中野文庫 紀 伊

総索引へ戻る

 併結列車の出雲号は出雲の項を、いなば号はいなばの項をそれぞれご参照のこと。


●昭和50年3月10日ダイヤ改正より、特急「紀伊」を新設。


寝台特急 紀 伊
 紀伊勝浦
ゆき (昭和50年5月16日)
 南シナ 2003〜4003・2003
 まえ8両はいなば

●東京から名古屋までの編成

紀伊勝浦/東京→

EF58
(浜)
いなば
米子
ゆき
←(9)スハネフ
14-53
B客3
(10) オハネ
14-44
B客3
(11) オハネ
14-50
B客3
(12) オハネ
14-41
B客3
(13) オハネ
14-72
B客3
(14)スハネフ→
14-25
B客3

←亀山

●名古屋から亀山までの編成

紀伊勝浦/東京→

DD51-750
(亀)
←(9)スハネフ
14-53
B客3
(10) オハネ
14-44
B客3
(11) オハネ
14-50
B客3
(12) オハネ
14-41
B客3
(13) オハネ
14-72
B客3
(14)スハネフ→
14-25
B客3

←亀山

●亀山から紀伊勝浦までの編成

亀山

DF50
(亀)
←(14)スハネフ
14-25
B客3
(13) オハネ
14-72
B客3
(12) オハネ
14-41
B客3
(11) オハネ
14-50
B客3
(10) オハネ
14-44
B客3
(9)スハネフ→
14-53
B客3

紀伊勝浦/東京

14系客車・字のみトレインマーク、機関車のヘッドマーク掲出はなし
名古屋で分割(まえ8両は出雲市ゆきいなば、うしろ6両は紀伊勝浦ゆき紀伊)、名古屋・亀山で機関車交換(名古屋まではEF58、名古屋・亀山間はDD51、亀山からはDF50)、亀山で方向転換
鉄道ジャーナル101号(75年8月号)38頁


寝台特急 紀 伊
 東京
ゆき (昭和50年5月19日)
 4004〜2004・2004
 まえ8両はいなば

●紀伊勝浦から亀山までの編成

紀伊勝浦/東京→

DF50
(亀)
←(14)スハネフ
14-25
B客3
(13) オハネ
14-72
B客3
(12) オハネ
14-41
B客3
(11) オハネ
14-50
B客3
(10) オハネ
14-44
B客3
(9)スハネフ→
14-53
B客3

←亀山

●亀山から名古屋までの編成

亀山

DD51
(稲)
←(9)スハネフ
14-53
B客3
(10) オハネ
14-44
B客3
(11) オハネ
14-50
B客3
(12) オハネ
14-41
B客3
(13) オハネ
14-72
B客3
(14)スハネフ→
14-25
B客3

東京/紀伊勝浦

●名古屋から東京までの編成

亀山

EF58-52
(浜)
←(1)スハネフ
14-18
B客3
(2) オロネ
14-10
A寝台
(3) オハネ
14-47
B客3
(4) オハネ
14-98
B客3
(5) オハネ
14-30
B客3
(6) オ シ
14-13
食堂車
(7) オハネ
14-103
B客3
(8)スハネフ→
14-1
B客3
←(9)スハネフ
14-53
B客3
(10) オハネ
14-44
B客3
(11) オハネ
14-50
B客3
(12) オハネ
14-41
B客3
(13) オハネ
14-72
B客3
(14)スハネフ→
14-25
B客3

東京/紀伊勝浦

14系客車・字のみトレインマーク、機関車のヘッドマーク掲出はなし
亀山で方向転換、亀山・名古屋で機関車交換(亀山まではDF50、亀山・名古屋間はDD51、名古屋からはEF58)、名古屋で併合(まえ8両米子発いなば、うしろ6両は紀伊勝浦発紀伊)
鉄道ジャーナル101号(75年8月号)47頁


寝台特急 紀 伊
 紀伊勝浦
ゆき (昭和54年6月22日)
 南シナ 2003〜4003・2003
 まえ8両は出雲3号

●東京から名古屋までの編成

紀伊勝浦/東京→

EF58-142
(浜)
←(1)スハネフ
14-101
B客3
(2) オロネ
14-2
A寝台
(3) オハネ
14-42
B客3
(4) オハネ
14-8
B客3
(5) オハネ
14-28
B客3
(6) オハネ
14-1
B客3
(7) オハネ
14-32
B客3
(8)スハネフ→
14-4
B客3
←(9)スハネフ
14-7
B客3
(10) オハネ
14-57
B客3
(11) オハネ
14-54
B客3
(12) オハネ
14-11
B客3
(13) オハネ
14-19
B客3
(14)スハネフ→
14-24
B客3

