中野文庫 アルプス

総索引へ戻る

 併結列車のこまがね号は、こまがねの項をご参照のこと。


急行 アルプス10号
 南小谷
ゆき (昭和44年12月13日)
 長モト 411M〜2421M

新宿→

ク モ ヤ
90015
霜取電車
←(8) クハ
165-80
自由席
(7) モ ハ
164-824
自由席
(6)クモハ→
165-84
自由席
(5) サハシ
165-53
自/ビュフェ
(4) サ ロ
165-40
グリーン
(3) サ ロ
165-30
グリーン
(2) モ ハ
164-848
指定席
(1)クモハ→
165-125
指定席
ク モ ニ
83-815
荷物車
ク モ ニ
83-816
荷物車

←南小谷

165系急行形直流電車(湘南色)
5号車ビュフェは営業休止
松本で分割(うしろ2両の荷物電車は松本止)および併合(南小谷までまえにクモヤを連結)
信濃森上から普通2421M
鉄道ジャーナル特別別冊「ドキュメント列車追跡(昭和45年)」37頁


急行 アルプス5号
 新宿
ゆき (昭和52年7月18日)
 長モト 6412M〜1412M・4412M〜1412M
 
うしろ4両はこまがね2号

信濃森上→

←(1)クモハ
165-124
指定席
(2) モ ハ
164-847
指定席
(3) サ ロ
165-38
グリーン
(4) サ ロ
165-119
グリーン
(5) サハシ
165-53
自/ビュフェ
←(6)クモハ
165-76
自由席
(7) モ ハ
164-823
自由席
(8) クハ→
165-66
自由席
←(9)クモハ
165-86
自由席
(10) モ ハ
164-826
自由席
(11) クハ→
165-143
自由席
(12) クハ→
165-30
自由席

←新宿

165系急行形直流電車(湘南色)
辰野で併合(まえ8両は信濃森上発アルプス5号、うしろ4両は天竜峡発こまがね2号)
鉄道ジャーナル特別別冊9「ドキュメント列車追跡(昭和52年)」36頁

【標準時刻】信濃森上(14:29)→白馬(14:36)→神城(14:42)→簗場(14:53)→信濃大町(15:05/15:09)→有明(15:30)→豊科(15:42)→松本(15:55/16:00)→塩尻(16:11/16:12)→辰野(16:34/16:46)→岡谷(17:01)→下諏訪(17:06)→上諏訪(17:11/17:12)→茅野(17:19)→富士見(17:32)→小淵沢(17:42/17:43)→韮崎(18:04)→甲府(18:15/18:17)→石和(18:23)→山梨市(18:29)→塩山(18:36)→大月(18:59/19:00)→八王子(19:33/19:34)→新宿(20:17)


急行 アルプス1号
 信濃森上
ゆき (昭和55年3月15日)
 長モト 1401M〜6401M・1401M〜4401M
 
まえ4両はこまがね1号

新宿

←(12) クハ
165-147
自由席
←(11) クハ
165-76
自由席
(10) モ ハ
164-827
自由席
(9)クモハ→
165-83
自由席
←(8) クハ
165-188
自由席
(7) モ ハ
168-19
自由席
(6)クモハ→
169-19
自由席
(5) サハシ
165-8
自/ビュフェ
(4) サ ロ
165-38
グリーン
(3) サ ロ
165-34
グリーン
(2) モ ハ
164-822
指定席
(1)クモハ→
165-75
指定席

信濃森上

165系急行形直流電車(湘南色)
辰野で分割(まえ4両は天竜峡行こまがね1号、うしろ8両は信濃森上行アルプス1号)
鉄道ジャーナル160号(80年6月号)15頁
鉄道ジャーナル別冊58「JR人気列車大追跡」120頁

*車両故障のため、簗場で運転打ち切り


急行 アルプス1号
 南小谷
ゆき (昭和61年11月18日)
 長モト 401M〜2429M

新宿→

←(9) クハ
183-1013
指定席×
(8) モ ハ
183-1040
指定席
(7) モ ハ
182-1040
指定席
(6) サ ロ
183-1106
グリーン
(5) モ ハ
183-1046
自由席
(4) モ ハ
182-1046
自由席
(3) モ ハ
183-1050
自由席
(2) モ ハ
182-1050
自由席
(1) クハ→
183-1002
自由席×

←南小谷

183系特急形直流電車(標準色)・M16編成、字のみトレインマーク
信濃森上から普通2429M
鉄道ジャーナル242号(87年2月号)58頁


中野文庫編成資料室