Heimdal公平広場建設計画
最終更新日(04/05/31)

先の新サーバ増設にあたり、Lokiサーバからは
新サーバHeimdalへのマイグレーションが実施されました。

この機会に乗じ、移住希望者の中から
臨公、遊公など多様なPT募集を行うことができる
新しい広場の設置が提案されました。

このサイトはHeimdalPT募集広場についての広報活動と
様々な疑問・提案に対する考察を目的とし、広場をサポートしてきます。

この計画は首都南フィールドからの移動を強制するものではありません。

Heimdal広場掲示板


お知らせ:毎週金曜日、21時から遊公の日です。

新・臨時遊公広場の場所

旧剣士ギルド前 座標:(235,90)

RAGNAROKFAN.info様よりMAP画像を頂きました。


新臨時遊公広場に関するQ&A

Q1:場所はどこなの?

首都プロンテラ南東にある旧剣士ギルドから北上したあたりです。
南カプラから東端の方に向かうと旧剣士ギルド前に行けますので、そこから北上して下さいませ。

Q2:この広場のメリットは何?

・混雑の緩和

Lokiサーバ臨公広場が存在する首都南フィールドは
首都から南方へ移動する人達の通行ルートになっており
過密状態に拍車がかかっています。
街中に広場を作ることでこの混雑を緩和するメリットがあります。

・枝テロによるデスペナの回避

 町の中なので万が一の枝テロにもデスペナの危険がありません。

Q3:この広場のデメリットは何?

・他の方々の溜まり場と接触する恐れがある

Heimdalサーバには旧剣士ギルド周辺を交流場所としている方々がいらっしゃいます。
旧剣士ギルド前を臨公遊公広場として利用した場合、
その方々の交流場所と接触してしまう危険があります。

これは非常に大きな問題なので、現在も周囲の方々との話し合いを通じて慎重に調整を行っております。

・鯖状態が悪化した時に町の外より先にPT機能が死ぬ恐れがある

人口の多い首都内ではサーバ高負荷時にPT機能が停止する可能性があります。
しかし最近ではそういうことは随分減ったようです。

・広場の宣伝がスムーズにいかない可能性がある

現在、多くの有志の方が広場の宣伝を行ってくださっていますが
Heimdalサーバ全ての方に広場の存在をお知らせするのは非常に困難です。

また、宣伝活動を行う際に南広場からの強制移動勧告であるとの誤解を生じ、
トラブルの原因になることも危惧されています。


*宣伝活動をしてくださる方へのお願い*

露天などで宣伝活動を行う際には新広場への移動を強制するような表現は
避けてくださいますようお願いいたします。

詳細については以下のスレッドをご覧下さい。
Heimdal広場掲示板/強制誘致による問題


Q4:どうやって募集すんのさ。

どのような臨時がしたいか、はっきりとチャットに書くことが大切です。
公平狩り募集の場合、レベル範囲記載は必須です。その上で狩りの形態や職・ステータス、装備など、
パーティーメンバーに望む条件を付け加えればOKです。

一例

Q5:チャットを立てる位置に決まりはあるの?


歩道の曲がり角から南(朱色のラインで囲まれた範囲)に募集チャットを立ててください。
(以前よりやや南にずれました。今後も周囲の環境にあわせて微調整されると思いますが、何卒ご了承の程をお願い致します。)

目当てのチャットを探しやすくするためにレベル帯ごとに高レベル募集を北側、若レベル募集を南側に配置し、
階層状に配置することが提唱されています。ご留意いただければ幸いです。

Q6:この件に関して意見が言いたいんだけど・・・。

Heimdal広場掲示板までお越しください。
様々なご意見をお待ちしております。


当面の計画

これまでにいただいたご意見を受け、現在以下の対応を行っております。

・遊公に関する宣伝活動

新広場では遊公募集も他のPT募集と同じ空間で行われていますが
遊公という概念自体の周知不足から利用者の間の混乱を招き、
また広場で遊公募集を立て難い状態になっているとのご意見をいただきました。

この問題を解消するため、現在チャット看板等により遊公とは何かの説明を行っています。
今後も遊公募集を立てやすい環境の整備を心がけていきます。

・強制誘致に関する不満の解消

先述の通り、一部の加熱した宣伝活動が新広場への強制誘致に当たるとのご批判をいただいております。
この問題の再発防止のため、当サイト掲示板を中心に
具体的な宣伝活動内容に関する見直しと指針作りを行っています。

ぜひご意見をお寄せください。


関連リンク

Heimdal板/臨時公平総合スレッド

Loki板/臨時公平総合スレッド

遊公広場アンオフィシャルウェブサイト

Ragnarok Online日本公式サイト


こちらがバナーとなります。
このサイトはリンクフリーです

Counter