←亀山

●名古屋から亀山までの編成

紀伊勝浦/東京→

DD51-750
(亀)
←(9)スハネフ
14-7
B客3
(10) オハネ
14-57
B客3
(11) オハネ
14-54
B客3
(12) オハネ
14-11
B客3
(13) オハネ
14-19
B客3
(14)スハネフ→
14-24
B客3

←亀山

●亀山から紀伊勝浦までの編成

亀山

DF50-30
(亀)
←(14)スハネフ
14-24
B客3
(13) オハネ
14-19
B客3
(12) オハネ
14-11
B客3
(11) オハネ
14-54
B客3
(10) オハネ
14-57
B客3
(9)スハネフ→
14-7
B客3

紀伊勝浦/東京

14系客車・字のみトレインマーク、機関車のヘッドマーク掲出はなし
名古屋で分割(まえ8両は出雲市ゆき出雲3号、うしろ6両は紀伊勝浦ゆき紀伊)、名古屋・亀山で機関車交換(名古屋まではEF58、名古屋・亀山間はDD51、亀山からはDF50)、亀山で方向転換
鉄道ジャーナル別冊3「ブルートレイン第2集」89頁

【標準時刻】東京(20:40)→横浜(21:07)→熱海(22:19/22:20)→沼津(22:39/22:41)→静岡(23:28/23:30)→【名古屋運転停車】→亀山(3:09/3:28)→津(3:44/3:45)→松阪(4:03)→多気(4:12/4:13)→紀伊長島(5:18)→尾鷲(5:49/5:50)→熊野市(6:25/6:28)→新宮(6:58/7:00)→那智(7:16)→紀伊勝浦(7:19)


寝台特急 紀 伊
 東京
ゆき (昭和58年某月某日)
 4002〜2002・2002
 まえ8両は出雲2号

●紀伊勝浦から亀山までの編成

紀伊勝浦/東京→

DD51-773
(亀)
←(14)スハネフ
14-30
B客3
(13) オハネ
14-36
B客3
(12) オハネ
14-6
B客3
(11) スハネ
14-13
B客3
(10) オハネ
14-4
B客3
(9)スハネフ→
14-10
B客3

←亀山

●亀山から名古屋までの編成

亀山

DD51-751
(稲一)
←(9)スハネフ
14-10
B客3
(10) オハネ
14-4
B客3
(11) スハネ
14-13
B客3
(12) オハネ
14-6
B客3
(13) オハネ
14-36
B客3
(14)スハネフ→
14-30
B客3

東京/紀伊勝浦

●名古屋から東京までの編成

亀山

EF65-1000 ←(1)スハネフ
14-18
B客3
(2) オロネ
14-1
A寝台
(3) オハネ
14-47
B客3
(4) オハネ
14-19
B客3
(5) オハネ
14-54
B客3
(6) オ シ
14-1
食堂車
(7) オハネ
14-44
B客3
(8)スハネフ→
14-7
B客3
←(9)スハネフ
14-10
B客3
(10) オハネ
14-4
B客3
(11) スハネ
14-13
B客3
(12) オハネ
14-6
B客3
(13) オハネ
14-36
B客3
(14)スハネフ→
14-30
B客3

東京/紀伊勝浦

14系客車・絵入りトレインマーク、機関車のヘッドマーク掲出はなし
亀山で方向転換、亀山・名古屋で機関車交換(亀山まではDD51-773、亀山・名古屋間はDD51-751、名古屋からはEF65)、名古屋で併合(まえ8両は出雲市発出雲2号、うしろ6両は紀伊勝浦発紀伊)
鉄道ジャーナル204号(84年2月号)20・27頁

【標準時刻】紀伊勝浦(19:34)→那智(19:38)→新宮(19:58/20:00)→熊野市(20:26/20:32)→尾鷲(21:06/21:06)→紀伊長島(21:36)→多気(22:38/22:40)→松阪(22:48/22:49)→津(23:07/23:08)→名古屋(0:43/1:00)→沼津(4:16/4:18)→熱海(4:40/4:41)→横浜(5:58/5:59)→東京(6:25)


●昭和59年2月1日ダイヤ改正より、特急「紀伊」を廃止。


中野文庫編成資料室