新絵入りヘッドマーク
鳥栖(はやぶさ号のみ)、門司および下関で機関車交換(門司まではED76-87、門司・下関間はEF81-410、下関からはEF66-43)
鳥栖で増結(まえ5両は長崎発さくら、うしろ7両は熊本発はやぶさ)
鉄道ジャーナル442号(2003年8月号)69頁
鉄道ジャーナル別冊49「ブルートレイン2005」38頁


寝台特急 さくら
 長崎
ゆき (平成15年7月17日)
 崎サキ 3〜43レ・3
 まえ7両ははやぶさ

東京→

EF66-53
(関)
EF81-413
(大)
ED76-87
(大)
← カ ニ
24-18
荷物車
(1)オハネフ→
25-144
B寝台×
(2) オハネ
25-243
B寝台×
(3) オハネ
25-206
B寝台×
(4) オロネ
25-6
A1
(5) オ ハ
24-702
ロビーカー
(6)オハネフ→
25-206
B寝台
←(9)スハネフ
14-101
B寝台
(10) オハネ
15-2005
B1
(11) オハネ
15-1
B寝台×
(12) オハネ
15-1246
B寝台×
(13) オハネ
15-1204
B寝台×
(14)スハネフ→
14-5
B寝台

←長崎

14系15形客車、新絵入りヘッドマーク
下関、門司および鳥栖(さくら号のみ)で機関車交換(下関までEF66、下関・門司間はEF81、門司・鳥栖間はED76-87、鳥栖からはED76-番号不詳)
鳥栖で分割(まえ7両は熊本行はやぶさ、うしろ6両は長崎行さくら)
鉄道ジャーナル444号(2003年10月号)25頁
鉄道ジャーナル別冊49「ブルートレイン2005」45頁


●平成17年3月1日ダイヤ改正をもって、特急「さくら」を廃止。


中野文庫編成資料室